一松 定吉(ひとつまつ さだよし、1875年3月18日 - 1973年6月8日)は、明治大正昭和期の日本政治家弁護士

来歴・人物編集

1875年、大分県西国東郡美和村(現・豊後高田市)に生まれる。明治法律学校(現・明治大学)を卒業し長崎、大分、横浜、大阪などでの検事を経て、大審院検事をつとめる。1920年、弁護士に転じる。

1928年、大阪1区から第16回衆議院議員総選挙立憲民政党公認で出馬し初当選、1947年第23回衆議院議員総選挙まで連続8回当選を果す。第1次吉田内閣の国務・逓信大臣片山内閣厚生大臣芦田内閣建設大臣日本進歩党の幹事長等を歴任した。1949年第24回衆議院議員総選挙には落選し、翌年の参議院議員選挙に国民民主党公認で出馬し当選、参院議員に転身して2期務めた。1962年落選し政界から引退。当時最年長の国会議員であった。

1973年6月8日死去。享年98。

私邸を杵築市に寄贈し、現在「一松邸」として残っている。杵築市名誉市民[1]。豊後高田市名誉市民[2]

所属政党編集

立憲民政党→日本進歩党→民主党→国民民主党→改進党日本民主党自由民主党

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一松 定吉”. 杵築市. 2016年12月29日閲覧。 アーカイブ 2016年12月29日 - ウェイバックマシン
  2. ^ 名誉市民”. 豊後高田市. 2022年7月23日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代
一松定吉
建設院総裁
  建設大臣
初代:1948年
次代
益谷秀次
先代
片山哲
臨時代理
  厚生大臣
第16代:1947年 - 1948年
次代
竹田儀一
先代
八田嘉明
  逓信大臣
第50代:1946年 - 1947年
次代
片山哲
臨時代理
議会
先代
工藤鉄男
  参議院懲罰委員長 次代
深川タマヱ
先代
新設
  参議院災害対策特別委員長 次代
辻武寿
先代
松原一彦
  衆議院懲罰委員長
1955年
次代
中川幸平
先代
三浦虎雄
  衆議院決算委員長 次代
加藤知正
先代
青山憲三
  衆議院全院委員長 次代
牧野賤男
党職
先代
犬養健
日本進歩党幹事長
第3代
次代
田中萬逸
名誉職
先代
石坂豊一
最年長参議院議員
1959年5月 - 1962年7月
次代
野村吉三郎