並木 道子(なみき みちこ、1979年12月22日[1] - )は、日本演出家映画監督である。フジテレビドラマ制作センター副部長[1][2]

希少な女性のドラマ演出家の1人[2]として『最高の離婚』(2013年)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年)、『突然ですが、明日結婚します』(2017年)などの恋愛ドラマの演出を手掛け[3]、『Bの戦場』(2019年)で映画監督としてもデビュー[4][5]

略歴・人物編集

小学5年時に『東京ラブストーリー』、高校時代には『ロングバケーション』『ラブジェネレーション』など、フジテレビの月9ドラマ全盛期の大ヒット作品を見て育つ。5歳から高校3年まで詩吟をたしなみ、小学生時には渋谷ビデオスタジオにてNHKの番組に出演して幼いころよりテレビの制作現場に触れた経験を持つ[2][3]

連続ドラマやラブストーリーが好きで、かつて見たような作品を作りたいと2002年にフジテレビに入社。当初演出には興味はなかったものの、7年間のアシスタントディレクター時代を経て演出の道へと進み、2010年10月期の月9ドラマ『流れ星』で本格的に演出デビュー。2011年7月期の木曜劇場それでも、生きてゆく』などを担当した後、2013年1月期の同『最高の離婚』などを任されるようになる[2][3]

2019年に演出を手掛けた『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』は東京ドラマアウォード2019の単発ドラマ部門で優秀賞を受賞し、「心揺さぶる上質のエンターテインメント」との評価を受けた[6]

ドラマ制作において、普遍的でどの世代も共感が可能な「ラブストーリー」は無くしてはいけないジャンルだと語り、ライフワークとしている[2][3]

2019年には『Bの戦場』で映画監督としてもデビュー[4][5]

主な作品編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

  • 虹の向こうへ(2012年 BeeTV)

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 東京ドラマアウォード2019単発ドラマ部門優秀賞j賞作[6]

出典編集

  1. ^ a b CAST&STAFF”. Bの戦場. 2019年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “フジ「モトカレマニア」並木道子ディレクターが連ドラにこだわる理由”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年10月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191017/geo19101711300001-n1.html 2019年10月30日閲覧。 
  3. ^ a b c d “<モトカレマニア>並木道子監督、高良健吾の素は「マコチの役柄に近い気がする」”. ザテレビジョン (KADOKAWA): p. 3. (2019年10月16日). https://thetv.jp/news/detail/208800/p3/ 2019年10月30日閲覧。 
  4. ^ a b “よしこ初主演『Bの戦場』3・15公開 もこみち&大野拓朗から思いを寄せられる予告映像解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2127585/full/ 2019年2月5日閲覧。 
  5. ^ a b “ガンバレルーヤよしこ初主演映画『Bの戦場』3・15公開決定&予告解禁”. TVLIFE web (学研プラス). (2019年1月17日). http://www.tvlife.jp/entame/206826 2019年2月5日閲覧。 
  6. ^ a b “女性演出家の活躍が目立つドラマ界 ”アウォード”で表彰相次ぐ”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年10月30日). https://www.sankei.com/entertainments/news/191030/ent1910300005-n1.html 2019年10月30日閲覧。 
  7. ^ “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  8. ^ “<モトカレマニア>並木道子監督、高良健吾の素は「マコチの役柄に近い気がする」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年10月16日). https://thetv.jp/news/detail/208800/ 2019年10月30日閲覧。 

外部リンク編集