上原 まり(うえはら まり、本名:柴田 洋子しばた ようこ1947年5月23日 - 2018年8月29日)は筑前琵琶演奏家、元宝塚歌劇団花組トップ娘役。

兵庫県神戸市神戸市立湊川高等学校出身。公称身長157センチ、血液型A型。愛称ヨーコちゃん

来歴・人物編集

筑前琵琶旭会総師範柴田旭堂の一人娘として生まれる。高校一年時に東京新聞主催邦楽コンクール琵琶部門で3位入賞。「柴田旭艶」の名を持つ。

1966年宝塚音楽学校入学。第54期生。同期に順みつき尚すみれらがいる。

1968年宝塚歌劇団に入団。芸名は「姓は女優・上原美佐、名は幼少より親しかった友人にちなんで」命名した。花組公演『マイ・アイドル[1]』で初舞台を踏む。入団時の成績は59人中27位[1]

1969年7月7日[1]花組配属。甲にしき榛名由梨安奈淳松あきらの相手役を務める。

1979年3月25日専科へ移籍。各組公演に特別出演するようになる。

代表作には『ベルサイユのばら』のマリー・アントワネット、『新源氏物語』の藤壺など。

1981年4月30日[1]で、月組公演『新源氏物語』の藤壺役を最後に退団。その後は筑前琵琶の語り手として活躍。

琵琶語りの代表作としては、『平家物語』、小泉八雲の『雪女』『耳なし芳一』、また瀬戸内寂聴現代語訳・水原央構成による『源氏物語』シリーズがある。

宝塚歌劇団との関わりも現役時代ほどではないが続けていた。OGイベントには幾度となく出演したほか、1992年月組バウホール公演『高照らす日の皇子』(作・演出:谷正純、主演:天海祐希)の琵琶演奏も担当。

さらに2007年松竹からの要請でOSK日本歌劇団の52年ぶりになる京都南座公演『レビュー in KYOTO 〜 源氏千年夢絵巻』に紫式部役で特別出演。引き続き翌2008年の『レビュー in KYOTO Ⅱ〜 輪舞曲ロンド薫と浮舟』にも紫式部役で特別出演した。

2018年8月29日、死去[2]。71歳没。

宝塚時代の舞台出演編集

※『歌劇』1981年4月号(宝塚歌劇団)のpp.90-91を参考資料にした。

初舞台・組廻り編集

  • 『マイ・アイドル』(花組)(1968年4月)*初舞台
  • シルクロード』新人公演:メルバ(星組)(1969年4月)

花組時代編集

専科時代編集

宝塚時代の受賞歴編集

※『歌劇』1981年4月号(宝塚歌劇団)のpp.90-91を参考資料にした。

努力賞

  • 1971年11月『小さな花がひらいた』
  • 1973年8月『この恋は雲の涯まで』
  • 1974年1月『花のお嬢吉三』
  • 1975年3月『夢みる恋人たち』

演技賞

  • 1976年2月 - 3月『あかねさす紫の花』

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.76-77(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  2. ^ 上原まりさん死去 元宝塚トップ娘役、筑前琵琶奏者 - 朝日新聞 2018年8月31日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集