キリ

シソ目のキリ科 Paulowniaceae

キリ(桐、学名: Paulownia tomentosa)は、シソ目キリ科[注釈 1]キリ属落葉広葉樹。別名、キリノキともよばれ[2]漢語の別名として白桐、泡桐、榮がある。初夏に特徴的な淡紫色の花を咲かせる花木で知られる。日本における経済的価値は高く、林業の特用樹種である[3]。アメリカの国立公園では外来種として駆除の対象[4]。日本では軽くて狂いや割れも少ない材の特性を活かして、高級家具の桐箪笥や、琴、琵琶が作られる。

キリ
キリ
キリ(愛媛県広見町、2004年5月8日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: シソ目 Lamiales
: キリ科 Paulowniaceae
: キリ属 Paulownia
: キリ P. tomentosa
学名
Paulownia tomentosa (Thunb.) Steud.[1]
英名
Empress tree
Princess tree
Foxglove tree
変種
  • P. t. var. tomentosa
  • P. t. var. tsinlingensis

属名はシーボルトが『日本植物誌』(1835年)においてアンナ・パヴロヴナ献名したもの。ただしシーボルトが与えた学名はP. imperialisであり、後にツンベルク1783年ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属としてBignonia tomentosaと命名していたことが判明して1841年に現在のものに改められた[5]

名称編集

和名キリ語源は、一説には木材となる木の栽培技術である「台切り」を行って育てられるから、キリの名が生まれたといわれる[6]。台切りとは、材を取るための栽培技法のひとつで、キリの苗木を植えてから肥料を十分に与えて幹を太らせたら、一度根元で切って、切り株から再び勢いのある芽を出させて、その部分を木材用の幹として無節で育てることである[6]

キリとアオギリはまったく異なる種である。中国で古くから両方に「桐」の字を用いているために混乱が生じている。『斉民要術』ではアオギリを「青桐」、キリを「白桐」と呼び分けている[7]。現在の中国ではアオギリを「梧桐」、キリを「泡桐」と呼ぶ。アブラギリも葉の形が似ているだけでまったく異なるが、おなじく桐と呼ばれる。

英語の「princess tree」は、属名の Paulownia の語源であるアンナ・パヴロヴナロシア大公女であったことに基づく[要出典]

分布編集

中国の揚子江流域、韓国の鬱陵島日本では大分・宮崎県境の山岳地帯に自生地があるが原産地は不明である[8]。中国が原産との説もある[6]。日本では特に東北地方[9]、関東北部、新潟県などにおいて植栽される[8]。中でも福島県の会津桐や青森県[9]岩手県[10]南部桐などが有名である。本州中部以南ではテング巣病の影響を受けやすい[8][11]。キリてんぐ巣病と腐らん病はキリの栽培に重要な影響を及ぼすとされ、病原はかつて炭疽菌と推定されたが日本で初めて1967年にファイトプラズマである[3]ことが解明された[12]。このほか日本各地に野生化したものがみられる[8]

形態・生態編集

落葉広葉樹[2]高木で、成長すると高さ10 - 15メートル (m) 、幹の直径は50センチメートル (cm) になる[8][6]。丸く横広がりの樹形になり[13]、樹皮は灰白色[8]。日当たりの良いところを好む性質で、短期間で早く生長する[13]

は長い葉柄がついて対生[8]葉身は長さ10 - 20 cmほどの広卵形である[2]。若木の葉は特に大きくなる[6]葉縁は全縁または浅く3裂し、葉の表面は粘り気のある毛が密生する[2]

花期は5 - 6月[2]両性花[6]、枝の先に大きな円錐花序が直立し、淡い紫色を円錐状につける[8][2]花冠は長さ5 cmほどの筒状鐘形で、先は口唇状に裂ける[2]

果期は7月 - 翌年1月[6]。翼(よく)のついた小さい種子は風でよく撒布され、発芽率[14]が高く生長が早いため、随所に野生化した個体が見られる。アメリカ合衆国では観賞用に輸入したものが野生化し、伐採しても根株を残すと旺盛に繁殖する外来種として駆除に手を焼いて農薬を用いる[4]

人間との関わり編集

キリは古くから良質の木材として重宝されており、下駄箪笥(こと)、神楽面の材料となる。また、伝統的に神聖な木とみなされ、家紋[15]紋章の意匠に取り入れられてきた。

キリの花言葉は、「高尚」とされる[6]

木材編集

キリは日本国内でとれる木材としては最も軽い(比重0.27-0.30)[8]。また光沢が出て[6]、材質は広葉樹や針葉樹の繊維構造とは異なる独立気泡構造をなし[16]、湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴がある[8]。日本の建具、家具、箪笥や楽器の材料とされてきた[8]が、ヨーロッパやアメリカでは用材としての特性を活かした利用は進んでいない[4]

桐箪笥を高級家具の代名詞とする日本には中田喜直作曲『桐の花』が描いている[17]ように、娘が生まれるとキリを植え、結婚する際にはそれを伐採して作った箪笥に着物を詰めて嫁入り道具に持たせるということがよく言われた[6]。また桐材を使い琵琶などの弦楽器を作り[16][6]、軽量性は釣具の浮子(うき)にも利用された[8]

また発火しづらいキリは金庫の内側にも用いられ、金沢大学が耐火性を実証実験した[18][19]。日本各地で植栽されていたが、需要の高まりや産業構造の変化により北米南米、中国、東南アジアから輸入されることも多い[要出典]。日本では江戸時代から桐箪笥が全国各地で作られ、江戸時代後期の安政の大地震のあとでは、キリの燃えにくさや、洪水に遭っても浮いて流れ中身を守ってくれる特性が確かめられたので、桐箪笥がよく売れたといわれている[6]

桐炭は研磨用、火薬用、化粧用の眉墨(アイブロー)に利用された[8]

桐花紋編集

 
五七桐花紋

日本には白桐をもとに意匠化された紋章がいくつかある。それらを総称して桐紋[15]もしくは桐花紋という。中でも公的機関のシンボルとして多用されている五七の桐と一般的に家紋として広まっている五三の桐と呼ばれる紋が代表的であり十大家紋に挙げられるほど多く見られる。

古代中国では聖王を象徴する鳳凰が「梧桐の木に宿り竹の実を食う」とされ神聖視された[8][注釈 2]。日本でもキクとともに皇室の紋章で、キクは正紋、キリは副紋とされる[6]嵯峨天皇の頃から天皇の衣類の刺繍や染め抜きに用いられるなど、「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされた。また中世以降は天下人たる武家が望んだ家紋でもあり、足利尊氏豊臣秀吉などもこれを天皇から賜っている。このため五七の桐は「政権担当者の紋章」という認識が定着することになった。

近代以降も五七の桐は「日本国政府の紋章」として大礼服勲章桐花章旭日章瑞宝章)の意匠に取り入れられたり、菊花紋に準じる国章としてビサやパスポートなどの書類や金貨の装飾に使われたり、「内閣総理大臣の紋章」として官邸の備品や総理の演台に取付けるプレートに使われている。過去に存在した国鉄の紋章も桐紋に蒸気機関車の動輪を組み合わせたものだった。

また、皇宮警察本部法務省では「五三の桐」が紋章として使われている。

花札では12月の絵柄として、「桐に鳳凰」、カス3枚が描かれる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ キリは以前、ゴマノハグサ科、あるいはノウゼンカズラ科に分類していた。
  2. ^ ただし中国本来の伝説では鳳凰の止まる木はアオギリ: 梧桐)という、キリ(: 泡桐)とはまったく異なる樹木である。

出典編集

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Paulownia tomentosa (Thunb.) Steud.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 山﨑 2019, p. 130.
  3. ^ a b 鈴木和夫(理事長). “樹病研究100年間のエポック”. www.forestry.jp. 日本森林学会100周年記念事業. 森林総合研究所. 2021年12月13日閲覧。
  4. ^ a b c Least Wanted: Princess Tree — aulownia tomentosa (Thunb.) Sieb. & Zucc. ex Steud. Figwort family (Scrophulariaceae)”. www.nps.gov. Plant Conservation Alliance's Alien Plant Working Group 植物保全同盟 外来植物対策班(アメリカ合衆国国立公園局) (2009年7月7日). 2017年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月13日閲覧。 “(前略)
    • ECOLOGICAL THREAT Princess tree is an aggressive ornamental tree that grows rapidly in disturbed natural areas, including forests, streambanks, and steep rocky slopes.(キリは観賞植物であり繁殖力が強く森林や河川敷、岩の多い斜面など撹乱された自然環境で急速に増える。後略)
    • DISTRIBUTION IN THE UNITED STATES Princess tree is found in 25 states in the eastern U.S., from Maine to Texas.(アメリカ東部のメイン州からテキサス州にかけて25州に分布。後略)
    (中略)
    • BACKGROUND Princess tree was introduced into the U.S. as an ornamental and landscape tree around 1840. It was first imported to Europe in the 1830's by the Dutch East India Company and brought to North America a few years later. (キリのアメリカ持ち込みは1840年前後で、オランダの東インド会社が1830年代にヨーロッパへ輸入し、数年以内にアメリカに入った。後略)”
  5. ^ キリ”. 小石川植物園の樹木、植物名の由来. 2019年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中 2011, p. 48.
  7. ^ 賈思勰 『斉民要術』 種槐柳楸梓梧柞第五十、68頁https://archive.org/stream/06049859.cn#page/n68/mode/2up 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n キリ”. 東京農工大学. 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ a b 青森県の伝統工芸品” (日本語). 青森県庁ホームページ. 2021年12月13日閲覧。
  10. ^ 八重樫 良暉「岩手県に生育する桐の種類」 (pdf) 『岩手県林業試験場成果報告』第13巻、岩手県、1980年(昭和55年)8月、2021年12月13日閲覧。
  11. ^ 川上 1902.
  12. ^ 土居 養二、寺中 理明、与良 清、明日山 秀文 『クワ萎縮病,ジャガイモてんぐ巣病,Aster yellows感染ペチュニアならびにキリてんぐ巣病の罹病茎葉篩部に見出されたMycoplasma様(あるいはPLT様)微生物について』。doi:10.3186/jjphytopath.33.259 別題『Mycoplasma- or PLT Group-like Microorganisms Found in the Phloem Elements of Plants Infected with Mulberry Dwarf, Potato Witches' Broom, Aster Yellows, or Paulownia Witches' Broom』。
  13. ^ a b 山﨑 2019, p. 131.
  14. ^ 戸田 良吉 『キリのタネの発芽に及ぼす散光の効果』。doi:10.11519/jjfs1934.34.250  別題『Effect of diffused light on the germination of Paulownia seeds』。
  15. ^ a b 桐紋とは”. www.so-bien.com. きもの用語大全. 2021年12月13日閲覧。
  16. ^ a b 桐たんす専門メーカー TOP |” (日本語). 株式会社 総桐箪笥和光-福岡県-. 2021年12月13日閲覧。
  17. ^ 中田喜直『中田喜直歌曲集 = A collection of songs』カワイ楽譜、1962年。注記:ピアノ伴奏、日本語歌詞(ローマ字付き)。NACSIS-CATレコードID: BA87771080。
  18. ^ 尾田 十八 金沢大学自然科学研究科, 教授 (30019749) 『生物の構造・組織の力学的最適性の評価とその構造・材料設計法への応用研究』金沢大学、2006年https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-18206014/182060142006jisseki/ 
  19. ^ Li, P; Oda, J. (2006). “Flame Retardancy of Paulownia Wood and its Mechanism” (英語). Proc. CJJCC 7: 197-205. 

参考文献編集

  • 川上瀧彌 『桐樹天狗巣病(桐樹萎縮病)原論』第1号、裳華房、1902年。 NCID BA45271944 別題『On the hexenbesen of Paulownia tomentosa』
  • 田中潔 『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、48頁。ISBN 978-4-07-278497-6 
  • 山﨑誠子 『植栽大図鑑[改訂版]』エクスナレッジ、2019年6月7日、130-131頁。 ISBN 978-4-7678-2625-7

関連項目編集

関連資料編集

本文の典拠ではないもの。発行年順。

台湾の資料
  • Hu, Shiu-Ying. (1959). "A monograph of the genus Paulownia." Quarterly Journal of the Taiwan Museum 7(1&2):1-54.(英語) 台湾博物館報。
  • 林文鎮「臺灣泡桐之造林研究 = Silvicultural studies on Taiwan Paulownia (Paulownia taiwaniana Hu et Chang) in Taiwan」『研究報告 = Research bulletin』第178号、國立中興大學農學院森林學系、1979年(中国語)NCID BA40929283。注記:中央農業発展計画補助。
アメリカ
  • Rehder, M.A. Manual of cultivated trees and shrubs. ニューヨーク:マクミラン(MacMillan Co.)、1927年(英語)。栽培種の樹木や草本の管理法。
    • 増補改題 Rehder, M.A.(編)、ポートランド:Dioscorides Press、1983年。
    • (書評)Sand, S. 1992. "The empress tree." American Horticulturist 第71巻、27-29頁。
  • Petrides, G.S. 1972. A field guide to trees and shrubs.(英語) ボストン:ヒュートン・ミフリン(Houghton Mifflin Co.)〈ピーターソン・フィールドガイド・シリーズ〉(英語)第2版。自然観察ガイド。

外部リンク編集