メインメニューを開く

中西 健治(なかにし けんじ、1964年1月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。 参議院財政金融委員長自由民主党法務部会長を歴任。

中西 健治
なかにし けんじ
Kenji Nakanishi-profile(200).jpg
生年月日 (1964-01-04) 1964年1月4日(55歳)
出生地 日本の旗 東京都豊島区[1]
出身校 東京大学法学部
前職 JPモルガン証券会社取締役副社長
所属政党みんなの党→)
(神奈川みんなの改革無所属クラブ→)
無所属(自由民主党会派)→)
自由民主党麻生派
称号 法学士
公式サイト 中西けんじホームページ

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

東京都出身[2]武蔵高等学校を卒業後[3]、一浪し、東京大学文科一類に入学した。専門課程では法学部へ進学。在学中は外交官に興味を持ち、憲法国際法などを学んでいた[4]。東大卒業後、JPモルガン証券会社に入社[5]2006年から同社取締役副社長を務め、2009年に退社[5]

同年7月28日中田宏横浜市長が任期途中での辞職を表明[6]。中田の辞任に伴う横浜市長選挙に、自由民主党横浜市連は中西を擁立する方向で調整を進めていたが、中西は自民党からの推薦を辞退し、無所属での出馬を表明した[7]。市長選では自民党横浜市連や公明党の支援を受けたが、民主党の推薦と国民新党の支持を受けた林文子に敗れ、落選した[8]

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙みんなの党公認で神奈川県選挙区(定数3)から出馬。788,729票を獲得し、得票数2位で初当選[9]

2014年4月、同年11月、みんなの党政策調査会長に起用された[10]。みんなの党が解党。2015年1月、みんなの党代表だった浅尾慶一郎が結成した地域政党「神奈川みんなの改革」設立に参加した[11]

2016年1月、第24回参議院議員通常選挙に無所属ながら自民党の推薦を受けての立候補が内定した[12]が、自民党県連は中西の推薦に反発し、神奈川県選挙区では自民党公認候補である三原じゅん子のみを支援する方針を示した[13]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙には神奈川県選挙区(定数4)から出馬し、無所属ながら安倍晋三首相麻生派所属の国会議員の支援も受け、得票数4位で再選された[14]。当選後、自民党から追加公認を受ける[15]10月25日、参院選で支援を受けた麻生太郎が会長を務める為公会に入会した[16]

2017年8月、自由民主党法務部会長に起用された[17]

2018年10月、参議院財政金融委員長に就任[18]

2019年10月、自由民主党副幹事長に就任

2019年10月、参議院財政金融委員会筆頭理事に就任

政策・主張編集

人物編集

  • 特定非営利活動法人「万年野党」が主催する「国会議員三ツ星データブック」において、三ツ星議員に4度選出された[21]
  • 政策監視会議(現特定非営利活動法人「万年野党」)が平成25年7月に行った国会議員質問力評価(国会議員の通信簿)において、全参議院議員242名中第1位に選出される[22]

主な役職編集

参議院編集

自由民主党編集

  • 副幹事長
  • 行政改革推進本部(副本部長)
  • 司法制度調査会(副会長)
  • 金融調査会(幹事)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中西 健治(なかにし けんじ):参議院
  2. ^ 中西 健治:プロフィル:参院選2010”. 2016年10月30日閲覧。
  3. ^ 覚悟カクゴ瞬間トキ
  4. ^ 参議院議員、中西けんじ氏「リスクを怖れない選択を」 2014年4月30日
  5. ^ a b プロフィール≪中西けんじホームページ
  6. ^ “中田宏横浜市長が辞任”. J-CASTニュース. (2009年7月28日). http://www.j-cast.com/2009/07/28046214.html 2016年10月30日閲覧。 
  7. ^ “林氏が正式出馬表明 横浜市長選 中西氏は『無所属』の意向”. 東京新聞. (2009年8月11日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2009/09_sousenkyo/kanagawa/CK2009081102100004.html 2016年10月30日閲覧。 
  8. ^ “横浜市長選、前ダイエー会長の林氏が当選”. J-CASTニュース. (2009年8月31日). http://www.j-cast.com/2009/08/31048512.html 2016年10月30日閲覧。 
  9. ^ “元外資証券マン・中西氏、みんなの党から初当選”. 朝日新聞. (2010年7月11日). http://www.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201007110501.html 2016年10月30日閲覧。 
  10. ^ “みんなの党、幹事長に水野氏 政調会長は中西氏”. 日本経済新聞. (2014年4月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS14026_U4A410C1000000/ 2016年10月30日閲覧。 
  11. ^ “浅尾氏、地域政党「神奈川みんなの改革」結成へ”. 産経新聞. (2015年1月17日). http://www.sankei.com/politics/news/150117/plt1501170017-n1.html 2016年10月30日閲覧。 
  12. ^ “参院選神奈川区に自民、三原氏公認・中西氏推薦 “頭越し”に県連反発も”. 産経新聞. (2016年1月20日). http://www.sankei.com/politics/news/160120/plt1601200020-n1.html 2016年10月30日閲覧。 
  13. ^ “参院選 自民県連、党本部決定に困惑 旧みんな・中西氏推薦で/神奈川”. 毎日新聞. (2016年1月20日). http://mainichi.jp/articles/20160120/ddl/k14/010/049000c 2016年1月20日閲覧。 
  14. ^ “自民推薦の中西健治氏、再選決める…神奈川”. 読売新聞. (2016年7月11日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news/20160711-OYT1T50020.html 2016年1月20日閲覧。 
  15. ^ “【参院選・神奈川】自民が無所属の中西健治氏を追加公認”. 産経新聞. (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110037-n1.html 2016年1月20日閲覧。 
  16. ^ “二階派が党内第4派閥に 2議員が入会”. 産経新聞. (2016年10月28日). http://mainichi.jp/articles/20161028/k00/00m/010/058000c 2016年1月20日閲覧。 
  17. ^ “自民党経産部会長に城内実元外務副大臣 党政調人事を決定” SankeiBiz(2017年8月22日) 2017年9月6日閲覧。
  18. ^ [1]
  19. ^ a b c “2016参院選 自民 神奈川 中西 健治”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B14000011011 2016年1月20日閲覧。 
  20. ^ 受動喫煙防止対策推進法を提出しました! « 中西けんじホームページ” (2013年6月25日). 2018年5月7日閲覧。
  21. ^ ①第182回・183回 国会版 ②2014年予算委員会版 国会議員質問力評価ランキング ③2012年12月~2014年12月質問王ランキング総合 ④第188回・189回国会版
  22. ^ アゴラ言論プラットフォーム 高橋良平「参院選でも役立つ『参議院議員の質問力と、国会活動データ ランキング』」

外部リンク編集