メインメニューを開く

ロック 〜わんこの島〜

ロック 〜わんこの島〜』(ロック〜わんこのしま〜)は、2011年公開の日本映画

ロック 〜わんこの島〜
監督 中江功
脚本 水橋文美江
鈴木智
製作 亀山千広
製作総指揮 高橋正秀
甘木モリオ
角谷公英
出演者 佐藤隆太
麻生久美子
土師野隆之介
音楽 吉俣良
主題歌 小田和正「hello hello」
撮影 津田豊滋
編集 松尾浩
製作会社 シネバザール
配給 東宝
公開 日本の旗 2011年7月23日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8億6000万円[1]
テンプレートを表示

文部科学省選定作品[2]。キャッチコピーは、離れていても、つながってるんだ。

目次

ストーリー編集

「人間は忘れる動物だ。1時間後に半分、1週間後にはまたその半分を忘れる」。

東京から船で6時間半の太平洋に浮かぶ小さな島、三宅島で民宿「たいよう」を営む野山一家。小学生の芯(土師野隆之介)は、ここで父・松男(佐藤隆太)、母・貴子(麻生久美子)と共に暮らしている。母は「この島は生きている」という。祖母・房子(倍賞美津子)は「すべてが自然の贈り物で太陽だけが知っている」という。

おばあちゃん犬のハナから生まれたばかりの子犬をロックと名づけ、愛情を注いで育てる。父は「20年に一度くらい噴火が起きる」と客たちに話していたが、2000年8月、三宅島・雄山が大噴火を起し、島外避難をすることになる。その矢先、ロックがいなくなってしまう。慣れない東京での避難生活が始まり、必ず島に帰る、ロックは生きている、という希望を胸に一家は毎日を懸命に生きていく。ある日、芯たちは噴火災害動物救護センターでロックと奇跡の再会を果たす。しかし、避難住宅では犬は飼えない。ロックは次第に体調を崩し弱っていく。父は島の様子を見に行っている間に友だちが急死。さまざまな不安と葛藤の中、芯はロックを新しい飼い主に引き渡すことにする。

家族にも帰れない焦燥感が生まれる。4年経って避難指示解除が出るが、父親がしたロックを返してもらう約束を果たすと、ロックはしっかりと覚えていた。ロックとも一緒に帰り、復興を誓う。

キャスト編集

スタッフ編集

エピソード編集

関連商品編集

  • ロック 〜わんこの島〜(小学館ジュニアシネマ文庫) 同名映画の小説版
  • ロック 〜わんこの島〜(著:なぎり京・小学館ちゃおコミックス) 同名映画のコミカライズ版

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 206頁
  2. ^ 映像作品等選定一覧(平成23年7月)”. 文部科学省. 2016年4月1日閲覧。
  3. ^ 映画「ロック」を両陛下がご鑑賞 - 産経新聞(MSN産経ニュース)、 2011年8月15日閲覧。(2011年12月10日時点のアーカイブ

外部リンク編集