メインメニューを開く

レイ・デイヴィス CBERay Davies CBE1944年6月21日 - )は、イギリスのミュージシャン。キンクスのリード・ボーカルおよび作曲家としてよく知られる。

レイ・デイヴィス
Ray Davies
Ray Davies 1 (cropped).jpg
レイ・デイヴィス(1985年)
基本情報
出生名 レイモンド・ダグラス・デイヴィス(Raymond Douglas Davies)
生誕 (1944-06-21) 1944年6月21日(74歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン フォーティス・グリーン
ジャンル ロックポップ
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターハーモニカキーボードピアノ
活動期間 1963年 - 現在
共同作業者 キンクス
公式サイト raydavies.info
著名使用楽器
Fender Telecaster
レイ・デイヴィス(2006年)

目次

生い立ち編集

レイ・デイヴィスは1944年、ロンドンのマスウェル・ヒルに生まれる。7人兄弟の6番目であり、上の5人は全て姉であった。弟はキンクスのリード・ギタリストデイヴ・デイヴィス

彼はしばしば「躁鬱的」だと評される。彼と弟のデイヴとの関係は愛憎入り交じった激しい物である。彼の音楽的才能は高く評価されたが、ひどく個人的で気むずかしいという評判は、音楽業界における長期間の対立と疎外が繰り返される結果となった。

1983年にレイは当時のガールフレンド、プリテンダーズクリッシー・ハインドとの間に娘(ナタリー・レイ)をもうけた。ちなみに彼は3回結婚し、4人の娘がいる。

2004年1月4日、レイはルイジアナ州ニューオーリンズフレンチ・クオーターで買い物中に友人の財布を奪われ、犯人を追いかけた際に脚を撃たれ負傷した。

2004年3月17日、エリザベス2世により大英帝国勲章第三位が授与された。

2016年12月31日、ナイトの爵位を授与された。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • Return to Waterloo (1985年)
  • 『ストーリーテラー: X-Ray』 - The Storyteller (1998年)
  • 『アザー・ピープルズ・ライヴズ』 - Other People's Lives (2006年)
  • 『ワーキング・マンズ・カフェ』 - Working Man's Cafe (2007年)
  • 『アメリカーナ』 - Americana (2017年)
  • 『アワ・カントリー: アメリカーナ第二幕』 - Our Country: Americana Act II (2018年)

コラボレーション・アルバム編集

  • 『ザ・キンクス・コーラル・コレクション』 - The Kinks Choral Collection (2009年) ※with the Crouch End Festival Chorus
  • 『シー・マイ・フレンズ』 - See My Friends (2010年) ※with Various Artists

コンピレーション・アルバム編集

  • Collected (2009年)
  • Waterloo Sunset — The Very Best of The Kinks and Ray Davies (2012年)

映像作品編集

  • Return to Waterloo (1985年)
  • Weird Nightmare (1991年)
  • Visions of England (1998年)

小説編集

  • 『エックス・レイ』 - X-Ray (1994年)
  • Waterloo Sunset (1997年)
  • Americana (2013年)

キンクス編集

詳しくは「キンクスの作品」を参照

日本公演(キンクスは除く)編集

外部リンク編集