ピョートル3世

ロマノフ朝の第7代ロシア皇帝

ピョートル3世フョードロヴィチロシア語: Пётр III Фёдорович, ラテン文字転写: Pyotr III Fyodorovich1728年2月21日(ユリウス暦2月10日) - 1762年7月17日(ユリウス暦7月9日))はロマノフ朝第7代ロシア皇帝(在位:1762年1月5日 - 1762年7月9日)、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ(在位:1739年6月18日 - 1762年7月17日)。ドイツ語名はカール・ペーター・ウルリヒ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルフドイツ語: Karl Peter Ulrich von Schleswig-Holstein-Gottorf)。

ピョートル3世フョードロヴィチ
Пётр III Фёдорович
ロシア皇帝
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
Coronation portrait of Peter III of Russia -1761.JPG
ピョートル3世(ルーカス・プファンツェルト[1]、1762年1月、エルミタージュ美術館蔵)
在位 1762年1月5日 - 7月9日ロシア皇帝
1739年6月18日 - 1762年7月17日シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
別号 Пётр Фёдорович
ピョートル・フョードロヴィチ

全名 Karl Peter Ulrich
カール・ペーター・ウルリヒ
出生 (1728-02-21) 1728年2月21日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ホルシュタイン公国キール
死去 (1762-07-17) 1762年7月17日(34歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク近郊、ロプシャ英語版
埋葬 ロシア帝国の旗 ロシア帝国、サンクトペテルブルク、ペトロパヴロフスキー大聖堂
配偶者 エカチェリーナ2世
子女 パーヴェル1世アンナ・ペトロヴナ (1757-1759)ロシア語版
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
王朝 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
父親 カール・フリードリヒ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
母親 アンナ・ペトロヴナ・ロマノヴァ
宗教 キリスト教ルーテル教会ロシア正教会
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

 
ピョートルとエカチェリーナ、ゲオルク・クリストフ・グロートドイツ語版作、1745年頃。

1728年2月21日、ホルシュタイン=ゴットルプカール・フリードリヒと、ピョートル1世の長女アンナ・ペトロヴナの間でで生まれた[2]。父の従弟にスウェーデン王アドルフ・フレドリクがいる。幼くして両親を失い、1739年に公位を継承した。1741年12月、未婚で子供の無い叔母のロシア女帝エリザヴェータがロシア女帝の位を確保すると、彼女はすぐにカール・ペーター・ウルリヒを養子にした[2]。カール・ペーター・ウルリヒは1742年11月18日に正教に改宗し、ピョートル・フョードロヴィチを名乗った[2]。1745年8月21日、エリザヴェータの指示で父方の又従妹ゾフィー・アウグスタ・フリーデリケ・フォン・アンハルト=ツェルプストと結婚[2]、彼女は改宗してエカチェリーナ・アレクセーエヴナと名乗った[2]。2人は5年後にはお互いの興味も気性も受け入れられないことがわかったが、ピョートルは皇帝に即位した直後にもエカチェリーナの債務を理由も聞かずに支払い、4月のエカチェリーナの誕生日には毎年1万ポンドの収入相当の領地を与えた[2]。ピョートルはミハイル・ヴォロンツォフ伯爵の姪エリザヴェータ・ヴォロンツォヴァを愛人としたが、エカチェリーナもグリゴリー・グリゴリエヴィチ・オルロフを愛人とした[2]

即位編集

エリザヴェータ女帝の崩御に伴い、1762年1月5日にピョートル3世としてロシア皇帝に即位した[2]。当時のロシアは七年戦争の最中だったが、ピョートル3世はプロイセン王フリードリヒ2世を崇拝していたため、彼は5月5日のサンクトペテルブルク条約でプロイセンと即時講和して、6月19日にはプロイセンとの攻守同盟を締結した[2]。講和ではロシアが多大な人的犠牲と資金を払って勝ち得た領地をすべてプロイセンに返還した[2]。さらにウィーンハプスブルク帝国宮廷に脅し、プロイセン王の要求を全て受け入れなければ宣戦布告するとした[2]。最終的にはロシアの要求を受け入れなかったデンマーク=ノルウェーに攻撃の矛先を向け、7月6日にロシア軍にメクレンブルクを通過してデンマークに侵攻するよう命じた[2]。この侵攻はロシア軍とデンマーク軍が遭遇する直前にロシア本国の政変により取り消された[2]

最期編集

1762年7月9日、皇后エカチェリーナを支持する近衛部隊がクーデターロシア語版を起こし、ピョートル3世は逮捕された。廃位されたピョートルは7月9日の夜から18日の午後まで首都郊外のロプシャ英語版で軟禁状態におかれた[2]。最初はエカチェリーナ2世の宮廷もピョートル3世の処遇について悩み、終身シュリッセリブルクに投獄する、ホルシュタインに送還する、といった案が出されたが、いずれも危険すぎるとして却下された[2]。ピョートル3世は最終的に18日の午後にアレクセイ・オルロフフョードル・セルゲイェヴィッチ・バリャチンスキーロシア語版によって殺害された[2]

パーヴェル1世との父子関係についての是非編集

息子パーヴェルの出生に当たっては、ピョートル・エカチェリーナ夫妻の子ではなく、エカチェリーナとその愛人セルゲイ・サルトゥイコフ伯爵の間の子であるという説があり、エカチェリーナ自身が回想録でそのことを強く仄めかしているが、現在は懐疑的な見方があり、疑問視する説がやや優勢である。

エカチェリーナはピョートルが不能であり、子供を作ることはできなかったと主張しているが、現存するピョートル3世のエカチェリーナ2世宛の手紙の内容はこれを否定するものであり ニコライ1世(パーヴェル1世の息子。ピョートル3世(あるいはセルゲイ・サルトゥイコフ)とエカチェリーナ2世の孫。祖母エカチェリーナ2世を「玉座の上の娼婦」と酷評したことで知られる)のY染色体ハプログループ(男系で遺伝する)はロシアで殆んど見られないものである(ピョートル3世は父方はデンマークの王家であったオルデンブルク家の分家にあたる貴族の家系で、母方からロマノフ家の血を引く。ニコライ1世が持っていたY染色体ハプログループは、男系で遺伝することが判明している為、ピョートル3世ーパーヴェル1世ーニコライ1世へと遺伝・継承されたと考えることができる。因みにエカチェリーナ2世は父方母方双方、ドイツ人系の家系であり、パーヴェルの実父と噂されたセルゲイ・サルトゥイコフの出身であるサルトゥイコフ家は、元々ロマノフ家にも匹敵するほどの影響力を持っていたボヤールの家柄である。彼はフィラレートの姉妹であるアナスタシア(ロマノフ朝初代ツァーリミハイル・ロマノフの叔母)からだけでなく, 女系を通してリューリク朝の様々な血を引いていた為、セルゲイは生粋のロシア人であるとすることができる。ブリタニカ百科事典第11版では風説(とエカチェリーナ2世の吹聴)以上の証拠はないとしている。仮にパーヴェルの血縁上の父がセルゲイだったとしても、前述の通り、セルゲイはロマノフ朝初代ツァーリミハイル・ロマノフの父方の叔母アナスタシアの子孫である為、パーヴェルはロマノフ朝の血筋であることに変わりはない。

ピョートル3世が取り組んだ改革の一覧編集

 
ピョートル3世(フョードル・ロコトフ英語版ロシア語版画、1762年)
  1. 教育改革
    • すべての子供たちのための義務教育
    • 貴族の子弟のための職業訓練
    • 職人のための職業訓練計画
    • 教師の資格要件
  2. 経済改革
    • 国立銀行の設立
    • 輸出促進のためのルーブルの切り下げ
    • 貴族のための土地保有独占の廃止
    • 塩税の廃止
    • ブルジョア中産階級の推進
    • 遠隔地のインフラ
    • 対外貿易の自由化によるロシア経済の強化
  3. 教会改革
    • 教会の財産の国有化
    • 教会の権力者からの農民の解放
    • 宗教的寛容と良心の自由
    • 教会の腐敗や不祥事の取り締り
  4. 司法と社会の改革
    • 拷問の禁止
    • 秘密警察の解散
    • 貴族の奉仕義務の廃止
    • 政治的に迫害された人々に対する恩赦
    • 辺境地への追放の代わりに懲役
    • 統一ロシアの法律書の計画
    • 被告を支援する司法改革
    • ロシアの貴族のための海外旅行と設立の自由
  5. 都市改革
    • 石造りの住居の促進
    • 防火対策の強化
    • 衛生および医療事業の推進

登場する作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中野京子『名画で読み解く ロマノフ家12の物語』光文社、2014年、94頁。ISBN 978-4-334-03811-3
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Peter III." . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

ピョートル3世

1728年2月21日 - 1762年7月17日

爵位・家督
先代:
エリザヴェータ・ペトロヴナ
ロシア皇帝
1762年
ロシア暦: 1761年 - 1762年
次代:
エカチェリーナ2世
先代:
カール・フリードリヒ
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1739年 - 1762年
次代:
パウル
先代:
カール・フリードリヒ
クリスチャン6世
ホルシュタイン公
共同統治者 クリスチャン6世 (1739年 - 1746年)
フレデリク5世 (1746年 - 1762年)
次代:
パーヴェル1世
フレデリク5世