メインメニューを開く

一円紙幣(いちえんしへい)は、日本銀行券(日本銀行兌換銀券を含む)の1つ。

概要編集

日本銀行券の一円紙幣には、旧一円券、改造一円券、い号券、A号券の4種類が存在する。戦前・戦中そして終戦直後(昭和20年まで)に発行された紙幣のほとんどは金本位制の廃止や新円切替などによって失効しているが、日本銀行発行の一円紙幣に限り、発行された全てが現在も有効券となっている。ただし兌換銀券は額面一円の不換紙幣として使用できる。

旧一円券編集

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 大黒
  • 裏面 彩紋
  • 寸法 縦78mm、横135mm
  • 発行開始日 1885年明治18年)9月8日
  • 支払停止日 1958年昭和33年)10月1日(それよりかなり以前に事実上発行は停止されていたと推測される)
  • 発行終了
  • 有効券

大黒天が描かれていることから「大黒札」と呼ばれている。図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネである。 発行から130年以上経た現在も有効である。日本の有効な貨幣(紙幣・硬貨合わせて)のなかで最古。「兌換銀券」と書かれているものの、現在では不換紙幣としての扱いになるため、銀貨と交換することはできない。「日本銀行券」の文字の透かし(横書きで右から左に読む)がある。日本語と英語で兌換文言が書かれている(此券引きかへ尓銀貨壹圓相渡可申候也 NIPPON GINKO Promises to Pay the Bearer on Demand 1 Yen in Silver)。記番号は漢数字となっている。法的には有効であり法貨として額面である1円の価値が保証されている。古銭的価値は、法貨としての額面価値を上回っており、数千円から数万円以上で取引されている。

改造一円券編集

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 武内宿禰
  • 裏面 一円銀貨
  • 寸法 縦85mm、横145mm
  • 発行開始日 1889年(明治22年)5月1日
  • 支払停止日 1958年(昭和33年)10月1日
  • 発行終了
  • 有効券

大黒旧券には紙幣の強度を高めるためにこんにゃくが混ぜられ、そのためネズミに食害されることが多々あったためにこの一円紙幣を含めた「改造券」が発行された。表面には日本語で、裏面には英語で兌換文言が書かれている(此券引きかへ尓銀貨壱圓相渡可申候也 NIPPON GINKO Promises to Pay the Bearer on Demand One Yen in Silver)当初は記番号が漢数字だったが1916年からはアラビア数字となった。黒透かしが採用されている。1897年に銀本位制から金本位制に移行したが、兌換されるべき1円金貨が製造されなかったので、金本位制の下では、金本位制にはそぐわなかったものの、い号券の登場までこの改造一円券が事実上の不換紙幣としてそのまま使用され続けた。古銭収集界での通称としては、記番号の表記から漢数字表記のもの(前期タイプ)を「漢数字1円」、アラビア数字表記のもの(後期タイプ)を「アラビア数字1円」と呼ぶ。「兌換銀券」と書かれているものの、現在では不換紙幣としての扱いになるため、銀貨と交換することはできない。法的には有効であり法貨として額面である1円の価値が保証されている。漢数字記番号のものは古銭的価値が評価され、数千円から1万円以上の値がつくことがある。

い号券編集

時代は第二次世界大戦に突入し、あらゆるものが戦争に駆り出され紙幣もコスト削減から粗悪な作りになっていった。1944年からは通し番号が省略され記号(組番号)のみの表記となった。通称は「中央武内1円」である。通し番号が表記されている前期タイプについては、通し番号は基本的に900000までであったが、不良券との差し替え用に900001以降の通し番号が印刷された補刷券が存在する。

A号券編集

民間によってデザインされ、大日本印刷凸版印刷などの民間企業でも印刷された。透かしが入っていない。1948年に戦後初の一円硬貨として一円黄銅貨が発行されたが、その後もA一円券の製造は続けられた。ちなみにその一円黄銅貨は1953年小額通貨整理法により通用停止となったため、一円の貨幣は一円紙幣のみとなった。そして1955年の現行一円アルミ貨の発行後、1956年にA一円券の製造が中止され、1958年にA一円券の日本銀行からの支払いが停止された。

透かし編集

関連項目編集

外部リンク編集