ラファエル・フェルナンデス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はミランダ第二姓(父方の)はフェルナンデスです。

ラファエル・ミランダ・フェルナンデスポルトガル語: Rafael Miranda Fernandes, 1986年4月23日 - )は、ブラジルサンパウロ州サンパウロ出身の元プロ野球選手投手)、通訳。右投げ右打ち。

ラファエル・フェルナンデス
Rafael Fernandes
ラファエル・フェルナンデス2010.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 サンパウロ州サンパウロ
生年月日 (1986-04-23) 1986年4月23日(31歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 育成選手ドラフト1位
初出場 NPB / 2011年8月6日
最終出場 NPB / 2012年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム ブラジルの旗 ブラジル
WBC 2013年予選、2013年2017年予選

ポルトガル語の発音表記は「ハファエル・ミランダ・フェルナンジェス」。

2017年から北海道日本ハムファイターズの球団職員として、スペイン語通訳を務める[1]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

ブラジルのヤクルト野球アカデミーの卒業生[2]。10歳のときに外野手として野球を始めた[3]。もともとは左利きであったが、「野球は右でやるもの」と思っており右投げ右打ちとなる[3]。カントリーキッズ高校時代はエースとして3度の全国優勝を経験した。

卒業時にはメジャーリーグの2球団から声がかかったが、「高いレベルで野球がしたい」という本人の希望もあって卒業と同時に来日し、ブラジルと交流のある白鴎大学に入学した。

大学時代には関甲新学生野球リーグの公式戦に登板したが、4年間を通じて、わずか2勝を挙げただけにとどまった。しかし、最速151km/hの直球を、NPB球団のスカウトが高く評価。前述した事情で日本人選手として扱われることから、2008年のNPBドラフト会議で指名の対象に入った。結局、同年の育成ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから1巡目で指名。支度金300万円、年俸350万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した。入団当初の背番号は115。白鴎大学への進学で一緒に来日した友人を事故で亡くしたことから、入団の際には、「友人のためにも活躍したい」と述べていた[4]

ヤクルト時代編集

2011年には、6月17日支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を66へ変更。8月6日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)8回裏に救援で一軍公式戦へのデビューを果たしたが、一軍ではこの登板だけでシーズンを終えた。

2012年には、7月1日の対阪神戦(明治神宮野球場)6回表に救援で登板。1回を無失点に抑えた末に、一軍公式戦での初勝利を挙げた。ヤクルトに育成契約で入団した後に、支配下登録選手として一軍公式戦に登板した投手が勝利を挙げた事例は初めてであった[3]。シーズン終了後の11月には、自身と同じブラジル出身のチームメイトであった松元ユウイチ金伏ウーゴと共に、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のブラジル代表に選出[5][6]パナマ代表との間で争われた11月19日の本選出場決定戦では、先発投手として6回2安打無失点と好投[7]したことによって、ブラジル代表のWBC本戦初出場に貢献した。

2013年には、レギュラーシーズン開幕前の3月に催された第3回WBCの本戦に、ブラジル代表として出場[8]3月2日には、日本代表との1次ラウンド第1戦に先発した[9]。しかし、レギュラーシーズンでは一軍公式戦への登板機会がなく、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[10]

ブラジルのアマチュア球界時代編集

2014年は、母国・ブラジルへ戻り、アマチュアチーム「ニッポン・ブルージェイズ」でプレーし、アメリカやメキシコ、ベネズエラのチームからの連絡を待つと報じられた[11]

四国アイランドリーグ時代編集

2015年3月10日に、日本独立リーグである四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツラファエル・ポロと共に入団した事が発表された[12]11月26日に自由契約選手として公示されたことを機に退団[13]

日本のクラブチーム時代編集

2016年には、山梨県を拠点に活動を開始したクラブチームのシンセリティー硬式野球部に所属[14]。その一方で、野球ブラジル代表の一員として、2017 ワールド・ベースボール・クラシック予選に出場した。代表チームが予選4組で敗退したことから、10月に再び来日したが、本人曰く「行き場がなくなってしまっていた」という理由で退部。事実上の現役引退を余儀なくされた[1]

現役引退後編集

シンセリティー硬式野球部からの退部後は、野球とは無関係の仕事に就きながら、現役復帰を目指して自主トレーニングを続けていた[1]

2017年のシーズン途中に、白鴎大学時代の教授・栗山英樹が一軍監督を務める北海道日本ハムファイターズからの打診を受けて、球団職員として入団。母国のブラジルの公用語がポルトガル語でありながら、スペイン語を流暢に話せることから、スペイン語が公用語の国で出生した外国人選手(キューバ出身のヤディル・ドレイクなど)の通訳を務めた。

その一方で、日本ハム球団への採用後も、現役復帰に向けたトレーニングを継続[1]2017年シーズン終了後の11月15日には、ブラジル代表のユニフォーム姿でマツダスタジアム12球団合同トライアウトに参加すると、対戦した4人の打者をいずれも無安打に抑えた[15]

プレースタイル編集

最速151km/hのストレートが武器。変化球の持ち球は、カットボールスライダーカーブチェンジアップなど。

人物・エピソード編集

ブラジル国籍しか保有していないが、日本の教育機関で規定年数以上の教育を受けた(白鴎大学に4年間在籍)ことから、NPBでは外国人枠の適用外とされ、日本人選手として登録されていた。

母国語のポルトガル語のほか、スペイン語や日本語も流暢に話せる。日本語は白鴎大学への入学を機に来日してから徐々に習得。スペイン語はブラジル・ヤクルト野球アカデミー時代のコーチがキューバ出身だったことから身に付いたという[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 0.1 1 0 2 0 1 0 1 0 2 2 54.00 10.00
2012 9 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 61 12.2 15 2 9 0 1 4 0 0 10 10 7.11 1.90
通算:2年 10 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 66 13.0 16 2 11 0 2 4 1 0 12 12 8.31 2.08

記録編集

NPB
  • 初登板:2011年8月6日、対阪神タイガース7回戦(京セラドーム大阪)、8回裏に3番手で救援登板、1/3回2失点
  • 初奪三振:2012年6月29日、対阪神タイガース6回戦(明治神宮野球場)、4回表に新井貴浩から空振り三振
  • 初勝利:2012年7月1日、対阪神タイガース8回戦(明治神宮野球場)、6回表に3番手で救援登板、1回無失点

独立リーグでの投手成績編集












































2015 愛媛 3.15 14 0 2 0 0 0 0 34.1 150 28 2 27 22 1 13 12 4 0
通算:1年 3.15 14 0 2 0 0 0 0 34.1 150 28 2 27 22 1 13 12 4 0

背番号編集

  • 115 (2009年 - 2011年6月16日)
  • 66 (2011年6月17日 - 2013年)
  • 45 (2015年)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e “元ヤクルトのブラジル代表右腕、通訳で新たな挑戦…現役復帰の夢も”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年7月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/14/kiji/20170714s00001173086000c.html 2017年7月14日閲覧。 
  2. ^ 「ウイニングボールは父に」 フェルナンデスがプロ初勝利”. サンパウロ新聞 (2012年7月13日). 2012年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c 左利きの右腕フェルナンデス初勝利「野球は右でやるものだと…」”. スポニチ Sponichi Annex (2012年7月2日). 2012年7月2日閲覧。
  4. ^ “育成ドラ1フェルナンデス『友人のために』”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2008年11月8日). オリジナル2009年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090316022152/http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/11/08/16.html 2008年11月8日閲覧。 
  5. ^ “WBC伯国代表決定 日系12人を含む28人”. サンパウロ新聞. (2012年12月9日). http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11249/menu/19/cat/8 2013年10月閲覧。 
  6. ^ 2012 Qualifier Roster[リンク切れ] WBC公式サイト 英語 2015年3月17日閲覧
  7. ^ Monday, November 19, 2012 Brazil 1, Panama 0 WBC公式サイト (英語) (2012年11月19日) 2015年3月17日閲覧
  8. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年3月17日閲覧
  9. ^ Saturday, March 2, 2013 Japan 5, Brazil 3 WBC公式サイト 英語 (2013年3月2日) 2015年3月17日閲覧
  10. ^ 来季の契約について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  11. ^ “【セカンドチャレンジ(3)】燕・フェルナンデス元投手、母国ブラジルで現役続行”. サンスポ SANSPO.COM. (2012年12月12日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131212/swa13121205000000-n1.html 2013年12月13日閲覧。 
  12. ^ “新入団選手のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ・オフィシャルサイト. (2015年3月10日). http://www.m-pirates.jp/news/entry/2015/03/007549.php 2015年3月10日閲覧。 
  13. ^ “退団選手のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ・オフィシャルサイト. (2015年11月26日). http://www.m-pirates.jp/news/entry/2015/11/008456.php 2015年11月26日閲覧。 
  14. ^ “社会人野球 JABA山梨県春季大会開幕 シンセリティー初戦快勝/山梨”. 毎日新聞. (2016年4月16日). https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20160416/ddl/k19/050/189000c 2017年4月16日閲覧。 
  15. ^ “【トライアウト】元ヤクルト・フェルナンデス、4人を無安打「悔いはない」”. スポーツ報知. (2017年11月15日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171115-OHT1T50072.html 2017年11月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集