三野前国造(みののさきのくにのみやつこ・みののさきのこくぞう・みののみちのくちのくにのみやつこ・みののみちのくちこくぞう)は三野前国を支配した国造。美濃国造とも言う。

三野前国造
No image available.svg
本姓 三野氏
家祖 神大根王
彦坐王の王子)
種別 皇別
出身地 山城国[1]
主な根拠地 三野前(のちの美濃国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 本巣国造牟義都国造斐陀国造美濃県主鴨県主[2]
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

先代旧事本紀』「国造本紀」に三野前国造とある。

祖先編集

氏族編集

三野氏(みのうじ、)。三野本巣氏牟義都国造斐陀国造など鴨氏族系[3]

本拠編集

国造の本拠は美濃国不破郡で、現在の岐阜県垂井町にあたる。

支配領域編集

国造の支配領域は当時三野前国と呼ばれた地域、後の美濃国不破郡、養老郡などにあたる。なお北部の池田郡大野郡額田国造の領域であった。

氏神編集

美濃国一宮で国造の祖神を祀る南宮大社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  2. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  3. ^ 宝賀寿男両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。

参考文献編集

関連項目編集