メインメニューを開く

ピム・ファーベーク

オランダのサッカー選手

ピム・ファーベークオランダ語: Pim Verbeek, 1956年3月12日 - 2019年11月28日)は、オランダ出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。実弟は元大宮アルディージャ監督のロバート・ファーベークJリーグ時代の登録名はピム。ファーベークは英語発音で、オランダ語発音ではフェルベークになる。

ピム・ファーベーク Football pictogram.svg
PimVerbeek.jpg
ピム・ファーベーク(2008年)
名前
ラテン文字 Pim Verbeek
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1956-03-12) 1956年3月12日
出身地 ロッテルダム
没年月日 (2019-11-28) 2019年11月28日(63歳没)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
NACブレダ
ローダJC
スパルタ・ロッテルダム
監督歴
#指導者経歴を参照
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

現役時代は主にオランダエールディヴィジスパルタ・ロッテルダムでプレー。NACブレダローダJCでもプレーした。

現役引退後はフェイエノールトFCフローニンゲンなどオランダのクラブで監督を務め、1998年途中から大宮アルディージャの監督に就任、1999年まで務めた。

大宮退団後はフース・ヒディンク率いる韓国代表のアシスタントコーチを務め、2002 FIFAワールドカップでの韓国の準決勝進出に貢献した。ワールドカップ後はオランダのPSVの監督に就任したヒディンクと行動を共にし、PSVのアシスタントコーチを務めた。

2003年7月から京都パープルサンガの監督に就任。しかし、その直後に来季からオランダ領アンティル代表監督に就任することが報道され、物議を醸す。結局、チームをJ1残留争いから脱出させることは出来ず、セカンドステージ残り2試合のところでテクニカルアドバイザーに異動、事実上解任された。

2006 FIFAワールドカップ終了後に韓国代表のアシスタントコーチから監督に昇格。しかし、芳しい成績を残すことができず、AFCアジアカップ2007終了後解任される。

2007年12月オーストラリア代表監督に就任。アジアサッカー連盟に移籍したオーストラリア代表を2010 FIFAワールドカップに導いた。しかし、グループリーグでは1勝(1分1敗)したものの敗退。

2010年8月からU-20とU-17モロッコ代表監督を兼任するチームディレクターに就任。2012年ロンドンオリンピックではU-23モロッコ代表監督を務める。

2019年11月28日、癌のために死去した。63歳没[1][2]

選手経歴編集

指導者経歴編集

出典編集

  1. ^ "Pim Verbeek (63) overleden". De Telegraaf (in オランダ語). TMG Landelijke Media. 2019-11-28. Retrieved 2019-11-28.
  2. ^ “ピム・ファーベーク氏が63歳で逝去…かつて大宮や京都でも指揮”. サッカーキング. (2019年11月28日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20191128/1003424.html 2019年11月28日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集