メインメニューを開く

ルノー・R23 (Renault R23) はルノーF12003年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーマイク・ガスコイン(テクニカルディレクター)、ティム・デンシャム(チーフデザイナー)、ジョン・イリー(チーフエアロダイナミシスト)によって設計された。

ルノー・R23
インディアナポリスでヤルノ・トゥルーリが ドライブするR23
カテゴリー F1
コンストラクター ルノー
デザイナー マイク・ガスコイン
先代 ルノー・R202
後継 ルノー・R24
主要諸元
シャシー カーボンファイバー アルミニウム ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) カーボンファイバー製トップ、ボトムウィッシュボーン インボード・チタニウムロッカー プッシュロッド
サスペンション(後) チタニウム製トップウィッシュボーン カーボンファイバー製ボトムウィッシュボーン
エンジン ルノー・RS23, ミッドエンジン 3.0リッター 111度 V10 NA
トランスミッション チタニウム 縦置き, 前進6速 + 後進1速
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム マイルドセブンルノーF1チーム
ドライバー 7. イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
8. スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16121
テンプレートを表示

R23編集

R23の肝は111°という革新的な広角バンクのエンジンにあった。このスペックを採用した最大の目的は、低重心化によるハンドリング性能向上であった。実際にコーナリングスピードはライバルを圧倒していたが、振動特性が足枷となって回転リミットが低く、最高出力も他チームに劣るものになってしまった。

しかし、この弱点が副次的に中速域トルクの増強、低燃費(=ピットストップ戦略の自由度が高まる、搭載重量が減らせる)といったメリットをもたらした。この集大成がハンガリーGPでのアロンソの初優勝である。

また、ルノーはシーズン中のテスト制限を受け入れる代わりに、金曜朝の特別走行枠への出走を選択。テストドライバーのアラン・マクニッシュを加えた3台体制で走行して、ミシュランタイヤのデータ収集に効果を挙げた。

シーズン後半戦はサイドポンツーン周辺をフェラーリ・F2003-GA風にシェイプアップしたR23Bを投入した。

2003年シーズン編集

ドライバーはヤルノ・トゥルーリとテストドライバーから昇格したフェルナンド・アロンソの組み合わせとなり、ワークス復帰2年目のシーズンに臨んだ。

第2戦マレーシアGPではアロンソが史上最年少でポールポジションを獲得し、トゥルーリと共にルノー復帰後初となるフロントロー独占を達成。決勝レースでも3位でフィニッシュして史上最年少で表彰台に登るなど、シーズン序盤から前年を上回る安定した成績を残した。

第11戦イギリスGPからR23Bを投入すると、第13戦ハンガリーGPで再びアロンソがポールポジションを獲得。決勝ではミハエル・シューマッハを周回遅れにする完璧な走りでポール・トゥ・ウィンを果たし、自身の最年少優勝記録を樹立するとともに、ワークス・ルノーに1983年オーストリアGP以来となる20年ぶりの優勝をもたらした。

結果、2003年シーズンはハンガリーGPでの1勝を含む5回の表彰台を獲得。コンストラクターズ・ランキングは2年連続で4位にとどまったが、獲得ポイントは88(2002年は23)と前年を大きく上回ることとなった。

スペック編集

シャーシ編集

  • シャシー名 R23
  • トレッド(前/後) 1,450mm/1,400mm
  • ホイールベース 3,100mm
  • 全長 4,600mm
  • 全幅 1,800mm
  • 全高 950mm
  • ブレーキキャリパー APレーシング
  • ブレーキディスク・パッド ヒトコ
  • クラッチ APレーシング
  • ギアボックス リバースギア付き6速セミオートマチック
  • ホイール O・Z
  • タイヤ ミシュラン

エンジン編集

結果編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
2003 7   ヤルノ・トゥルーリ 5 5 8 13 Ret 8 6 Ret Ret Ret 6 3 7 Ret 4 5 88 4位
8   フェルナンド・アロンソ 7 3 3 6 2 Ret 5 4 4 Ret Ret 4 1 8 Ret Ret

太字はポールポジション、斜体字はファステストラップ

  • ドライバーズランキング
    • ヤルノ・トゥルーリ 8位
    • フェルナンド・アロンソ 6位