メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバリエンテ第二姓(母方の)はエルナンデスです。

マルク・バリエンテ(Marc Valiente Hernandez, 1987年3月29日 - )は、スペイングラノリェース出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

マルク・バリエンテ Football pictogram.svg
Marc Valiente.jpg
名前
本名 マルク・バリエンテ・エルナンデス
Marc Valiente Hernandez
ラテン文字 MARC VALIENTE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1987-03-29) 1987年3月29日(32歳)
出身地 グラノリェース
身長 184cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム セルビアの旗 パルチザン・ベオグラード
ポジション DF (CB) / MF (CH)
背番号 6
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 スペインの旗 FCバルセロナB 90 (4)
2008-2010 スペインの旗 セビージャB 58 (1)
2009-2010 スペインの旗 セビージャ 3 (0)
2010-2015 スペインの旗 バリャドリード 144 (4)
2015-2017 イスラエルの旗 マッカビ・ハイファ 49 (1)
2017-2018 ベルギーの旗 KASオイペン 24 (1)
2018- セルビアの旗 パルチザン
代表歴2
2006 スペインの旗 スペイン U-19 8 (1)
2007 スペインの旗 スペイン U-20 5 (0)
2013- カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月13日現在。
2. 2017年8月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

FCバルセロナ編集

1997年に10歳でFCバルセロナのカンテラに入団。アレビンAからスタートし以後各カテゴリーを順調にステップアップ。同世代にはセスク・ファブレガスリオネル・メッシジェラール・ピケビクトール・バスケストニ・カルボフランク・ソンゴォなどがおり、彼らと共に黄金のカデッテチーム形成した。2005-06シーズンにはフベニルAからFCバルセロナCへステップアップするも、そのシーズンのほとんどをさらに上のカテゴリーであるFCバルセロナBで過ごす。2006-07シーズンにはセグンダ・ディビシオンB(3部)に所属するFCバルセロナBへ正式に昇格。ボージャン・クルキッチジョバニ・ドス・サントスジェフレン・スアレス、バスケスら有望な選手を揃えるもチームは不振に喘ぎテルセーラ・ディビシオン(4部)へと降格した。

2007-08シーズン、FCバルセロナBは名称をFCバルセロナ・アトレティックに戻し、ジョゼップ・グアルディオラを監督に迎え昇格を目指し再スタートを切った。バリエンテ自身はレンタル、あるいは完全移籍でより高いレベルで自分を磨く事を希望したが、グアルディオラ監督の強い要望があり残留を決意した。このシーズンは監督から絶大な信頼を得てチームのキャプテンとして活躍。セグンダ・ディビシオンBよりもさらにフィジカルコンタクトの激しいテルセーラ・ディビシオンで度々負傷するも、監督たっての要求で痛み止めを打ちながらも無理して何試合も出場していたという。さらにはチーム状況によってグアルディオラ監督に「バリエンテはピボーテ(スペインで言うボランチ)選手として必要なものをすべて持ち合わせている。」と中盤で起用されその能力を遺憾無く発揮した。チームは見事リーグ優勝を果たし、続く昇格プレーオフでも勝利を重ね1年でセグンダ・ディビシオンBへの復帰を果たした。トップチームのフランク・ライカールト監督に招集され、コパ・デル・レイCFバダロナ戦セカンドレグでトップチームデビューを飾った。

2008年夏にはグアルディオラ監督がトップチームの監督に就任し、プレシーズンキャンプでは数人のカンテラーノ達がトップチームに招集されたが、バリエンテが招集されることは無かった。クラブはバリエンテと同じ1987年生まれのセンターバックふたり、数年前にマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍したかつてのパートナー・ピケを買い戻し、マルティン・カセレスを獲得するなど、完全にバリエンテにはトップチームでの居場所は無く、セビージャ・アトレティコへ3年契約で移籍した。

セビージャFC編集

セビージャ・アトレティコでは移籍直後こそ出場が少なかったもののすぐにレギュラーを獲得。主に本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーや右サイドバックでのプレーが多かった。移籍一年目にまたしてもチームが降格すると言う不運を味わっている。しかし今回はセビージャ・アトレティコの所属がセグンダ・ディビシオン(2部)であるリーガ・アデランテであり、セグンダ・ディビシオンB(2部B)への降格だった。トップチームでリーグ戦に出場するチャンスは無かった。この契約には最初の1シーズン終了後のみFCバルセロナが買い戻しできるオプションがついていたが行使せず残留となった。

2009年11月21日リーガ・エスパニョーラ第11節のCDテネリフェ戦に先発出場してプリメーラ・ディビシオンデビューを果たした。後半22分にロロと交代している。12月13日、第14節のスポルティング・ヒホン戦の前半27分、負傷したアドリアーノ・コレイアに交わり出場した。出場直後の前半30分にプリメーラで初のイエローカードを貰った。

レアル・バリャドリード編集

2010年7月、レアル・バリャドリードへの完全移籍が発表された。

マッカビ・ハイファ編集

2015年7月2日、マッカビ・ハイファFCに移籍した。

代表歴編集

スペイン代表としてはUEFA U-19欧州選手権2006ではバルセロナ時代の同僚ピケジェフレンバレンシアマタレアル・マドリードグラネロアダンや、スポルティング・デ・ヒホンカネージャなどと出場。ピケと共にセンターバックのレギュラーとしてコンビを組み優勝に貢献。その後カナダで行われたFIFA U-20ワールドカップにも出場している。

タイトル編集

クラブ編集

  • セビージャFC
2009-10 コパ・デル・レイ 優勝

代表編集

  • U-19スペイン代表
2005-06 U-19欧州選手権 優勝

外部リンク編集