三宅星南

日本のフィギュアスケート選手

三宅 星南(みやけ せな、英語: Sena Miyake, 2002年3月26日 - )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。岡山県矢掛町出身。血液型はA型。名前の由来は「お父さんが車が好きなんで「アイルトン・セナ」っていうところと、漢字は「南十字星のように輝いて欲しい」ということで」とインタビューで語っている[1][2]第87回全日本フィギュアスケート選手権ショート・プログラムマクラーレンホンダ時代のアイルトンを彷彿とさせる衣装で演技を行った[3]

三宅星南
Sena MIYAKE
フィギュアスケート選手
生誕 (2002-03-26) 2002年3月26日(22歳)
岡山県矢掛町
身長 174 cm 
出身校 矢掛町立矢掛中学校
岡山理科大附属高校
関西大学
選手情報
代表国 日本の旗 日本
コーチ 長光歌子
山井真美子
吉野晃平
所属クラブ 関西大学
練習拠点 大阪府高槻市
開始 2007
ISUサイト バイオグラフィ
ISUパーソナルベストスコア
総合240.022022 四大陸選手権
SP79.672022 四大陸選手権
FS160.352022 四大陸選手権
大会成績
国内大会 1 2 3
全日本ジュニア選手権 0 1 1

岡山理科大学附属高等学校を卒業後、関西大学在学中。

2023年6月、元サッカー日本代表徳永悠平氏が代表を務める株式会社マルシャルとマネジメント契約。

経歴 編集

2013-14シーズン、全日本ノービス選手権(ノービスA)で島田高志郎に続き2位となる。初出場となった全日本ジュニア選手権では28位に終わる。

2014-15シーズン、アジアフィギュア杯のノービスクラスで2位に入る。全日本ノービス選手権(ノービスA)で初優勝。全日本ジュニア選手権では30位となる。12月には荒川静香プロデュースのアイスショー「クリスマス・オン・アイス」に出演した。チャレンジカップではノービスクラスで優勝。

2015-16シーズン、ジュニアグランプリシリーズに参戦、JGPリガ杯で自己ベストを記録し、8位に入る。全日本ジュニア選手権では9位となる。

2016-17シーズン、初出場となった全日本選手権で9位となり、新人賞を受賞する。

2017-18シーズン、全日本Jr.選手権2位。

2020-21シーズン、全日本Jr.選手権3位。

シニア以降 編集

2021-2022シーズン 編集

シニア転向。四大陸選手権代表 4位。

2022-2023シーズン 編集

ISUグランプリシリーズ フランスグランプリにアサインされていたが、鍵山優真が怪我により欠場となり、スケートアメリカも出場となった。

プログラムはSP「愛の夢」,FS「タイタニック」と新プログラムを予定していたが、SPは昨季の「アンチェインド・メロディ」を続行となった[4]

初戦スケートアメリカでは8位、次戦フランスグランプリはSP10位でFSは体調不良で棄権となった。

2023年6月、株式会社宇美エンジニアリングとスポンサー契約を結ぶ[5]

主な戦績 編集

大会/年 2011
-12
2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
2020
-21
2021
-22
2022
-23
2023
-24
  四大陸選手権 4
  GPスケートアメリカ 8
  GPフランス杯 WD
  GPNHK杯 9
CSオーストリア杯 7
エーニャスプリング・トロフィー 2
プランタン杯 1 4
世界Jr.選手権 18
JGPエーニャ・ノイマルクト 10
JGPリッチモンド 10
JPG オーストリア杯 8
JGP横浜 11
JGPリガ杯 8
ババリアンオープン 12 J
アジアフィギュア杯 2 N 1 J
チャレンジカップ 1 N
全日本選手権 9 11 17 10 6 12 9
全日本Jr.選手権 28 30 9 6 2 6 7 3
全日本ノービス選手権 7 B 6 B 2 A 1 A
  • N - ノービスクラス
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス

詳細 編集

2023-2024 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年12月20日 - 24日 第92回全日本フィギュアスケート選手権長野 10
77.16
9
148.96
9
226.12
2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年3月17日 - 19日 クープドプランタン 2023ルクセンブルク 2
76.36
4
135.33
4
211.69
2022年12月21日 - 25日 第91回全日本フィギュアスケート選手権門真 9
76.69
12
139.41 
12
216.10
2022年11月4日 - 6日 ISUグランプリシリーズフランスグランプリアンジェ 10
69.27
 
WD
 
WD
2022年10月21日 - 23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカノーウッド 6
77.87
9
137.87
8
215.74
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年4月7日 - 10日 2022 エーニャスプリング・トロフィーエーニャ 2
81.48
3
140.73
2
222.21
2022年1月18日 - 23日 2022年四大陸フィギュアスケート選手権タリン 5
79.67
4
160.35
4
240.02
2021年12月22日 - 26日 第90回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 6
90.52
7
162.30
6
252.82
2021年11月11日 - 14日 ISUチャレンジャーシリーズ オーストリア杯グラーツ 9
70.57
4
144.30
7
214.87
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年12月24日 - 27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 8
79.09
10
134.44
10
213.53
2020年11月27日 - 29日 2020年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会門真 6
74.34
9
111.16
9
185.50
2020年11月21日 - 23日 第89回全日本フィギュアスケートジュニア選手権八戸 2
75.28
4
128.25
3
203.53
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年11月15日 - 17日 第88回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 5
70.53
11
110.03
7
180.56
2019年10月2日 - 5日 ISUジュニアグランプリ エーニャ・ノイマルクトエーニャ 6
68.08
12
121.16
10
189.24
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月15日 - 17日 クープドプランタン 2019ルクセンブルク 3
61.27
1
122.35
1
183.62
2018年12月20日 - 24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 17
64.16
16
120.99
17
185.15
2018年11月23日 - 25日 第87回全日本フィギュアスケートジュニア選手権福岡 4
72.73
7
124.29
6
197.02
2018年9月12日 - 15日 ISUジュニアグランプリ JGPリッチモンドリッチモンド 8
63.43
12
101.76
10
165.19
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月5日 - 11日 2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 10
67.98
23
106.68
18
174.66
2017年12月21日 - 24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 9
68.77
15
131.18
11
199.95
2017年11月24日 - 26日 第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権前橋 2
66.09
5
123.08
2
189.17
2017年8月31日 - 9月2日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯ザルツブルク 4
61.78
11
110.91
8
172.69
2017年8月2日 - 5日 2017年アジアフィギュア杯ジュニアクラス(香港 1
65.48
1
124.22
1
189.70
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年2月14日 - 19日 2017年ババリアンオープンジュニアクラス(オーベルストドルフ 15
42.68
11
89.18
12
131.86
2016年12月22日 - 25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 11
61.96
9
126.50
9
188.46
2016年11月18日 - 20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 10
53.75
6
121.11
6
174.86
2016年9月9日 - 11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 14
48.90
9
113.19
11
162.09
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年11月21日 - 23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 9
52.93
7
109.12
9
162.05
2015年8月26日 - 30日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 10
55.88
8
112.85
8
168.73
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月19日 - 22日 2015年チャレンジカップノービスクラス(ハーグ 1
44.85
1
86.30
1
131.15
2014年11月22日 - 24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 30
39.86
- 30
39.86
2014年8月6日 - 10日 2014年アジアフィギュア杯ノービスクラス(台北 2
35.13
2
73.09
2
108.22
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年11月22日 - 24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 28
40.25
- 28
40.25

プログラム使用曲 編集

シーズン SP FS EX
2023-2024 Maria
振付:岩本英嗣
A Question of Honour (Radio Mix)
振付:岩本英嗣
2022-2023 アンチェインド・メロディ
作曲:アレックス・ノース
振付:吉野晃平


愛の夢
作曲:フランツ・リスト
振付:吉野晃平
映画『タイタニック』より
作曲:ジェームズ・ホーナー
振付:吉野晃平
2021-2022 アンチェインド・メロディ
作曲:アレックス・ノース
振付:吉野晃平
白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:宮本賢二
ロミオとジュリエット』より
振付:吉野晃平
2020-2021 ロミオとジュリエット』より
振付:吉野晃平
幻想即興曲
作曲:フレデリック・ショパン
振付:宮本賢二
Played-A-Live
演奏:サフリ・デュオ
振付:佐藤操
2019-2020 Paradise (Peponi)
作曲: コールドプレイ
演奏:ピアノ・ガイズ
振付:吉野晃平
映画『ラスト サムライ』より
作曲:ハンス・ジマー
振付:吉野晃平
2018-2019 Played-A-Live
演奏:サフリ・デュオ
振付:佐藤操
ヴァイオリン協奏曲
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:マッシモ・スカリ
リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ
ボーカル:リッキー・マーティン
作曲:デズモンド・チャイルドドラコ・ロサ
2017-2018 キャラバン
演奏:ザ・ベンチャーズ
振付:佐藤操
ミュージカル『レ・ミゼラブル』より
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
振付:荒屋真理 吉野晃平
2016-2017 ナザレの子
作曲:マキシム・ロドリゲス
振付:宮本賢二
2015-2016 死の舞踏
作曲:フランツ・リスト
振付:宮本賢二
2014-2015 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』より
作曲:ハンス・ジマー
振付:宮本賢二
映画『マダガスカル3』より
作曲:ハンス・ジマー

スポンサーシップ・サポート契約 編集

脚注 編集

  1. ^ 【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】三宅星南 前編”. 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ 高橋大輔に憧れる関西大学・三宅星南 覚醒の鍵は「自信を持って演技すること」”. 4years #大学スポーツ. The Asahi Shimbun Company (2021年8月10日). 2022年1月26日閲覧。
  3. ^ ファン歓喜! フィギュア三宅星南選手、セナのスーツ模した衣装披露”. www.sportingnews.com. 2018年12月23日閲覧。
  4. ^ 三宅星南、2季ぶりGPシリーズへSPを昨季使用プログラムへ変更「しっくりこない部分あった」”. 日刊スポーツ. Nikkan Sports News. (2022年10月21日). 2022年10月21日閲覧。
  5. ^ ご報告” (2023年6月13日). 2023年6月13日閲覧。

外部リンク 編集