ワールドラグビー

ラグビーユニオンの国際統括団体

ワールドラグビー (World Rugby; 略称WR)は、ラグビーユニオン国際競技連盟。本部はアイルランドダブリンにおかれている。6つの地域統括団体と128か国の加盟協会で構成。15人制ワールドカップシックス・ネイションズ、7人制ワールドカップ・セブンズHSBCセブンズシリーズなどを主催している[1]

ワールドラグビー
World Rugby
前身 国際ラグビーフットボール評議会 (International Rugby Football Board)
国際アマチュア・ラグビー連盟 (Federation International de Rugby Amateur)
設立 1886年 (137年前) (1886)
(国際ラグビーフットボール評議会として)
種類 国際競技連盟
本部 アイルランドの旗 アイルランドダブリン
座標 北緯53度20分13秒 西経6度15分08秒 / 北緯53.33694度 西経6.25222度 / 53.33694; -6.25222
貢献地域 世界中
会員数
128協会
6大陸連盟
公用語 英語フランス語イタリア語スペイン語
会長 ビル・ボーモント
副会長 ベルナール・ラポルト
CEO ブレット・ゴスパー英語版
加盟 国際オリンピック委員会
ウェブサイト www.world.rugby
かつての呼び名
国際ラグビー評議会 (International Rugby Board)
テンプレートを表示

概要編集

1886年に国際ラグビーフットボール評議会(International Rugby Football Board; 略称IRFB)として設立した。以後、ラグビーユニオンの統括団体として存在している。1987年までは加盟8か国のみの運営だったが、第1回ワールドカップ以後は拡大方針に転じ、1995年にはプロ化宣言、現在の加盟は128か国の世界的組織となった[1]

名称をIRB(International Rugby Board = 国際ラグビーフットボール評議会)、さらにWRへ変更するなど、スポーツ市場においてラグビーユニオンのブランディングを積極的に行っている。

15人制に関しては、2003年からテストマッチでの成績をもとにワールドラグビーランキングを作成している(参考・ランキングポイント算出方法の説明(英語))。

2010年には夏季オリンピック国際競技連盟連合(ASOIF)に加盟し、7人制ラグビー2016年リオデジャネイロオリンピックから正式種目となった[1]

歴史編集

1823年 ラグビーの誕生編集

ラグビーフットボールの起源は、「1823年イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま、ルールを無視して相手のゴール目指して走り出した」ことだとされているが、その真偽は不明で、伝説扱いとなっている[2][3]

しかしワールドラグビーは、この1823年を「ラグビー誕生の年」と位置付けている[4][3](「ラグビーユニオンの歴史」も参照)。なお、エリス少年がルールを破ったとされるのは、ボールを手で扱ったことでなく(当時のルール上、問題ない)、ボールを持って走った行為についてである。

1863年 初のフットボール協会編集

1863年10月26日、イングランドで初めてのフットボール協会、フットボール・アソシエーション(FA)が設立された[5]。当時のフットボールのルールでは、ボールを手で持つことは禁止されていなかったが、徐々に、禁止するルールがFAの中で一般的になっていった[5]

1871年 サッカーとの分裂編集

1871年1月26日、ボールを手で持たないルールのアソシエーション・フットボール(いわゆるサッカー)に対抗する形で、FAから21チームが独立し[6][7]ラグビー・フットボール・ユニオン(RFU)がイングランドで設立された[8]。これが現在も続くイングランドのラグビー協会である。

1886年 「IRFB」誕生編集

1886年に、スコットランドウェールズアイルランドの3か国のラグビーユニオンの協会により、各国のルール統一などをはかる目的で、国際ラグビーフットボール評議会(International Rugby Football Board; 略称IRFB)が発足した。当時すでに競技規則を作り世界最古のラグビー協会を持つイングランドは、当初参加を拒否していたが、1890年に加盟した[9]

1895年 プロリーグとの分裂編集

当時ラグビーの試合は、安息日の日曜を避け、土曜に行われるのが一般的だった[10]労働者階級が多かった北部では土曜も勤務日だったのに対し、南部は比較的裕福で土曜は仕事をしない者が多かった[10]。試合に出場するため土曜に仕事を欠勤する選手に対して、休業補償や出場報酬を認めるイングランド北部と、認めない南部とで分裂が起きた[8]

1895年8月27日、選手への報酬支払いを容認するイングランド北部(ヨークシャー地区ランカシャー地区など)のクラブ22団体は、RFUを脱退し北部ラグビー協会(NRFU)を設立。その後15年間で200以上のクラブがRFUからNRFUへ移っていった。1898年にはプロ化宣言も行われ、後年「ラグビーリーグ」(13人制ラグビー)と改称した[11]

一方、残されたイングランド南部RFU側は、「ラグビーユニオン」(15人制ラグビー)としてアマチュア主義を1995年まで100年間厳守していった[12][8]。(「ラグビーリーグとラグビーユニオンの比較」も参照)

1934年 フランスにもう1つの統括団体編集

1934年フランスが中心となり、国際アマチュア・ラグビー連盟 (Federation International de Rugby Amateur; 略称FIRA)を設立。フランス、イタリアカタルーニャチェコスロバキア、ルーマニア、ドイツ、オランダ、ポルトガル、スウェーデンの9協会が加盟し、IRFBへの対抗組織となり[13]、1990年代までに加盟国は60を超えた[14]

1949年ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアがIRFBに加盟し、7か国となる[9]

1978年 フランスが加盟し8強体制編集

1978年フランスラグビー連盟(FFR)がIRFBに加盟し8か国となる[9]。かつてフランスが立ち上げたFIRAは、1994年にIRFBの傘下となり、現在「ラグビーヨーロッパ」として、ワールドラグビー地域統括団体の1つとなっている。

IRFB加盟国のうち、初期8か国(スコットランドウェールズアイルランドイングランドニュージーランド南アフリカオーストラリアフランス)は、現在でもワールドラグビーランキングの上位にあり「旧IRFB強豪8か国」などと呼ばれ[15][16]日本代表の目標にもなっている。

1987年 17か国に拡大編集

1987年5~6月に、第1回ラグビーワールドカップがオーストラリア協会とニュージーランド協会による共同開催で行われた[16]。この時に招待された9か国(日本イタリアルーマニアカナダアメリカ合衆国アルゼンチンフィジートンガジンバブエ)が加わり、IRFB加盟国は一気に17か国に増えた[17]。以後、加盟国を積極的に増やしラグビーユニオンを浸透させる方針となる。2012年に加盟国は100を突破した。

なお、第2回のラグビーワールドカップ1991からは、IRFB(後のIRB、WR)の主催となった。

1995年 「プロ化」へ100年目の方針転換編集

1995年8月26日、IRFB(国際ラグビーフットボール評議会)ラグビーユニオンのオープン化(プロ化)を宣言した。選手の報酬制限やメディア活動制限など、それまでのアマチュアリズムが全て撤廃されることになった。この背景には、アマチュア志向の15人制ラグビーユニオンから、ちょうど100年前に分裂しプロ化していた13人制ラグビーリーグへと、多くの報酬を求めて選手が流出している危機感が背景にあった[18]

1997年国際ラグビー評議会 (International Rugby Board; 略称IRB)に改称した[19][20]

1998年女子ラグビーワールドカップ1998(第3回オランダ大会)は、この回からIRBによる主催となった[21]

2003年9月、ワールドラグビーランキングが始まる[22]。女子は2016年開始[22]

2010年夏季オリンピック国際競技連盟連合(ASOIF)に加盟[1]

2014年 「ワールドラグビー」に改称編集

2014年11月19日、ワールドラグビーWorld Rugby; 略称WR)に改称した[23][24]。シンプルなネーミングにより、スポーツ市場におけるブランド力を高める目的がある[25][9]

2016年7人制ラグビー2016年リオデジャネイロオリンピックの正式種目として実施される[26]

2021年、女子15人制の新しい世界大会「WXV」の開催を発表した[27][28]。女子のワールドカップ開催年を除き、2023年から毎年9月~10月に行う予定[29]

2022年2月にロシアとベラルーシによるウクライナへの侵攻が起き、ワールドラグビーは、ロシアとベラルーシに対して国際大会および国境を越えたラグビー大会への全面的出場停止とすることを決定した[30]。これにより、男子ワールドラグビーチャレンジャーシリーズ2022(ワールドカップ2023出場権をかけたヨーロッパ地区予選)においてロシアは開催途中で離脱。ラグビーワールドカップセブンズ2022の予選、女子HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2022への参加も、ロシアは不可能となった。

2022年5月9日、ワールドラグビーが男子の新たな国際大会を創設する方針だと報じられた[31][32]。内容は、2026年から2年に1度開催、日本を含むトップ12チーム(北半球・南半球の6チームずつの2プール。日本は南半球に入る)、トップ12チームに続く2部グループ12チームも参加、昇降格を伴う2部制など。ただし、ワールドラグビーからの正式発表はまだ無い。

加盟団体編集

6つの地域統括団体(リージョナルアソシエーション)は、アジアラグビーオセアニアラグビーラグビーヨーロッパラグビーアフリカラグビーアメリカスノース(北米ラグビー)、スダメリカラグビー(南米ラグビー)で構成されている[33]

128か国の加盟協会(正規加盟協会108、アソシエート加盟協会20)[33]が、それぞれの地域統括団体の傘下にある。

アジア編集

正規加盟協会: 20、アソシエート加盟協会: 7[Asia 1]

除外された団体:

備考:

  1. ^ アラビアンガルフラグビーフットボール協会は2010年にそれぞれの地区ごとの団体に別れ解散
  2. ^ UAEは2012年に100団体目の加入団体になった[35]
  3. ^ カンボジアは2016年に基準を満たさず除外[34]

 * アソシエイトメンバーとして加入した年


オセアニア編集

正規加盟協会: 12


ヨーロッパ編集

正規加盟協会: 37、アソシエート加盟協会: 4

除外された団体:

備考:

  1. ^ スロバキアは2016年にアソシエイトメンバーになった[37]。しかし翌年発行されたワールドラグビーのハンドブックではスロベニアと誤表記された[38]
  2. ^ ギリシャの協会は2014年より活動していない[36]

 * アソシエイトメンバーとして加入した年


アフリカ編集

正規加盟協会: 19、アソシエート加盟協会: 5

除外された団体:

備考:

  1. ^ ガーナは2004年にアソシエイトメンバーとして加入、その後2017年にフルメンバーに昇格[39]
  2. ^ モーリタニアは2003年にアソシエイトメンバーとして加入、その後活動していない団体して2013年11月に除外[40]

 * アソシエイトメンバーとして加入した年


北アメリカ編集

正規加盟協会: 11、アソシエート加盟協会: 2

備考:

 * アソシエイトメンバーとして加入した年


南アメリカ編集

正規加盟協会: 9、アソシエート加盟協会: 2

備考:

 * アソシエイトメンバーとして加入した年

主な主催大会編集

15人制

7人制

クリーンスタジアム編集

ワールドラグビーでは、主催大会の試合会場、参加チーム練習場などでは、施設を自己の負担においてクリーンの状態にしたうえで提供し、商業的なブランドについては、メディアに見えないようにする必要がある、とされている[41]。この場合の「クリーン」とは、以下の状態を指すという。

  1. 施設に、施設又はその所有者と一定の人(個人及び法人を含む)、製品、サービス又はブランドとの間の何らかの関係を示唆又は暗示する名称が付されていないこと。
  2. 形態や媒体を問わず、一切の広告、販売促進若しくは宣伝材料用の素材、ブランド、ロゴ若しくは名称、その他一定の人(個人及び法人を含む)、製品、サービスを識別させるものも付されていないこと。
  3. 方法や態様を問わず、ワールドラグビーが運営委託する団体(例えば、ラグビーワールドカップで言えば「ラグビーワールドカップリミテッド (RWCL)」)またはその団体のライセンシーによるコマーシャル・ライツの行使と競合し、それを制限若しくは妨害し、又はそれに対して損害を与える、いかなる権利、契約、活動、状態も存在しないこと。

これらに抵触する可能性のある契約として、「スポンサーや広告に関する契約」「ブランド設定やネーミングライツに関する契約」「施設における商品の販売に関する契約」「施設使用者向けの飲食物の提供に関する契約等」が挙げられており、命名権や広告類の掲出のみならず、ワールドラグビー主催大会の公式スポンサーと競合する商品類の取り扱いについても制限している。

命名権によるものではなくとも、その呼称がコマーシャル・ライツ(大会スポンサー)と競合するおそれがあるとみなされた場合は、別の名前に置き換えることで「クリーン」な状態にする必要があるとしている。

ワールドカップ2019では、味の素スタジアムは「東京スタジアム」に、「日産スタジアム」は「International Stadium Yokohama(横浜国際総合競技場)」へと、ネーミングライツによる会場名称が本来の呼称に戻された。豊田スタジアムの英語名称「TOYOTA STADIUM」はトヨタ自動車を想起させるものとRWCLが指摘し、スタジアム所有者の豊田市を強調した「City of Toyota Stadium」の表現を使用した[42]。会場のトイレ便器においても、大会スポンサーと競合する企業のロゴ部分を隠された会場があった。

グローバルパートナー編集

脚注編集

  1. ^ a b c d worldrugby.org. “概要 | World Rugby”. www.world.rugby. 2023年2月1日閲覧。
  2. ^ (日本語) Rugby World Cup 2015 Opening Ceremony intro, https://www.youtube.com/watch?v=Z3Mbd9W9u50 2023年2月1日閲覧。 
  3. ^ a b World Rugby - Hall of Fame” (英語). www.world.rugby. 2023年2月4日閲覧。
  4. ^ worldrugby.org. “ラグビー生誕200年を祝して | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年2月1日閲覧。
  5. ^ a b イチから分かるフットボールの歴史 | ゼロからのスポーツビジネス入門” (日本語). zerosportsbiz.com (2020年1月4日). 2023年2月1日閲覧。
  6. ^ なぜラグビーW杯はサッカーから半世紀以上遅れての開催となったのか。【ラグビーW杯の歴史】(永田洋光) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2023年1月30日閲覧。
  7. ^ World Rugby 1871 - 1888”. RFU. 2023年2月1日閲覧。
  8. ^ a b c 2つのラグビー~ラグビー・ユニオンとラグビー・リーグ~” (日本語). ニッセイ基礎研究所. 2023年1月30日閲覧。
  9. ^ a b c d worldrugby.org. “歴史 | World Rugby”. www.world.rugby. 2023年1月29日閲覧。
  10. ^ a b どう違う?ラグビーユニオンとラグビーリーグの特徴 | 調整さん” (日本語). 調整さんwith - 日程調整サービスの『調整さん』が運営する新しいメディア. 2023年1月30日閲覧。
  11. ^ Tony Collins, Rugby League in Twentieth Century Britain. Routledge. (2006). p. 5 
  12. ^ worldrugby.org. “Inside the meeting that took rugby professional | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月30日閲覧。
  13. ^ About us | Rugby Europe”. web.archive.org (2017年1月20日). 2023年1月29日閲覧。
  14. ^ worldrugby.org. “ヨーロピアンラグビー|ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年2月4日閲覧。
  15. ^ aigawa2007 (1443284656). “ラグビー初心者に捧ぐ・ワールドカップの楽しみ方” (日本語). 安威川敏樹のネターランド王国. 2021年10月14日閲覧。
  16. ^ a b aigawa2007 (1572790263). “驚くほど地味だった!?第1回ラグビー・ワールドカップ” (日本語). 安威川敏樹のネターランド王国. 2021年10月14日閲覧。
  17. ^ [ラグnote]統括組織 1886年発足- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞” (日本語). 【ラグビーワールドカップ2019】日本大会のニュース・実況解説:読売新聞 (2019年4月4日). 2023年1月29日閲覧。
  18. ^ worldrugby.org. “Inside the meeting that took rugby professional | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月19日閲覧。
  19. ^ worldrugby.org. “歴史 | World Rugby”. www.world.rugby. 2021年10月14日閲覧。
  20. ^ 松島剛史. “20世紀後半におけるラグビーの異質化に関する試論~アマチュア規定の復位条項にみる離反者の処遇をめぐって”. 立命館大学. 2021年10月14日閲覧。
  21. ^ 女子日本代表の活動”. JRFU. 2023年2月1日閲覧。
  22. ^ a b worldrugby.org. “大会及びランキング | World Rugby”. www.world.rugby. 2023年2月1日閲覧。
  23. ^ IRB to change name to World Rugby Archived 2014年9月3日, at the Wayback Machine. Thursday 28 August 2014
  24. ^ IRB 組織名称変更に関するリリース発行のお知らせ【IRB】 日本ラグビーフットボール協会プレスリリース 2014年8月28日付
  25. ^ JRFU. “国際ラグビーボード(IRB)がワールドラグビー(World Rugby)に組織名称変更|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2021年10月14日閲覧。
  26. ^ リオ2016 ラグビー 結果”. IOC. 2023年2月1日閲覧。
  27. ^ world.rugby. “ワールドラグビー、新たな世界大会を発足し、女子15人制ラグビーをスーパーチャージさせるカレンダーを調整 | ラグビーワールドカップ” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2023年1月23日閲覧。
  28. ^ https://twitter.com/worldrugby/status/1371748145214844928” (日本語). Twitter. 2023年1月23日閲覧。
  29. ^ 女子15人制ラグビーの新国際大会誕生へ! 2023年開始、日本にもビッグチャンス - ラグビーリパブリック” (日本語) (2021年3月17日). 2023年1月23日閲覧。
  30. ^ worldrugby.org. “ロシアの出場停止処分に伴う ラグビーセブンズ競技に関する最新情報 | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2022年3月25日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年5月10日). “日本参加の国際大会新設へ、ラグビー26年から” (日本語). サンスポ. 2023年1月30日閲覧。
  32. ^ 【コラム】再浮上した国際大会新設構想。日本の未来やいかに - ラグビーリパブリック” (日本語) (2022年5月12日). 2023年1月30日閲覧。
  33. ^ a b worldrugby.org. “会員及び普及 | World Rugby”. www.world.rugby. 2021年10月14日閲覧。
  34. ^ Guatemala Obtain World Rugby Membership”. americas Rugby News (2016年5月14日). 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月14日閲覧。
  35. ^ UAE become 100th full member of the IRB”. RTÉ (2012年11月27日). 2012年11月28日閲覧。
  36. ^ "Λουκέτο" στο ράγκμπι” (ギリシア語). Sport24. 2014年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月31日閲覧。
  37. ^ World Rugby Handbook 2017, p. 19.
  38. ^ World Rugby Handbook 2017, p. 17.
  39. ^ “Ghana welcomed as full member union of World Rugby” (プレスリリース), World Rugby, (2017年5月21日), http://www.worldrugby.org/news/250047?lang=en 2017年5月22日閲覧。 
  40. ^ Indonesia becomes full member and Brunei associate member of IRB as two African unions suspended”. ASOIF (2013年11月21日). 2012年11月28日閲覧。
  41. ^ ラグビーワールドカップ2019組織委員会. “ラグビーワールドカップ2019™公認チームキャンプ地ガイドライン (PDF)”. 総務省. pp. 19 - 20. 2017年10月21日閲覧。
  42. ^ 豊田スタジアム、ラグビーW杯中の名称は 屋根は動くか:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年9月24日). 2023年2月2日閲覧。

参考文献編集

  • Handbook 2017 (PDF 6.0 MB)”. World Rugby (2017年1月3日). 2017年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月17日閲覧。

外部リンク編集