メインメニューを開く

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚バウホール初演[7]参考。

イタリアからの移民・ルディーはシナリオライターのジューンに見いだされて大スターとなり、デザイナーのナターシャと結婚する。ショックを受けたジューンは姿を消し、そうなって初めて彼女への愛を確認したルディーだが、時すでに遅く彼は短い生涯を閉じるのであった。映画スターのルドルフ・ヴァレンチノの恋愛を扱った作品。

小池修一郎の演出家デビュー作品。

公演記録編集

1986年雪組
4月19日から5月5日まで宝塚バウホール[1]にて公演。
形式名は「バウ・ミュージカル[1]」、2幕[7]、副題は「愛の彷徨(さすらい)[1]」。
1992年・雪組
8月22日から9月5日まで宝塚バウホール[2]にて公演。
形式名は「バウ・ミュージカル[2]」、2幕[8]
1993年・雪組
1月19日から1月29日まで東京・日本青年館[3]にて公演。
2月1日から2月9日まで名古屋・中日劇場[3]にて公演。
形式名は「バウ・ミュージカル[3]」、2幕[8]
2011年・宙組
3月8日(火)から3月20日(日)まで大阪・シアター・ドラマシティにて公演[4]
3月26日(土)から4月2日(土)まで東京・日本青年館にて公演予定であった[5]。 *東日本大震災のため中止になった。
8月13日(土)から8月19日(金)まで東京・日本青年館にて公演[6]
形式名は「ミュージカル[9]」、2幕[9]

スタッフ編集

1986年(スタッフ)編集

1992年(スタッフ)編集

1993年(スタッフ)編集

2011年(スタッフ)編集

  • 作曲・編曲:吉崎憲治
  • 振付:AYAKO桜木涼介
  • 装置:大橋泰弘
  • 衣装:有村淳
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:大坪正仁
  • 小道具:伊集院撤也
  • イタリア語指導:マッテオ・レッキア・トーニ
  • 歌唱指導:楊淑美
  • 演出助手:生田大和
  • 録音演奏:宝塚ニューサウンズ
  • 制作:中西達也

出演者一覧(2011年)編集

主な配役編集

1986年(主な配役)編集

1992年(主な配役)編集

1993年(主な配役)編集

※下記のデータは青年館・中日劇場共通。

  • ルドルフ・ヴァレンチノ - 杜けあき[3]
  • ジューン・マシス - 紫とも[3]
  • ナターシャ・ラムボア - 高嶺ふぶき[3]
  • デソウル - 海峡ひろき[3]
  • ジョージ・ウルマン - 古代みず希[3]
  • アラ・ナジモヴァ - 邦なつき[3]
  • ラスキー - 箙かおる[3]
  • テックス・ギナン - 京三紗[3]

2011年(主な配役)編集

※下記のデータはドラマシティ・青年館共通。

  • ルドルフ・ヴァレンチノ(ルディー) - 大空祐飛[13][14][15]
  • ジューン・マシス - 野々すみ花[13][14][15]

脚注編集

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク編集