メインメニューを開く

ロベルト・ペレスRoberto Pérez, 1988年12月23日 - )は、プエルトリコマヤグエス出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBクリーブランド・インディアンス所属。

ロベルト・ペレス
Roberto Pérez
クリーブランド・インディアンス #55
Roberto Pérez, 2015.jpg
2015年5月23日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区マヤグエス
生年月日 (1988-12-23) 1988年12月23日(30歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト33巡目(全体1011位)でクリーブランド・インディアンスから指名
初出場 2014年7月10日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
男子 野球
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

愛称はベボ[1]

経歴編集

プロ入り前編集

2006年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから29巡目(全体863位)指名されたが、フロリダ・ゲートウェイ・コミュニティカレッジへ進学した。

インディアンス時代編集

2008年MLBドラフトクリーブランド・インディアンスから33巡目(全体1011位)指名され、契約を結びプロ入りを果たした。

2009年、A-級マホニングバレー・スクラッパーズでプロデビュー。4試合に出場した。6月からルーキー級アリゾナリーグ・インディアンスでプレー。34試合に出場し、3本塁打31打点4盗塁、打率.351だった。8月にA級レイクカウンティ・キャプテンズへ昇格。17試合に出場し、打率.214だった。

2010年はA級レイクカウンティで118試合に出場し、6本塁打38打点1盗塁、打率.217だった。

2011年はA+級キンストン・インディアンスで94試合に出場し、2本塁打30打点1盗塁、打率.225だった。

2012年はAA級アクロン・エアロズで95試合に出場し、1本塁打31打点、打率.212だった。

2013年はAA級アクロンとAAA級コロンバス・クリッパーズでプレー。AAA級では67試合に出場し、24打点、打率.176だった。この年はベル麻痺を患っていた[2]

2014年はAAA級コロンバスで開幕を迎え、53試合に出場。8本塁打43打点1盗塁、打率.305と結果を残し、7月8日にインディアンスとメジャー契約を結んだ[3]。7月10日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。9番・捕手として先発起用され、7回裏の第3打席にデビッド・フェルプスからメジャー初安打となる左前打を記録。4打席目にはジム・ミラーから初打点となる2点本塁打を放った。この日は3打数2安打2打点1四球だった[4]。メジャー1年目のシーズンは控え捕手として29試合に出場し、打率.271、1本塁打、4打点を記録した。

2015年は、ヤン・ゴームスが離脱していた時期もあった為、70試合に出場して打率.228・7本塁打・21打点・OPS0.751を記録した。

2016年、前年と同じくゴームスの長期離脱があり、61試合に出場。打撃面では打率.183・3本塁打・17打点・OPS0.579に留まった。

2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プエルトリコ代表に選出された[5]3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[6]

2018年は62試合の出場で、キャリアワーストの打率.168、2本塁打、19打点だった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 CLE 29 95 85 10 23 5 0 1 31 4 0 0 5 0 5 0 0 26 2 .271 .311 .365 .676
2015 70 226 184 30 42 9 1 7 74 21 0 0 5 2 33 1 2 64 9 .228 .348 .402 .751
2016 61 184 153 14 28 6 1 3 45 17 0 0 5 3 23 0 0 44 4 .183 .285 .294 .579
2017 73 248 217 22 45 12 0 8 81 38 0 1 4 1 26 0 0 71 4 .207 .291 .373 .664
2018 62 210 179 16 30 9 1 2 47 19 1 0 7 2 21 0 1 70 6 .168 .256 .263 .519
MLB:5年 295 963 818 92 168 41 3 21 278 99 1 1 26 8 108 1 3 275 25 .205 .298 .340 .638
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手(C)




















2014 CLE 29 217 24 3 2 .988 1 14 8 .364
2015 69 568 42 4 2 .993 4 25 18 .419
2016 61 476 29 2 3 .996 3 13 13 .500
2017 71 664 33 2 6 .997 5 17 13 .433
2018 58 538 26 5 3 .991 3 27 9 .250
通算 288 2463 154 16 16 .991 16 96 61 .389
  • 2018年度シーズン終了時

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Explaining Indians Players Weekend names MLB.com (英語) (2017年8月26日) 2017年9月15日閲覧
  2. ^ Jordan Bastian (2014年4月27日). “Prospect Perez played through Bell's palsy”. MLB.com. 2014年7月12日閲覧。
  3. ^ Jordan Bastian, Alec Shirkey (2014年7月8日). “Indians call up catcher Perez from Triple-A”. MLB.com. 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ Scores for Jul 10, 2014”. ESPN MLB (2014年7月10日). 2014年7月12日閲覧。
  5. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  6. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集