ヘルファイア (ミサイル)

AGM-114A ヘルファイア
ヘルファイア(左)とハイドラ70ロケット弾(右)

AGM-114 ヘルファイア (Hellfire, Helicopter launched fire-and-forget) は、アメリカ合衆国空対地ミサイルである。主に対戦車ミサイルとして使用されるが、対艦用も存在する。ヘルファイアの名称は、英語の「ヘリコプター発射の撃ちっぱなし(ミサイル)」を略したものだが、「地獄の業火」という意味もある。

目次

概要編集

主に対戦車戦闘において使用される。基本となる誘導方法はセミアクティブレーザー誘導で、TOWのように誘導にワイヤーを用いないために飛翔速度が速く、着弾所要時間が短いため、敵に回避、反撃する機会を与えることなく攻撃できる。レーザー発信部とミサイル発射母機を別々に設置することもでき、改良型のB型およびC型では赤外線画像誘導も可能。

弾頭を対艦攻撃用に変更した物は、スウェーデン軍にRBS17の名称で採用された。

開発は1971年に開始され、1985年から実戦配備されている。

K型以降はヘルファイア IIとも呼ばれ、レーザー測距/誘導関係の機能が改良されている。さらに改良されたL型のロングボウ・ヘルファイア・モジュラー・ミサイル(英:Longbow Hellfire Modular Missile)は、ロングボウ・ヘルファイアとも通称され、ミリ波レーダーによるアクティブレーダー誘導に対応している。

初期バージョンのヘルファイアは、標的へのレーザー照射など継続的な誘導を必要とするため、名前の通りのファイア・アンド・フォーゲット(Fire-and-Forget、撃ったあとは忘れる・撃ちっぱなし)性能は持っていなかった。AGM-114L ロングボウ・ヘルファイアは発射後の誘導を必要とせず、ランチャー(発射器)と標的間に射線が形成されていなくても撃つことができ、撃ちっ放し性能を獲得している。

ヘルファイア、マーベリック、空中発射TOW ミサイルは、2010年までに統合共通ミサイルJCM(Joint Common Missile)に置き換えられる計画があったが、これは、2005年1月時点で中止され、ヘルファイアの改良と、国外への広範な販売は継続的に進められている。

戦歴編集

1991年1月17日に始まった、イラクにおける湾岸戦争「砂漠の嵐」作戦の序盤、8機のAH-64 アパッチが、ヘルファイアとハイドラ70ロケット弾を使用し、二つのイラク軍早期警戒・地上管制レーダーサイトを破壊した。ジャスト・コーズ作戦でも使用され、7つの目標を破壊することに成功している。

2002年の初期以降、MQ-1 プレデター無人偵察機からも発射されている。アフガニスタンに潜伏していたウサーマ・ビン・ラーディンに対して発射されたほか(暗殺未遂)、ターリバーン幹部の乗った車両に対しても発射されている。

ヘルファイアは、2003年からのイラク戦争においても実戦使用された。

2014年9月1日ソマリアアル・シャバブの拠点襲撃の際に、レーザー誘導爆弾とともに利用。最高指導者であるアハマド・アブディ・ゴダネが爆死している[1]

搭載兵器の一覧編集

 
AH-64 アパッチに搭載されたヘルファイア

また、テスト中のシステムとしては、次のようなものがある。

スウェーデンノルウェーでは、沿岸防衛のために対艦ミサイルとしてヘルファイアを使用している。

主な使用国編集

要目編集

数値は、基本型のもの。

派生型編集

AGM-114A ヘルファイア編集

AGM-114B/C ヘルファイア編集

  • M120E1 低発射煙ロケットモーターを採用。赤外線画像誘導も可能。
  • B型は、輸送時の安全性のために、電子式安全・武装デバイス(SAD=Safing/Arming Device)を搭載している。
  • 単体価格:25,000ドル

AGM-114D/E ヘルファイア編集

  • AGM-114B/Cのデジタル自動航法版として提案された改良型。製造されなかった。

AGM-114F ヘルファイア編集

AGM-114G ヘルファイア編集

  • AGM-114FのSAD対応として提案された改良型。製造されなかった。

AGM-114H ヘルファイア編集

  • AGM-114Fのデジタル自動航法版として提案された改良型。製造されなかった。

AGM-114J Hellfire II編集

  • AGM-114Fの軽量化・胴体長短縮・射程延長を行うと提案された改良型。製造されなかった。

AGM-114K ヘルファイア II編集

  • デジタル自動航法
  • 電子光学的に対抗策を強化
  • レーザーロックが外れても目標を再認識するように改修

AGM-114L ロングボウ・ヘルファイア編集

AGM-114P ヘルファイアII編集

  • Version of AGM-114K optimized for use from UAVs flying at high altitude
  • AGM-114Kのレーザーシーカーの探知可能範囲を40度から180度に拡大し、高高度のUAVから使えるように最適化した改良型。

AGM-114M ヘルファイアII編集

AGM-114N ヘルファイアII編集

ロケットモーター編集

  • 製造者:アライアント・テックシステムズ
  • 制式名
  • 特徴
    • 最低限に抑えられた発射煙
    • 「ロッド・アンド・チューブ」推進設計(推進剤が棒状と筒状の二つある)
    • ネオプレンによる接着設計
  • 性能
    • 動作温度:-43℃~63℃
    • 保管温度:-43℃~71℃
    • 有効期限:20年以上(評価済み)
  • 技術データ
    • 重量:14.2kg
    • 長さ:59.3cm
    • 直径:18cm
    • 筐体:7075-T73 アルミニウム
    • 絶縁体:R-181 アラミド・ファイバー充填EPDM
    • ノズル:フェノールセルロース
    • 推進剤:低発射煙XLDB(Cross Linked Double Based)推進剤

登場作品編集

映画編集

THE NEXT GENERATION -パトレイバー- 首都決戦
テログループが運用するステルス攻撃ヘリコプター「AH-88J2改 グレイゴースト」の搭載兵器として登場。レインボーブリッジを攻撃するために使用される。
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
MQ-9 リーパーに搭載されたものが、テロリストに対する攻撃に使用される。
シン・ゴジラ
立川駐屯地所属のAH-64Dに搭載されたものが、ゴジラ東京都内侵入を防ぐために行われたB-2号計画「タバ作戦」で、アメリカ空軍所属のMQ-1・MQ-9に搭載されたものが、終盤の「ヤシオリ作戦」でゴジラに対して使用される。
ドローン・オブ・ウォー
アメリカ空軍所属のMQ-9に搭載されたものが、タリバン兵に対して使用される。

アニメ・漫画編集

絶園のテンペスト
国防軍のAH-64Dに搭載されたものが、絶園の樹に対して使用される。
続・戦国自衛隊
漫画・小説版にて、戦国時代タイムスリップしたアメリカ軍攻撃ヘリコプターに搭載されたものが、同様にタイムスリップし、「関ヶ原の戦い」で西軍に味方する自衛隊に対して使用される。
漫画版ではAH-64D アパッチ・ロングボウに、小説版ではAH-1W スーパーコブラに搭載されている。
超時空DDH ヘリ母艦南海の決戦
第二次世界大戦時へタイムスリップした、陸上自衛隊のAH-64Dと架空のひゅうが型護衛艦「しなの」の艦載機であるSH-60K哨戒ヘリコプターに搭載されたものが、襲来する旧アメリカ軍機に対して使用される。

小説編集

『日本北朝鮮戦争 自衛隊武装蜂起』
陸上自衛隊AH-64Dに搭載されたものが、はつゆき型護衛艦はまゆき」を難民に紛れて攻撃していた、北朝鮮工作船に対して使用される。
ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記
異世界へ飛ばされた陸上自衛隊のAH-64Dに搭載されたものが、フィルボルグ継承帝国の竜騎士に対して使用される。

ゲーム編集

Operation Flashpoint: Dragon Rising
AH-1Z ヴァイパーに搭載されて登場する。
Wargame Red Dragon英語版
NATO陣営で使用可能な各種ヘリコプター艦船武装としてAGM-114AとAGM-114Cが登場する。
バトルフィールドシリーズ
BF2
AH-1ZとAH-64D アパッチ・ロングボウに搭載されて登場する。
BF2MC
AH-64DとAS-665 ティーガーに搭載されて登場する。
BFBC2
AH-64DとUAV1に搭載されて登場する。
BF3
「誘導ミサイル」の名称で登場し、AH-1ZとAH-6J リトルバードに搭載できる。
BF4
「レーザー誘導ミサイル」の名称で登場し、高速戦闘艇偵察ヘリに搭載できる。
マーセナリーズ
国連軍が使用するAH-64D(作中での名称は「YAH-56」)と韓国軍が使用するRAH-66 コマンチ(作中での名称は「LHX」)に搭載されて登場する。
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
連合軍が使用するAH-1W スーパーコブラと、PMCが使用するバギーカーの武装として登場する。
メタルギアソリッド
メタルギアREXに搭載されている。

出典編集

  1. ^ “米国、ソマリア過激派最高幹部を空爆で殺害と発表”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3025188 2014年9月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集