一円紙幣

日本の紙幣

一円紙幣(いちえんしへい)は、日本銀行券(日本銀行兌換銀券を含む)の1つ。

概要編集

日本銀行券の一円紙幣には、旧一円券、改造一円券、い号券、A号券の4種類が存在する。戦前・戦中そして終戦直後(1945年(昭和20年)まで)に発行された紙幣のほとんどは兌換銀行券整理法新円切替などによって失効しているが、日本銀行発行の一円紙幣に限り、発行された全てが現在も有効券となっている。新円切替の際にも切替の対象外とされ、新円として扱われ効力を維持した。これは1円が日本における基本通貨単位であることへの配慮に基づくとされている。ただし兌換銀券は現在額面一円の不換紙幣として使用できる(銀貨との交換はできない)。紙幣券面の表記は『壹圓』で、現在有効な日本銀行券の中では最小額面である。

1円は現在の日本の現金の最小単位なので、損傷紙幣として一円紙幣を日本銀行に持ち込んだ場合は、1円として交換されるのは全額交換相当(面積が元の2/3以上)の場合のみで、半額交換相当(面積が元の2/5以上2/3未満)の場合であっても失効となる。

旧一円券編集

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 大黒像、一円銀貨
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉日本銀行総裁之章、文書局長(割印) 〈裏面〉金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦78mm、横135mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1885年明治18年)7月 - 1888年(明治21年)[1]
  • 製造枚数 45,117,000枚[1]
  • 発行開始日 1885年(明治18年)9月8日
  • 支払停止日 1958年昭和33年)10月1日(それよりかなり以前に事実上発行は停止されていたと推測される)
  • 発行終了
  • 有効券

表面に大黒天が描かれていることから「大黒札」と呼ばれている。小槌を手にした大黒天がの上に腰かけている様子が描かれており、米俵の側には3匹のがあしらわれている。また兌換対象の一円銀貨の図柄のレリーフ模様、ならびに日輪とそこから放射状に延びる光線状の模様が表面の地模様としてあしらわれている。図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネである。日本語と英語で兌換文言が書かれている(此券引きかへ尓銀貨壹圓相渡可申候也 NIPPON GINKO Promises to Pay the Bearer on Demand 1 Yen in Silver)。表面は全体的に発行当時の写真複製技術では再現困難な薄い青色で印刷されている。

記番号は漢数字となっており、組番号の範囲は「第壹號」~「第五貳號」で、最大通し番号は「九〇〇〇〇〇」である(ただし「第四壹號」以降は通し番号に欠番がある)。

「日本銀行券」の文字の透かし(横書きで右から左に読む[注 1])がある。

日本の現在法律上有効な貨幣(紙幣・硬貨合わせて)の中で最古。「兌換銀券」と書かれているものの、現在では不換紙幣としての扱いになるため、銀貨と交換することはできない。発行から130年以上経た現在も法的には有効であり、法貨として額面である1円の価値が保証されている。

古銭的価値は、法貨としての額面価値を上回っており、数千円から数万円以上で取引されているため、現在通貨としては事実上流通していない。

印章は表面が「日本銀行総裁之章」(篆書・日銀マークの周囲に文字)と「文書局長」(隷書・文字の周囲に竜の模様・割印)、裏面が「金庫局長」(隷書・文字の周囲に竜の模様)となっており、 現在法律上有効な日本銀行券のうち、現行の「総裁之印」の印章が印刷されていない唯一の紙幣でもある。

改造一円券編集

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 武内宿禰(紙幣面の人名表記は「武内大臣」)
  • 裏面 一円銀貨
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 赤色
  • 寸法 縦85mm、横145mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1889年(明治22年)1月 - 1942年(昭和17年)7月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 135,000,000枚(記番号:漢数字)
    • 264,000,000枚(記番号:アラビア数字)
  • 発行開始日 1889年(明治22年)5月1日
  • 支払停止日 1958年(昭和33年)10月1日
  • 発行終了
  • 有効券

大黒旧券には紙幣の強度を高めるためにこんにゃくが混ぜられ、そのためネズミに食害されることが多々あり、またインキが温泉地で黒変することもあったためにこの一円紙幣を含めた「改造券」が発行された。武内宿禰の肖像が表面右側に描かれており、兌換対象の一円銀貨の図柄が、表面の地模様と裏面の両方にあしらわれている。表面には日本語で、裏面には英語で兌換文言が書かれている(此券引きかへ尓銀貨壱圓相渡可申候也 NIPPON GINKO Promises to Pay the Bearer on Demand One Yen in Silver)。偽造変造罰則文言が表面下部の2ヶ所に印刷されているのも特徴的である。

当初は記番号が漢数字だったが1916年(大正5年)8月15日発行分[2]からはアラビア数字となった。古銭収集界での通称としては、記番号の表記から漢数字表記のもの(前期タイプ)を「漢数字1円」、アラビア数字表記のもの(後期タイプ)を「アラビア数字1円」と呼ぶ。1組につき90万枚、最大通し番号は「九〇〇〇〇〇」「900000」である。

改造一円券の変遷の詳細および組番号の範囲を下表に示す。

通称 組番号範囲 発行開始 組番号表記 通し番号表記
漢数字1円 「第壹號」~「第壹五〇號」 1889年(明治22年)5月1日 漢数字 漢数字
アラビア数字1円 151~446[注 2] 1916年(大正5年)8月15日 アラビア数字 アラビア数字

黒透かしが採用されており、「銀貨壹圓」の文字との図柄が確認できる。

1897年(明治30年)10月に銀本位制から金本位制に移行したが、兌換されるべき1円金貨が製造されなかったので、金本位制の下では、金本位制にはそぐわなかったものの、1943年(昭和18年)12月のい号券の登場まで50年以上にわたって製造が続けられ、この改造一円券が事実上の不換紙幣としてそのまま使用され続けた。日本銀行券のうち、最も長期間にわたり発行され続けた紙幣でもある。「兌換銀券」と書かれているものの、現在では不換紙幣としての扱いになるため、銀貨と交換することはできない。法的には有効であり法貨として額面である1円の価値が保証されている。漢数字記番号のものは古銭的価値が評価され、数千円から1万円以上の値がつくことがある。また現在法律上有効な日本銀行券のうち、篆書体による「文書局長」「金庫局長」の印章が印刷されている唯一の紙幣でもある。また現在法律上有効な日本銀行券のうち、日本銀行兌換銀券である旧一円券と改造一円券の2種には、現行紙幣にある「発券局長」の印章が印刷されていない。

い号券編集

  • 日本銀行券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 武内宿禰
  • 裏面 宇倍神社拝殿
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 大日本帝國印刷局製造
  • 記番号色 赤色(記番号)/赤色(記号のみ)(製造時期により2種類あり)
  • 寸法 縦70mm、横122mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1943年(昭和18年)12月 - 1946年(昭和21年)3月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 30,000,000枚(記番号)
    • 31,684,000枚(記号のみ)
  • 発行開始日 1943年(昭和18年)12月15日
  • 支払停止日 1958年(昭和33年)10月1日
  • 寸法 縦70mm、横122mm
  • 発行終了
  • 有効券

事実上有名無実化していた金本位制1942年(昭和17年)5月に正式に廃止され、管理通貨制度に移行したことに伴い不換紙幣として発行された。また、時代は第二次世界大戦に突入し、あらゆるものが戦争に駆り出され紙幣もコスト削減から粗悪な作りになっていった。長らく製造が続けられた改造一円券と比較して大幅に小型化し、図案も簡略化されたものとなっている。通称は「中央武内1円」である。

表面中央に八稜鏡の輪郭で囲まれた武内宿禰の肖像が描かれているが、印刷方式が簡易なもの(凸版印刷)に変更されたことの影響もあり、これまでに発行された紙幣の肖像と比較すると粗い画線で描かれている。上方の輪郭部分には瑞雲、その他の輪郭部分には宝相華や唐草模様、四隅には菊葉があしらわれており、地模様には花菱模様、小葵紋、宝相華が描かれている。印刷工程の簡略化のため、印章も「総裁之印」・「発券局長」の両方が表面に印刷されている。裏面は中央に宇倍神社の拝殿が八稜鏡の輪郭の中に描かれており、上方に瑞雲、下方に宝相華が描かれている。

発行開始時の透かしの図柄と「壹圓」の文字。1944年(昭和19年)からは通し番号が省略され記号(組番号)のみの表記となり、1945年(昭和20年)頃からは透かしが白透かしによる桐のちらし透かしに簡略化された。

通し番号が表記されている前期タイプについては、通し番号は基本的に900000までであったが、不良券との差し替え用に900001以降の通し番号が印刷された補刷券が存在する。「日本貨幣カタログ」では通し番号が表記されている前期タイプが「不換紙幣1円」、通し番号が省略され記号(組番号)のみの表記となったもの(桐の図柄と「壹圓」の文字の透かしの中期タイプおよび桐のちらし透かしの後期タイプ)が「改正不換紙幣1円」の名称で紹介されている。

い一円券の変遷の詳細および組番号の範囲を下表に示す。下記の3タイプに分かれる。

通称 組番号範囲 発行開始 記番号仕様 透かし
不換紙幣1円 1~34 1943年(昭和18年)12月15日 赤・通し番号あり 桐・「壹圓」(白黒透かし・定位置)
改正不換紙幣1円 35~47 1944年(昭和19年)11月20日[3] 赤・通し番号なし 桐・「壹圓」(白黒透かし・定位置)
48~49 不明[注 3] 赤・通し番号なし 桐(白透かし・不定位置)

A号券編集

  • 日本銀行券
  • 額面 1円(壹圓)
  • 表面 二宮尊徳ニワトリ
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 記載なし
  • 記番号色 赤色(記号のみ)
  • 寸法 縦68mm、横124mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1946年(昭和21年)3月 - 1957年(昭和32年)3月[1]
  • 製造枚数 6,278,185,080枚[1]
  • 発行開始日 1946年(昭和21年)3月19日
  • 支払停止日 1958年(昭和33年)10月1日
  • 発行終了
  • 有効券

終戦直後の新円切替のため、民間企業の凸版印刷によってデザインされたA号券の一つで、このA一円券の当初の案は発行されたものとほぼ同一の図案で武内宿禰の肖像が入っていたが、武内宿禰は軍国主義のシンボルであり新紙幣の肖像として不適切との指摘がGHQによって出されたため、二宮尊徳に差し替えられて発行された[5]。表面右側には二宮尊徳の肖像、下部には雄鶏の他、甘薯蜜柑玉蜀黍といった食料を描いているが、これは当時の食糧難の時勢を反映した図柄である。なお、透かしは入っていない。印刷方式は、当初は両面とも平版印刷であったが、のちに両面とも凸版印刷に変更された。

他のA号券同様、大日本印刷や凸版印刷などの民間企業でも印刷された。記番号については、通し番号はなく記号のみの表記となっており、紙幣右上の1ヶ所にしか印刷されていない。記号の下2桁が製造工場を表しており、下表のとおり製造された9箇所の印刷所別に分類できる。

製造工場 記号下2桁
大蔵省印刷局滝野川工場 12
大蔵省印刷局酒匂工場 22
大蔵省印刷局静岡工場 32
大蔵省印刷局彦根工場 42
凸版印刷板橋工場 13
大日本印刷榎町工場 44
共同印刷小石川工場 15
東京証券印刷王子工場 16
東京証券印刷小田原工場 26

1948年(昭和23年)に戦後初の一円硬貨として一円黄銅貨が発行されたが、その後もA一円券の製造は続けられた。ちなみにその一円黄銅貨は1953年(昭和28年)の年末に小額通貨整理法により通用停止となったため、有効な一円の法定通貨は一円紙幣のみとなった。そして1955年(昭和30年)の現行一円アルミ貨の発行後、1956年(昭和31年)にA一円券の製造が中止され、1958年(昭和33年)にA一円券の日本銀行からの支払いが停止された。

使用色数は、表面3色(内訳は主模様1色、地模様1色、印章・記番号1色)、裏面1色となっている。

透かし編集

未発行紙幣編集

参考文献編集

  • 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月。ISBN 978-4-64-203845-4
  • 植村峻『日本紙幣の肖像やデザインの謎』日本貨幣商協同組合、2019年1月。ISBN 978-4-93-081024-3

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 厳密には1行1文字の縦書き
  2. ^ 記録上。実物が確認されているのは445組の通し番号13万番台まで。
  3. ^ 1945年(昭和20年)5月頃に発行開始されたとされる[4]。第二次世界大戦末期の混乱期であり、本来は官報公示をもって紙幣の様式変更を公布しなければならないところ、公示を行わないまま発行開始されているため正確な発行開始日は不詳。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月、242-255頁。ISBN 9784173121601
  2. ^ 大正5年(1916年)8月9日大蔵省告示第101号「明治十七年第十八號布告兌換銀行券條例ニ依リ日本銀行ヨリ發行スル兌換銀行券ノ内壹圓券ヲ改造シ本年八月十五日ヨリ發行ス」
  3. ^ 昭和19年(1944年)11月17日大蔵省告示第525号「昭和十九年十一月二十日ヨリ發行スベキ日本銀行券拾圓券、同五圓券及同壹圓券ノ樣式ヲ左記略図ノ通定メ從來ノ日本銀行券ト共ニ之ヲ併用ス」
  4. ^ 明治以降の紙幣 - 日本銀行金融研究所 貨幣博物館
  5. ^ 日本紙幣の肖像やデザインの謎
  6. ^ 日本銀行調査局『図録日本の貨幣 9 管理通貨制度下の貨幣』東洋経済新報社、1975年6月、210-214頁。

外部リンク編集