メインメニューを開く

スポルティング・デ・ヒホン

スポルティング・ヒホンから転送)

レアル・スポルティング・デ・ヒホンSADReal Sporting de Gijón S.A.D.)は、スペインアストゥリアス州ヒホンに本拠地を置くサッカークラブ。

スポルティング・デ・ヒホン
原語表記 Real Sporting de Gijón
愛称 ロヒブランコス(Rojiblancos、赤と白)
クラブカラー 赤と白
創設年 1905年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン セグンダ・ディビシオン
ホームタウン ヒホン
ホームスタジアム エル・モリノン
収容人数 29,029
代表者 スペインの旗 マヌエル・ベガ・アランゴ
監督 スペインの旗 ルベン・バラハ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

1905年7月1日に創設された。愛称はロヒブランコス(Rojiblancos、赤と白)。ホームスタジアムであるエル・モリノンは1908年に建てられており、スペイン国内のプロサッカー場としては最も歴史のあるスタジアムである。ラ・リーガ通算順位表では15位に位置し、セグンダ・ディビシオンB(3部)以下でプレーしたことのない9つのクラブのひとつである。同じアストゥリアス州内のレアル・オビエドとライバル関係にあり[1]、両クラブが同じディビジョンに属している時にはアストゥリアス・ダービーが行われる。

歴史編集

 
昇格を祝う選手とファンたち(2008年6月)

1905年7月1日にスポルティング・ヒホネス (Sporting Gijonés)という名称で設立され、アンセルモ・ロペスが初代会長となった。1912年にはスペイン国王のアルフォンソ13世がスペイン王室の庇護を与え、「国王の」を表すRealをクラブ名に取り入れてレアル・スポルティング・クルブ・ヒホネス (Real Sporting Club Gijonés)と改名した。1916年には現在の名称であるレアル・スポルティング・デ・ヒホン (Real Sporting de Gijón)に改名した。

1941-42シーズンから3シーズン続けてセグンダ・ディビシオンで優勝して昇格プレーオフに出場し、1943-44シーズン終了後には初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を決めた。1970年代後半と1980年代前半にはクラブの黄金期を迎え、リーグ戦とカップ戦(コパ・デル・レイ)で優勝を争った。1970年代にはキニがプリメーラ・ディビシオンで3度得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、1981-82シーズンと1982-83シーズンには2シーズン連続でコパ・デル・レイ準優勝を果たした。また、1977-78シーズンから1997-98シーズンまで21シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンに在籍し、この期間中にはUEFAカップに6度出場した。ラウンド32に4度、ラウンド16に2度進出しており、直近の出場は1991-92シーズンである。1997-98シーズンは無残な成績でセグンダ・ディビシオン降格となり、1998-99シーズンから2007-08シーズンまでの10シーズンはセグンダ・ディビシオンでプレーした。

2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオンを3位で終え、11シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。2008-09シーズンは開幕戦から5試合で20失点を喫したが、その後は強豪のバレンシアCFセビージャFCに勝利するなど健闘した。降格もやむなしと思われたが、34節まで引き分けゼロという攻撃サッカーを貫き、14位で残留を決めた。敗戦数はリーグ最多タイ、失点数は断トツでリーグ最多だった。2011年4月2日のレアル・マドリード戦(1-0)に勝利し、ジョゼ・モウリーニョ監督が続けていたホームで9年間負けなしという記録を途切れさせた[2]

クラブカラーと紋章編集

 
ヒホン市の旗
 
スポルティング・ヒホンの旗

クラブ創設当初から赤と白の縦縞のユニフォームを着用している。現在、赤と白のユニフォームを着るアスレティック・ビルバオアトレティコ・マドリードは1909年まで青と白のユニフォームを着ており、赤と白の縦縞でプレーしたプリメーラ・ディビシオンのチームはスポルティング・ヒホンが最初である。この配色はヒホン市の公式旗に由来しており、ヒホン市の公式旗は1845年に誕生したヒホン沿岸州の旗に由来している[3]。古い歴史を持つ多くのクラブと同じく、当初はユニフォームにいかなるバッジも付けていなかったが、1920年代に初めて公式バッジが採り入れられた。それは伝統的に盾の形(逆三角形)をして3つのセクションに分けられ、クラブと市を象徴している。1931年から1936年までのスペイン内戦中は丸い盾の形をしており、最上部の王冠は城壁冠に変えられた。 現在のバッジは逆三角形をしており、赤と白の縦縞が施され、その中央に金色でS(SportingのS)とG(GijonのG)の文字が配置されている。最上部には国王の庇護の象徴である王冠を置いている[4]

クラブの公式旗は縦横2:3の長方形で、赤と白の9本の横縞(一番上と一番下は赤)で構成されている。中央右寄りにクラブのロゴがデザインされている。

サポーター編集

たいていのホームゲームでは、大部分の席はシーズンチケット購入者か、21,000人いるソシオと呼ばれるファンクラブ加入者で占められる[5]。これらのソシオ以外に、スペイン国内外に240以上のファンクラブ(クラブが認知している公式のもののみ)がある[6] 。2008-09シーズンの1試合平均観客数は21,491人であり、リーグで10番目に多かった。総座席数に占める観客数は84%であり、リーグで5番目であった[7]

スポルティングイスタス(Sportinguistas)と呼ばれるサポーター集団がある[8]。スペインのクラブの中でもっともクラブに対する忠誠心があり、アウェー戦に多く詰めかけ、活発なサポーター集団のひとつであると広く認識されており[9][10][11]、試合では素晴らしい雰囲気を作り上げる[12]。スポルティングイスタスに続くサポーター集団としてはラ・マレオーナ(La Mareona)がある。

2008年6月にヒホン市で行われたプリメーラ・ディビシオン昇格を祝うイベントには約30万人が詰めかけた[13]

練習場と下部組織編集

1978年3月28日にエスクエラ・デ・フトボル・デ・マレオ(通称マレオ)という名前の練習場が完成し、下部組織も同名のマレオと呼ばれている。練習場としてのマレオは市街地から7kmの距離にあり、112,000m2の広さを誇る。マレオではトップチームの練習と下部組織のチームの試合が行われている。現在、マレオには8つのグラウンドがあり、屋内練習場や医療センターを備えた建物も併設している。

スポルティング・ヒホンの下部組織は優れた選手を数多く輩出することで知られている。1968年にトップチームデビューしたFWキニはプリメーラ・ディビシオンで3度、セグンダ・ディビシオンで2度得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、FCバルセロナを経てスポルティング・ヒホンで現役引退した。1984年にはGKフアン・カルロス・アブラネードがトップチームデビューし、1999年までスポルティング・ヒホン一筋であった。アブラネードはスペイン代表キャップこそ少ないが2度のFIFAワールドカップに出場している。MFルイス・エンリケは1989年にトップチームデビューし、その後はFCバルセロナとレアル・マドリードでプレーした。ルイス・エンリケと同じく1989年にトップチームデビューしたDFアベラルドは、やはりルイス・エンリケと同じくバルセロナオリンピック優勝メンバーのひとりであり、2度のFIFAワールドカップに出場した。FWダビド・ビジャは2000年にトップチームデビューし、バレンシアCFやFCバルセロナなどで活躍している。スペイン代表として出場したUEFA欧州選手権20082010 FIFAワールドカップで得点王に輝いた。

ユニフォーム編集

 
エスタディオ・ムニシパル・エル・モリノン


期間 サプライヤー 胸スポンサー
1985–1986 アディダス なし
1986–1989 Cajastur
1989–1992 Rasán
1992–1995 ロット
1995–1997 ホマ
1997–2002 Astore ヒホン市
2002–2011 ヒホン市

アストゥリアス州政府

2011– Kappa

タイトル編集

クラブタイトル編集

最高位 2位 : 1978-79[14]
最高位 2位 : 1981[15], 1982[16]
優勝5回 : 1943-44, 1950-51, 1956-57, 1969-70, 1976-77

個人タイトル編集

ピチーチ賞編集

サモラ賞編集

成績編集

近年の成績編集

シーズン ディビジョン 順位 監督 脚注
1999-00 セグンダ 9位 42 17 9 16 54 48 60   ブラオホス /   カーノ
2000-01 セグンダ 7位 42 17 13 12 55 49 63   カンタトーレ /   アセバル
2001-02 セグンダ 6位 42 17 13 12 47 57 64   アセバル
2002-03 セグンダ 10位 42 11 20 11 44 41 53   アセバル /   マセーダ
2003-04 セグンダ 5位 42 20 10 12 58 40 70   マルセリーノ
2004-05 セグンダ 9位 42 15 12 15 41 39 57   マルセリーノ
2005-06 セグンダ 9位 42 13 17 12 41 34 56   カーノ
2006-07 セグンダ 13位 42 16 8 18 53 53 56   プレシアード
2007-08 セグンダ 3位 42 20 12 10 61 40 72   プレシアード プリメーラ昇格
2008-09 プリメーラ 14位 38 14 1 23 47 79 43   プレシアード
2009-10 プリメーラ 15位 38 9 13 16 36 51 40   プレシアード
2010-11 プリメーラ 10位 38 11 14 13 35 47 47   プレシアード
2011-12 プリメーラ 19位 38 10 7 21 42 69 37   プレシアード /   クレメンテ セグンダ降格
2012-13 セグンダ 10位 42 15 11 16 60 53 56   サンチェス /   サンドバル
2013-14 セグンダ 5位 42 16 16 10 63 51 64   サンドバル
2014-15 セグンダ 2位 42 21 19 2 57 27 82   アベラルド プリメーラ昇格
2015-16 プリメーラ 17位 38 10 9 19 40 62 39   アベラルド
2016-17 プリメーラ 18位 38 7 10 21 42 72 31   アベラルド /   ルビ セグンダ降格
2017-18 セグンダ  位 42             パコ・エレーラ /   ルベン・バラハ

過去の成績編集

シーズン リーグ 順位 特記事項
1929 セグンダ 4
1929-30 2
1930-31 4
1931-32 3
1932-33 6
1933-34 6
1934-35 3
1935-36 3
スペイン内戦により開催されず
1939-40 セグンダ 3
1940-41 3
1941-42 1 昇格プレーオフ出場
1942-43 1 昇格プレーオフ出場
1943-44 1 プレーオフにより昇格
1944-45 プリメーラ 7
1945-46 9
1946-47 10
1947-48 14 降格
1948-49 セグンダ 6
1949-50 3
1950-51 1 昇格
1951-52 プリメーラ 13
1952-53 7
シーズン リーグ 順位 特記事項
1953-54 プリメーラ 16 降格
1954-55 セグンダ 4
1955-56 7
1956-57 1 昇格
1957-58 プリメーラ 12
1958-59 15 降格
1959-60 セグンダ 5
1960-61 13
1961-62 13
1962-63 5
1963-64 2 昇格プレーオフ出場
1964-65 3
1965-66 3
1966-67 2 昇格プレーオフ出場
1967-68 5
1968-69 5
1969-70 1 昇格
1970-71 プリメーラ 12
1971-72 11
1972-73 14
1973-74 13
1974-75 14
1975-76 18 降格
シーズン リーグ 順位 特記事項
1976-77 セグンダ 1 昇格
1977-78 プリメーラ 5
1978-79 2 UEFAカップ出場
1979-80 3 UEFAカップ出場
1980-81 7 コパ・デル・レイ準優勝

UEFAカップ出場

1981-82 14 コパ・デル・レイ準優勝
1982-83 8
1983-84 13
1984-85 4
1985-86 6 UEFAカップ出場
1986-87 4
1987-88 9 UEFAカップ出場
1988-89 13
1989-90 13
1990-91 5
1991-92 8 UEFAカップ出場
1992-93 12
1993-94 14
1994-95 18 残留プレーオフ出場
シーズン リーグ 順位 特記事項
1995-96 プリメーラ 18
1996-97 15
1997-98 20 降格
1998-99 セグンダ 9
1999-2000 9
2000-01 7
2001-02 6
2002-03 10
2003-04 5
2004-05 11
2005-06 9
2006-07 13
2007-08 3 昇格
2008-09 プリメーラ 14
2009-10 15
2010-11 10
2011-12 19 降格
2012-13 セグンダ 10
2013-14 5
シーズン リーグ 順位 特記事項
2014-15 セグンダ 2 昇格
2015-16 プリメーラ 17
2016-17 18 降格
2017-18 セグンダ

現所属選手編集

2018年2月1日時点
No. Pos. 選手名
1   GK オスカル・ワレイ
4   MF アレックス・ベルガンティニョス
5   DF フェデリコ・バルバ
7   FW マイケル・サントス
9   FW カルロス・カストロ
10   MF カルロス・カルモナ
11   DF アルベルト・ロラ
13   GK ディエゴ・マリーニョ
14   MF ルベン・ガルシア
15   DF ロベルト・カネーリャ
16   MF リージョ
No. Pos. 選手名
17   MF アレックス・ロペス
18   DF イスマ・ロペス
20   DF ファン・セバスティアン・キンテロ
21   MF ボルハ・ビゲラ
22   MF パブロ・ペレス
24   DF アレハンドロ・ペリッツ
25   DF ジョルディ・カラベラ
--   FW ナノ・メサ
--   MF エルナン・サンタナ
--   DF アルベルト・ギティアン

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
4   MF アレックス・ベルガンティニョス (デポルティーボ・ラ・コルーニャ)
7   FW マイケル・サントス (マラガCF)
14   MF ルベン・ガルシア (レバンテUD)
16   MF ジョニー (マラガCF)
No. Pos. 選手名
20   DF ファン・セバスティアン・キンテロ (デポルティーボ・カリ)
25   DF ジョルディ・カラベラ (SDエイバル)
--   FW ナノ・メサ (SDエイバル)
--   DF アルベルト・ギティアン (レアル・バリャドリード)
out
No. Pos. 選手名
--   DF ジャン=シルヴァン・ババン (マッカビ・テルアビブFC)
--   MF ラシッド・アイット=アトマン (ワースラント=ベフェレン)
No. Pos. 選手名
--   MF モイセス・ゴメス・ボルドナド (SDウエスカ)

歴代会長編集

2010年8月25日時点[17]
  •   アルセルモ・ロペス・サンチェス 1905-1915
  •   フェルナンド・キロス 1915-1917
  •   マヌエル・ゴンサーレス・リエラ 1917-1919
  •   エンリケ・ギサソーラ・マルティネス 1919-1921
  •   イスマエル・フィガレード・エレーロ 1921-1928
  •   ロベルト・G・デ・アグスティーナ 1928-1930
  •   ペドロ・ガルヌング・ポルティーリャ 1930-1934
  •   エミリオ・トゥージャ・ガルシア 1934-1935
  •   フェリクス・ギサソーラ 1935-1938
  •   ペドロ・ゴンサーレス・デル・リオ 1938-1940
  •   セクンディーノ・フェルゲローソ 1940-1945
  •   フアン・ベラスコ・ネスプラル 1945-1946
  •   ヘスス・フェルナンデス・エルナンデス 1946-1947
  •   ホセ・マリア・フェルナンデス・アルバレス 1947-1948
  •   セクンディーノ・フェルゲローソ 1948-1949(2度目の就任)
  •   パウリーノ・アントン・トレスパラシオス 1949-1954
  •   ホアキン・アロンソ・ディエス 1954-1955
  •   エウスタキオ・カンポマネス・ゴンサーレス 1955-1957
  •   アレハンドロ・ピダル・ギルオウ 1957-1959
  •   ラモン・ゴメス・ロサーナ 1959-1960
  •   アウレリオ・メネンデス・ゴンサーレス 1960-1961
  •   フランシスコ・キロス・ロドリゲス 1961
  •   ビクトール・フェルゲローソ 1961-1967
  •   アントニオ・ロイバス・デ・インサ 1967-1968
  •   カルロス・メンデス・クエルボ 1968-1973
  •   アンヘル・ビエホ・フェリウ 1973-1977
  •   マヌエル・ベガ=アランゴ 1977-1986
  •   ラモン・ムニョス・フェルナンデス 1986-1989
  •   プラシード・ロドリゲス・ゲレーロ 1989-1992
  •   エロイ・カルボ・カペリン 1992-1994
  •   マヌエル・カルボ・プンピード 1994
  •   ホセ・フェルナンデス・アルバレス 1994-19997
  •   アンヘル・ガルシア・フロレス 1997-1998
  •   ヘルマン・オヘーダ・グティエレス 1998-1999
  •   フアン・アランゴ 1999-2002
  •   マヌエル・ベガ=アランゴ 2002-(2度目の就任)

歴代監督編集

1922年から今日に至るまでにヒホンの監督を務めた人物の一覧である[18]プリメーラ・ディビシオンで最も長く務めたのはホセ・マヌエル・ディアス・ノボアであり、1979年から1999年の間の6期間に渡って計227試合を指揮した。

スペイン内戦前
スペイン内戦後

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ Real Oviedo, Real who?”. SpanishFootball.info. 2011年5月24日閲覧。
  2. ^ モウリーニョ、無敗記録が途絶えるもヒホンを称賛”. Goal.com (2011年4月3日). 2011年10月6日閲覧。
  3. ^ Las Banderas del Club” (Spanish). Real Sporting.com. 2009年10月8日閲覧。
  4. ^ Los Escudos” (Spanish). RealSporting.com. 2009年10月8日閲覧。
  5. ^ El Sporting alcanza los 21.000 socios” (Spanish). La Nueva España. 2009年10月8日閲覧。
  6. ^ Premio para el consejero Mariano Fernández” (Spanish). La Nueva España. 2010年1月20日閲覧。
  7. ^ Attendances - Liga BBVA 2008-2009
  8. ^ PortalSportinguista.com
  9. ^ Sporting Gijon To Take 4,000 Fans To Valladolid”. Goal.com. 2009年10月8日閲覧。
  10. ^ Spanish Inquisition: Sporting de Gijón, the darlings of Spain”. Goal.com. 2009年10月8日閲覧。
  11. ^ Lowe, Sid (2008年9月22日). “Even the result can't spoil Real Sporting de Gijón's party”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/sport/blog/2008/sep/22/sportinggijon.barcelona 2009年10月8日閲覧。 
  12. ^ Spanish Debate: The Best Stadium In La Liga”. Goal.com. 2009年10月8日閲覧。
  13. ^ Gijón está de fiesta 10 años después” (Spanish). Marca. 2009年10月8日閲覧。
  14. ^ Spain - Final Table 1978-79
  15. ^ Spain - Cup 1981
  16. ^ Spain - Cup 1982
  17. ^ Presidentes del Real Sporting de Gijón”. RealSporting.com. 2010年8月25日閲覧。
  18. ^ Los entrenadores del Real Sporting”. RealSporting.com. 2010年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月25日閲覧。

外部リンク編集

公式ウェブサイト
ニュースサイト