ラシン92 (Racing 92)は、パリコロンブに本拠地を置くラグビーユニオンクラブ。1892年に創設されたフランスでもっとも伝統あるクラブの一つであり、現在はフランス国内リーグ最高峰のトップ14に所属している。

ラシン92
Racing92 logonew.png
正式名称 ラシン92 (Racing 92)
愛称 Les Ciel et Blanc (空色と白)
Les Racingmen
創設年 1892年
本拠地 フランスの旗 ナンテール
グラウンド パリ・ラ・デファンス・アリーナ
収容人数 32,000
会長 ジャッキー・ロレンゼッティ
コーチ Laurent Travers
主将 アンリ・シャバンシー
所属リーグ トップ14
2020-21 3位(トップ14)
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
www.racing92.fr/en/
テンプレートを表示

歴史編集

 
スタッド・フランセとの試合(1890年代)
 
1899年のチーム

1890年、パリの総合型スポーツクラブ、ラシン・クラブ・ド・フランス (Racing Club de France)のラグビー部門として創設されたのがクラブの始まりである。1892年、ラシン・クラブはスタッド・フランセと対戦を行い、4対3で勝利を挙げた。この試合はフランスで初めての国内選手権とされており、のちのトップ14につながるものである。勝利したラシン・クラブにはブレニュス盾が贈られたが、この盾は以降毎年優勝したクラブに贈られるようになった(現在はレプリカが贈られている)。その後もラシン・クラブはスタッドフランセなどとともにフランスラグビー界を牽引する存在となった。

1990年、およそ30年ぶりにラシン・クラブは国内選手権優勝を果たした。しかし1995年、IRB(現ワールドラグビー)によって選手への報酬制限が撤廃されプロ化が行われたことによる影響をクラブは大きく受けることとなった。1995 - 1996年シーズンには2部リーグに降格し、1998年に1部リーグに復帰するも2000年には再び2部に降格し、低迷するシーズンが続いた。経営も悪化し、2001年にはラシン・クラブ・ド・フランスから分裂し、パリ交通公団 (RATP)が支援するUSメトロのラグビー部門と合併したことでクラブの名称がラシン・メトロ92 (Racing Métro 92)に変更された。

2006年、経営不振に陥っていたラシン・メトロ92を買い取ったのが不動産王として知られていたジャッキー・ロレンゼッティであった。ロレンゼッティは会長に就任すると、クラブを2年以内に1部(トップ14)に昇格させるという目標を設定する。資金力を手にしたラシン・メトロ92は元ニュージーランド代表アンドリュー・マーティンズアルゼンチン代表アガスティン・ピチョットといった実績ある選手を獲得し、2009年、目標から1年遅れではあったがトップ14復帰を果たした。その後もフランソワ・ステイン南アフリカ代表)、セバスチャン・シャバルフランス代表)、フアン・マルティン・エルナンデス(アルゼンチン代表)などの選手と次々と契約し、フランスでも有数のビッグクラブとなっている。2015年に契約したダン・カーターの年俸は1億4000万ポンド(約2億5000万円)とされており[1]、これはラグビー界史上最高金額である。

2014 - 2015年シーズン終了後、クラブの名称をラシン・メトロ92からラシン92に変更することが発表された[2]

2015 - 2016年シーズン、ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップで初めて決勝に進出したがイングランドサラセンズに敗れ優勝を逃した[3]。一方国内リーグのトップ14では決勝でRCトゥーロンを29対21で下し、1990年以来のタイトルを獲得した[4]。2017 - 2018年はヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップで決勝に進出したがアイルランドレンスターに敗れた。

戦績・タイトル編集

2021-2022スコッド編集

2021-2022のスコッドは次の通り。(2021年12月現在)

ラシン92 トップ14 スコッド[5]

プロップ

フッカー

ロック

フランカー/No.8

スクラムハーフ

フライハーフ

センター

ウイング

フルバック

太字 はキャップを持っている選手。(c)はキャプテン。

在籍した選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集