メインメニューを開く

ヤマザキ動物看護短期大学(ヤマザキどうぶつかんごたんきだいがく、英語: Yamazaki College of Animal Health Technology)は、東京都八王子市南大沢4-7-2に本部を置いていた日本私立大学である。2004年に設置され、2012年に廃止された。学生募集は2009年度まで。2010年4月より、ヤマザキ学園大学へ移行により学生募集を停止。2012年短期大学廃止。

ヤマザキ動物看護短期大学
ヤマザキ動物看護短期大学
ヤマザキ動物看護短期大学
大学設置/創立 2004年
廃止 2012年
学校種別 私立
設置者 学校法人ヤマザキ学園
本部所在地 東京都八王子市南大沢4-7-2
学部 動物看護学科
研究科 動物看護学専攻
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学の教育理念は「生命を生きる」となっている。

教育および研究編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学に設置されている動物看護学科は、教養豊かな動物看護職を育成することがねらいとされており、「生命科学と論理」・「アニマルアシステッドセラピー論」・「臨床心理学」・「動物福祉とボランティア」・「ペットロス論」・「動物看護学実習」・「動物臨床検査学実習」などの科目が用意されている。実習科目が多く、修業年限は昼間部3年制となっている。

学風および特色編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学は、全国で唯一の動物看護に関する専門科目が置かれている短期大学となっていた。

沿革編集

  • 2004年 ヤマザキ動物看護短期大学動物看護学科を設置。
  • 2007年 専攻科を設置。
  • 2009年 学生募集を終了。翌年度よりヤマザキ学園大学(4年制大学)へ移行。同大学に動物看護学部動物看護学科を設置。短期大学は、最後の入学生全員が卒業する2012年3月末までは、経過措置として存続。なお、専攻科は2011年度入学生まで募集。

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都八王子市南大沢4-7-2

交通アクセス編集

象徴編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学のカレッジマークは動物の足跡をイメージしたものとなっている。シンボルマークは、学園の守護神とされているブロンズのキリンとなっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 動物看護学科(3年制)

専攻科編集

  • 動物看護学専攻:修業年限1年制の課程で、短期大学での教育を基礎により高度な専門的知識や技術をもった人材を育てるのがねらいとされ、修了生にはペット栄養管理士認定試験の受験において講習会の受講が免除されるという特典がある。一定基準を満たす動物看護系の専門学校修了者にも入学門戸を開いていた。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学の学園祭は「絆祭」と呼ばれ毎年、11月に行われていた。プログラムの一つとしてを対象としたファッションショーが催された[1]

施設編集

キャンパス編集

  • 図書館
  • 講堂:「セントフランシスホール」と呼ばれている。
  • 学生ホール
  • 運動場
  • アシスタントドッグ研究室ほか

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 消防署により、防火設備や防火体勢が整っている建造物として認定する「優良防火対象物」として認定された。2007年12月25日に、八王子消防署より認定証交付式が行われた。

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 動物病院への就職者が最も多い傾向にあり、卒業生全体の約6割を占めている。ついでペットショップテーマパーク・動物系の企業となっている。また、動物系以外の一般企業への就職者もいる[1]

編入学・進学実績編集

  • ヤマザキ動物看護短期大学専攻科への進学者がいる。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2009年度用入学案内冊子より

関連項目編集

関連サイト編集

―――― この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。