上石津ミサンザイ古墳

大阪府堺市にある前方後円墳

上石津ミサンザイ古墳(かみいしづみさんざいこふん)は、大阪府堺市西区石津ヶ丘にあり百舌鳥古墳群の南部に位置する古墳である。形状は前方後円墳で、百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つである。

上石津ミサンザイ古墳
Kamiishizu Misanzai Kofun zenkei-2.JPG
墳丘全景(手前に前方部、左奥に後円部)
別名 石津ヶ丘古墳
所属 百舌鳥古墳群
所在地 大阪府堺市西区石津ヶ丘
位置 北緯34度33分14.38秒
東経135度28分38.84秒
座標: 北緯34度33分14.38秒 東経135度28分38.84秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長365m
高さ27.6m(後円部)
埋葬施設 不明
築造時期 5世紀初頭
被葬者宮内庁治定)第17代履中天皇
陵墓 宮内庁治定「百舌鳥耳原南陵」
特記事項 全国第3位の規模[1]
地図
上石津 ミサンザイ 古墳の位置(大阪府内)
上石津 ミサンザイ 古墳
上石津
ミサンザイ
古墳
テンプレートを表示
上石津ミサンザイ古墳の空中写真 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
上石津ミサンザイ古墳の3DCG描画
履中天皇百舌鳥耳原南陵 拝所

実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)」として第17代履中天皇に治定されている[2]

名称は「石津ヶ丘古墳(いしづがおかこふん)」や「百舌鳥陵山古墳(もずみささぎやまこふん)」とも呼ばれている。

世界遺産百舌鳥・古市古墳群」に、構成資産の一部として登録されている。

概要編集

ミサンザイ」は「ミササギ(陵)」の転訛したものと考えられており、履中天皇の陵墓に比定され宮内庁によって管理されているが、江戸時代の絵図等では「履中天皇陵」の表記が見られる。上石津は堺市編入以前の泉北郡神石村大字で、現在の堺区石津町が集落の中心であるが、当古墳だけ西区となっている。

古墳は、標高15 - 22mの台地の端に、かつての海岸線と並行するように築かれている[注 1]。墳丘は3段あり、墳丘長365メートル、後円部直径205メートル、高さ27.6メートル、前方部幅 235メートル、高さ25.3メートルで、墳丘長が大仙陵古墳(大阪府堺市)、誉田御廟山古墳(大阪府羽曳野市)に次ぐ、全国第3位の規模を誇る巨大古墳である。後円部が北側に配置され、西側のくびれ部に造り出しを有する。東側のくびれ部にも作り出しが認められるが、縮小しているため濠の水位が下がった時に確認できる。現在の周濠は一重だが、調査により、幅11 - 25m、深さ0.6 - 1.3m程の外濠が確認され、土の状況などから水のない空濠だったと推定されている。外濠の周囲に位置する陪塚は、七観山古墳、七観音古墳、寺山南山古墳、石塚古墳、狐塚古墳など10基前後あったとされるが、現在は七観音古墳・寺山南山古墳の2基のみが残るだけである[3]。かつて存在した七観山古墳からは多量の副葬品が出土し、副葬品を埋納するための陪塚の可能性がある。

規模編集

古墳の規模は次の通り[3]

  • 墳丘長:365メートル
  • 後円部 - 3段築成。
    • 直径:205メートル
    • 高さ:27.6メートル
  • 前方部 - 3段築成。
    • 幅:235メートル
    • 高さ:25.3メートル

世界遺産編集

2019年7月6日第43回世界遺産委員会バクー)の審議により、登録名称「百舌鳥・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」として世界遺産に正式登録された。当古墳は世界遺産「百舌鳥・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」を構成する「百舌鳥古墳群」の一部として世界遺産に登録されている[4]

交通アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2020.1.24に現地案内板で確認

出典編集

  1. ^ 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ、2018年5月13日更新版)。
  2. ^ 履中天皇 百舌鳥耳原南陵”. 宮内庁. 2020年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 百舌鳥古墳群(堺市) & 2014年, pp. 34-35.
  4. ^ 百舌鳥・古市古墳群 -古代日本の墳墓群-”. 文化遺産オンライン/文化庁. 2020年1月24日閲覧。

参考文献編集

  • 『堺の文化財 百舌鳥古墳群』堺市文化観光局文化部文化財課、2014年。

外部リンク編集