メインメニューを開く

大家 敏志(おおいえ さとし、1967年7月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。元福岡県議会議員(3期)。

大家 敏志
生年月日 (1967-07-17) 1967年7月17日(52歳)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市
出身校 北九州大学(現北九州市立大学法学部
前職 村上正邦参議院議員秘書
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 大家さとし 公式WEB SITE

選挙区 福岡県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職

選挙区 北九州市八幡東区選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2010年5月
テンプレートを表示

概要編集

福岡県北九州市生まれ。久留米大学附設高等学校、北九州大学(現北九州市立大学法学部卒業。大学卒業後は自由民主党福岡県支部連合会に就職した[1]

その後、福岡県出身の村上正邦参議院議員[2]秘書を経て[1]1999年、福岡県議会議員選挙に八幡東選挙区から出馬し、初当選。3期目途中で辞職、第22回参議院議員通常選挙吉村剛太郎との党内候補者争いを制して立候補し、初当選した。

2014年9月、第2次安倍改造内閣財務大臣政務官に就任[3]

2016年1月、参議院財政金融委員長に就任[4]

2019年4月7日、福岡県知事選では過去2回支援した現職・小川洋と対立する副総理財務大臣麻生太郎が元厚生労働官僚武内和久の擁立を主導、自民福岡県連会長の蔵内勇夫も推薦したが、武内は小川に大敗、麻生は福岡県連最高顧問を辞任、県連選挙対策委員長を務めていた大家は蔵内と共に退任の意向[5]

所属団体・議員連盟編集

政策・主張編集

  • 憲法改正に賛成[10]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に2010年の毎日新聞の調査では反対とした[10]。2016年の西日本新聞のアンケートでは「夫婦同姓を基本とし、希望者は通称で対応するべき」などとしている[11]。また、2016年の朝日新聞の調査では、「どちらとも言えない」と回答している[12]
  • 外国人労働者の受け入れを進めることに賛成[12]
  • 永住外国人への地方選挙権付与についてはどちらかといえば反対[12]
  • 治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されることにどちらかといえば賛成[12]
  • 男性同士、女性同士の結婚を法律で認めることにどちらかといえば反対[12]
  • 道徳教育をもっと充実させることにどちらかといえば賛成[12]
  • 首相が靖国神社に参拝することに賛成[12]
  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきであることに賛成[12]
  • 他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではないことにどちらかといえば賛成[12]
  • 公共事業による雇用確保はどちらかといえば賛成[12]
  • 所得や資産の多い人に対する課税を強化することにどちらかといえば賛成[12]
  • 仕事の内容が同じならば、正社員であるかどうかとは関係なく、給料も同じにすることにどちらかと言えば賛成[12]
  • TPPを速やかに批准すべきであることに賛成[12]

出典・脚注編集

外部リンク編集