メインメニューを開く

上田 武司(うえだ たけし、1946年3月16日 - )は、兵庫県西宮市[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

上田 武司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1946-03-16) 1946年3月16日(73歳)
身長
体重
183 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1964年
初出場 1967年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1979 - 1995)

目次

経歴編集

鳴尾高校ではエースとして活躍。1963年5月には、同年夏の甲子園で優勝する明星高との練習試合で好投し、注目を浴びる。夏の甲子園県予選では準々決勝に進出するが、宮本幸信投手吉田孝司捕手のバッテリーを擁する市神港高に敗退。1964年読売ジャイアンツへ入団[1]

1965年に野手へ転向[1]。巨人のV9時代に内野ならどこでも守れるスーパーサブとして活躍し、長嶋茂雄からは「ジョージ・ベンチ(常時ベンチにいることから、ジョニー・ベンチを捩ったもの)」と呼ばれた。1967年はイースタン・リーグで打率.356をマークして首位打者を獲得した[1]

黒江透修土井正三に衰えが見られるようになった1971年には、6月から主に遊撃手として起用され54試合に先発出場。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、最終第5戦で七番打者として先発、5回にダメ押しの2点適時二塁打を放ちチーム日本一に力を添える。1973年には遊撃手、二塁手として57試合に先発出場、9月には遊撃手に定着しチームのリーグ優勝に貢献。V9を達成した同年の南海ホークスとの日本シリーズでは全5試合に出場。2試合に遊撃手として先発し、第2戦では3安打、山内新一から本塁打も放つ。1974年には黒江、土井両選手の不調もあって二番打者としても起用され、打率.266、6本塁打の好成績を残す。1975年まで準レギュラーとして活躍するが、河埜和正が遊撃手に定着し、デーブ・ジョンソンが二塁手にコンバートされると出場機会が減り、1978年限りで引退した。

1979年から巨人のコーチに就任し、1995年まで務めた[1]。コーチ就任の年は「地獄の伊東キャンプ」に帯同して若手選手を指導していた。

後にスカウトに転身し、退団。退団後はリアルスポーツ評論家を務めた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 巨人 10 19 18 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .167 .211 .167 .377
1968 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1969 12 23 21 6 5 1 0 3 15 3 1 1 0 0 2 0 0 3 0 .238 .304 .714 1.019
1970 37 15 14 8 2 0 0 0 2 0 2 0 1 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .143 .286
1971 79 213 183 26 48 10 1 2 66 15 6 4 6 0 17 0 7 20 5 .262 .348 .361 .708
1972 42 72 60 4 10 1 0 1 14 3 0 1 1 0 9 1 2 10 3 .167 .296 .233 .529
1973 93 224 202 21 46 8 0 2 60 17 1 3 5 1 14 1 2 33 4 .228 .284 .297 .581
1974 93 217 184 29 49 8 0 6 75 30 6 2 8 5 11 0 9 23 4 .266 .338 .408 .746
1975 72 205 176 15 33 5 1 0 40 9 2 1 4 2 18 0 5 30 3 .188 .281 .227 .509
1976 61 26 21 6 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 5 0 0 7 0 .048 .231 .048 .278
1977 63 65 56 7 16 3 1 1 24 9 1 0 5 0 3 0 1 10 1 .286 .333 .429 .762
1978 49 36 24 4 2 1 0 0 3 3 1 0 4 1 3 0 4 4 1 .083 .290 .125 .415
通算:12年 616 1116 960 127 215 37 3 15 303 89 20 13 34 9 83 2 30 146 21 .224 .306 .316 .621

背番号編集

  • 57 (1964年 - 1969年)
  • 2 (1970年 - 1978年)
  • 67 (1979年 - 1980年)
  • 74 (1981年 - 1995年)

関連情報編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、76ページ

関連項目編集