メインメニューを開く

マクラーレン・MP4-23 (McLaren MP4-23) は、マクラーレン2008年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。マクラーレン・レーシング・デザインチームによって設計された。

マクラーレン・MP4-23
イギリスGPにてMP4-23をドライブする ルイス・ハミルトン
イギリスGPにてMP4-23をドライブする
ルイス・ハミルトン
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー パディ・ロウ
(エンジニアリングディレクター)
ニール・オートレイ
(デザイン、ディベロップメントディレクター)
ティム・ゴス(チーフエンジニア)
ダグ・マッキーナン
(チーフエアロダイナミシスト)
先代 マクラーレン・MP4-22
後継 マクラーレン・MP4-24
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/アルミニウム ハニカム コンポジット
サスペンション(前) アジャスタブル ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) アジャスタブル ダブルウィッシュボーン
エンジン メルセデス・ベンツ FO 108V 2.4 リッター V8 NA, 19,000 RPM Limited ミッドエンジン
トランスミッション マクラーレン製, 前進7段 + 後進1段 セミAT
燃料 モービル 無鉛(5.75% バイオ燃料)
タイヤ

ブリヂストン ポテンザ
エンケイホイール

初戦 = 2008年オーストラリアグランプリ
主要成績
チーム ボーダフォン マクラーレン メルセデス
ドライバー 22. イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
23. フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 1 ルイス・ハミルトン2008年
出走優勝ポールFラップ
18683
テンプレートを表示

MP4-23編集

MP4-23の開発には前年のスクーデリア・フェラーリに対する産業スパイ疑惑によってFIAの査察を受けた。

MP4-23は前年のMP4-22の発展型であるが大きな改善点もいくつかある。サイドポッド下部の絞り込みは更に激しくなり、サイドポッドの開口部とチキンウィングの形状は見ただけでは分からないほど複雑になっている。昨年の弱点は、リヤタイヤに厳しかったことである。これに対応すべく、フェラーリのF2008とは逆に、リヤタイヤをより後方に配置することでホイールベースを伸ばした。リヤウィングの効率を上げるために、ブリッジウィングは標準装備されている。ブリッジウイングにはスリットが設けられ、ダウンフォース発生型となっていた。

チキンウィングからチムニーダクト、サイドポッドフェンスにかけては一体化し、リヤへ整流された空気を流す事が出来る。

2008年シーズン編集

フェルナンド・アロンソの離脱によりエースドライバーとなったルイス・ハミルトンは、伝統のモナコGPや地元イギリスGPなどを制し、シーズン5勝を獲得。6勝のフェリペ・マッサとドライバーズタイトルを争い、最終戦ブラジルGPの最終ラップで辛うじて5位に滑り込み、マッサを1ポイント凌いでチャンピオンに輝いた。マクラーレンとしては1999年ミカ・ハッキネン以来のタイトル獲得となった。

F1最年少チャンピオン(当時)となったハミルトンだが、シーズン唯一のリタイアとなったカナダGPでは、ピットレーン出口の赤信号に気付かずキミ・ライコネンに追突。ベルギーGPではトップチェッカーを受けながら、シケインショートカットにより3位に降格された。日本GPではスタート直後の多重接触事故のペナルティーを受けるなど、ドライビングマナーが問われた。

チームメイトのヘイキ・コバライネンハンガリーGPで初優勝を果たしたが、それを含め表彰台獲得は3回のみだった。コンストラクターズタイトルはフェラーリに次ぐ2位となった。

スペック編集

 
カナダGPにてヘイキ・コバライネンがドライブするMP4-23

シャーシ編集

[1]

エンジン編集

  • エンジン名 メルセデス・ベンツFO108V
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,400cc
  • 最高回転数 19,000回転(レギュレーションで規定)
  • 最大馬力 750馬力以上
  • ピストン口径 98mm
  • バルブ数 32
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 モービル

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
TUR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
EUR
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
2008 22  ハミルトン 1 5 13 3 2 1 Ret 10 1 1 5 2 31 7 3 12 1 5 151 2位
23  コバライネン 5 3 5 Ret 12 8 9 4 5 5 1 4 10 2 10 Ret Ret 7
  • ドライバーズランキング
    • ルイス・ハミルトン 1位
    • ヘイキ・コバライネン 7位

MP4-23K編集

 
合同テストにデビューしたMP4-23K。新レギュレーションに適合したフロントウイングをテスト中

MP4-23Kは2009年用のマシンであるMP4-24が登場するまでテストで使用された。2009年から解禁されるKERSを搭載し、バージボードなどのパーツは取り外されていた。11月18日バルセロナ合同テストでデビューしたが、いきなりKERSからのオイルリークに見舞われてしまった。

12月15日には2009年レギュレーションに適合する扁平なフロントウイングと、それにあわせてデザインし直されたフロントノーズもテストした。オリジナルのMP4-23に比べてノーズは太いのが特徴。

脚注編集

  1. ^ McLAREN'S FIRST GRAND PRIX WIN: 40 YEARS ON