メインメニューを開く

ヴィンチェンツォ・イアクインタ

イタリアのサッカー選手

ヴィンチェンツォ・イアクインタVincenzo Iaquinta, 1979年11月21日- )は、イタリアカラブリアクロトーネ出身の元サッカー選手。元イタリア代表。ポジションはフォワード。なお、姓名の表記には揺れがある(表記参照)。

ヴィンチェンツォ・イアクインタ Football pictogram.svg
Vincenzo Iaquinta.jpg
名前
ラテン文字 Vincenzo IAQUINTA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1979-11-21) 1979年11月21日(39歳)
出身地 クロトーネ
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 イタリアの旗 レッジョーロ 33 (6)
1998 イタリアの旗 パドヴァ 13 (3)
1998-2000 イタリアの旗 カステル・ディ・サングロ 52 (8)
2000-2007 イタリアの旗 ウディネーゼ 176 (58)
2007-2013 イタリアの旗 ユヴェントス 88 (30)
2012 イタリアの旗 ACチェゼーナ (loan) 7 (1)
代表歴2
1999-2000 イタリアの旗 イタリア U-20 5 (1)
2001-2002 イタリアの旗 イタリア U-21 10 (1)
2005-2010 イタリアの旗 イタリア 37 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年1月31日現在。
2. 2010年6月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

略歴編集

クラブ編集

長くウディネーゼのエースストライカーを務めた実力者。2002-03シーズンに7ゴールを挙げ、チーム内の得点王になると一気にブレイクした。翌年からはリーグの得点王争いにも顔を出すようになる。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグデビュー戦となるオリンピアコス戦でハットトリックを達成。

2007年5月24日、セリエAへ復帰したユヴェントスFCへ移籍。加入から数年間は貴重なゴールを挙げるなど活躍していたが、2009-10シーズンからの3年間は怪我に悩まされていた。2011年アントニオ・コンテの監督就任以降は構想から外れるようになり、2012年1月31日チェゼーナに半年間のレンタル移籍。 2012-13シーズンは背番号9を剥奪され、一度もトップチームでプレーする機会はなかった。

2013年7月22日、ユヴェントスFCとの契約が切れるに伴い現役引退を発表した[1]

代表編集

U-21イタリア代表にも招集されていたが、当時はレギュラーではなくエミリアーノ・ボナッツォーリの控えだった。

2006 FIFAワールドカップでは、グループリーグ第1節のガーナ戦で代表初ゴールを決めるなど、フォワードの控えとしてイタリアの4度目の優勝に貢献した。

UEFA EURO 2008には大会前に負った怪我が原因で招集されなかった。

2010 FIFAワールドカップには招集され、グループリーグ全3試合にフル出場した。第2節のニュージーランド戦ではPKにより得点を奪った[2]

引退後編集

2015年12月、銃器の違法所持とカラブリアマフィアへの援助の疑いにより父親と共に起訴された[3]

2018年10月31日レッジョ・エミリアの裁判所から自身は禁固2年、父親は禁固19年の判決を言い渡された[4]。自身の判決は銃器の違法所持によるもので、マフィアへの援助は認められなかった[3]

個人成績編集

シーズン チーム リーグ 国内カップ戦 欧州カップ戦 国際カップ戦 合計
リーグ 試合 得点 大会 試合 得点 大会 試合 得点 大会 試合 得点 試合 得点
1996-97 レッジョーロ D 14 1 CI-D ? ? - - - - - - 14 1
1997-98 D 19 5 CI-D ? ? - - - - - - 33 6
1998 パドヴァ B 13 3 CI 0 0 - - - - - - 13 3
1998-99 カステル・ディ・サングロ C1 25 3 CI 3 0 - - - - - - 28 3
1999-00 C1 27 5 CI-C ? ? - - - - - - 27 5
2000-01 ウディネーゼ A 14 2 CI 2 0 UC 0 0 - - - 16 2
2001-02 A 22 2 CI 4 1 - - - - - - 26 3
2002-03 A 26 7 CI 2 1 - - - - - - 28 8
2003-04 A 29 11 CI 2 0 UC 1 0 - - - 32 11
2004-05 A 31 13 CI 6 2 UC 2 0 - - - 39 15
2005-06 A 24 9 CI 1 1 UCL+UC 7+2 7+0 - - - 34 17
2006-07 A 30 14 CI 0 0 - - - - - - 30 14
2007-08 ユヴェントス A 24 8 CI 5 4 - - - - - - 29 12
2008-09 A 28 12 CI 3 0 UCL 7 3 - - - 38 15
2009-10 A 15 6 CI 0 0 UCL 3 1 - - - 16 7
2010-11 A 20 4 CI 1 0 UEL 3 2 - - - 24 6
合計 361 104 31 9 25 13 418 127

表記の揺れ編集

姓「Iaquinta」の発音は「ヤクウィンタ」が近いが、慣例的にイタリア語の"ia"は「イア」と記す事が多く、「qui」の部分はIPA:[kwi](クウィ)だが、「クィ」や「クイ」が当てられる。このため、「イアクインタ」「イアクィンタ」「ヤクィンタ」などと表記される。

なお、ドイツW杯の際にNHKはイアキンタと表記した。名の揺れはヴィンチェンツォ#表記の揺れを参照。

脚注編集

  1. ^ Parla Iaquinta: «Macché tossico, ho sofferto» - Juventus / Serie A / Calcio - Tuttosport”. web.archive.org (2016年3月4日). 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ FIFA.com. “2010 FIFA World Cup South Africa™ - Teams - Italy” (英語). FIFA.com. 2019年1月4日閲覧。
  3. ^ a b Iaquinta sentenced to prison | Football Italia”. www.football-italia.net. 2019年1月12日閲覧。
  4. ^ 共同通信 (2018年11月1日). “サッカー元伊代表FWに禁錮2年 イアクインタ氏 - 共同通信 | This Kiji” (日本語). 共同通信. 2019年1月12日閲覧。