メインメニューを開く

藤川 政人(ふじかわ まさひと、1960年7月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。自民党愛知県連会長。

藤川 政人
ふじかわ まさひと
藤川政人
生年月日 (1960-07-08) 1960年7月8日(59歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県丹羽郡扶桑町
出身校 南山大学経営学部
前職 愛知県議会議員・扶桑町職員
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士
公式サイト 参議院議員 藤川政人オフィシャルサイト

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職

選挙区 丹羽郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2010年6月16日
テンプレートを表示

元参議院財政金融委員長、元総務大臣政務官、元愛知県議会議員(3期)[1]

目次

経歴編集

愛知県丹羽郡扶桑町出身[2]愛知県立丹羽高等学校卒業。1983年(昭和58年)、南山大学経営学部卒業。同年、扶桑町役場に入り、教育委員会社会教育課に勤務[1]。文化事業の仕事に主に携わった。

1998年(平成10年)12月、扶桑町長の澤田正夫が町長選の3選出馬を表明。丹羽郡選挙区(定数1名)の愛知県議会議員は扶桑町と大口町の町長経験者が交代で務める不文律が公然の事実として続いていたが[3]、藤川は澤田の3選出馬表明を受け、翌年4月の県議選への出馬の意志を固める。

しかし1999年(平成11年)1月の臨時議会で一転、澤田は県議選への鞍替えを表明した。18人の町議の支援を得て選挙戦に臨むつもりであったが、ほとんどの町議は澤田の鞍替え表明を聞くや否や一夜のうち離れてしまったという。藤川のもとに残った町議は当時長老と呼ばれた5人だけであった[4]。自民党はどちらにも肩入れせず両候補者の「支持」を決定したため[5]、同年4月の県議選・丹羽郡選挙区は藤川と澤田の無所属同士の一騎打ちとなった。藤川には自民党愛知10区支部長の鈴木雅博[6]がつき、澤田には現職県議の大竹喜久雄がついた[7]。4月11日、藤川が大差で初当選。自民党は選挙直後に藤川を追加公認した[8]

2007年(平成19年)に3期目の当選。県議時代に自民党愛知県議員団政調会長、自民党愛知県連政調会長、自民党愛知県連青年局長、自民党愛知県青年議員連盟幹事長などを歴任[2]

2009年(平成21年)6月、自民党県連は翌年の参院選に向け、愛知県選挙区現職の浅野勝人の公認を党本部に申請。ところが同年8月の衆院選大敗を受け、党本部は県連に公認の再申請を指示[9]2009年(平成21年)12月14日、自民党愛知県義団は県議団総会を開き、藤川の擁立を決定した。2010年(平成22年)1月19日、自民党愛知県連も藤川に一本化する方針を決めた[10]。再選出馬に強い意欲を示していた浅野も、1月21日についに立候補辞退を表明した[11]。藤川は6月16日に県議を辞職[12]7月11日第22回参議院議員通常選挙で91万8,187票を得て初当選。当選後、麻生派に入会した[要出典]

2016年(平成28年)7月10日第24回参議院議員通常選挙にて、96万1,096票を得て再選。

役職編集

参議院議員編集

政府編集

自民党編集

  • 2010年10月15日 - 組織運動本部 法務・自治関係団体委員会 副委員長 (2014年8月3日まで)
  • 2011年7月14日 - 自民党愛知県連会長(第12代)[13]
  • 2013年1月25日 - 政務調査会 情報通信戦略調査会 副会長
  • 2014年
    • 9月26日 - 参議院国会対策委員会 副委員長 (2015年11月10日まで)
    • 9月26日 - 政務調査会 総務部会 部会長代理 (2016年9月6日まで)
    • 9月26日 - 政務調査会 G空間情報活用推進特別委員会 事務局長
    • 10月15日 - 政務調査会 情報通信戦略調査会 放送法の改正に関する小委員会 副委員長
    • 10月15日 - 政務調査会 中小企業・小規模事業者政策調査会 幹事
    • 10月16日 - 政務調査会 道州制推進本部 幹事
  • 2015年
    • 2月16日 - 政務調査会 郵政事業に関する特命委員会 幹事
    • 4月2日 - 政務調査会 成年年齢に関する特命委員会 幹事 (2016年9月6日まで)
    • 11月10日 - 自民党 副幹事長 (2016年8月3日まで)
    • 11月10日 - 参議院自民党 副幹事長 (2016年8月3日まで)
    • 11月10日 - 政務調査会 経済産業部会 副部会長 (2016年9月6日まで)
  • 2016年
    • 1月29日 - 政務調査会 中小企業・小規模事業者政策調査会 下請中小企業・小規模事業者検討小委員会 委員
    • 2月25日 - 政務調査会 超電導リニア鉄道に関する特別委員会 事務局次長
    • 3月9日 - 政務調査会 情報通信戦略調査会 クラウドサービス小委員会 副委員長(2018年11月11日まで)
  • 2017年
    • 8月31日 - 参議院国会対策委員会 副委員長
    • 9月5日 - 組織運動本部 団体総局 次長
    • 9月12日 - 政務調査会 総務部会 部会長代理
  • 2018年
    • 10月4日 - 参議院国会対策委員会 筆頭副委員長
    • 11月12日 - 政務調査会 情報通信戦略調査会 クラウドサービス小委員会 委員長代理

政策編集

  • 憲法改正に賛成[14]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に2010年の毎日新聞の選択式アンケート調査で反対としていた[14]。2016年の朝日新聞の選択式アンケート調査では「どちらとも言えない」としている[15]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ a b プロフィール 藤川政人ホームページ
  2. ^ a b 藤川 政人(ふじかわ まさひと)”. 参議院. 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ 中日新聞』1999年4月13日付朝刊、近郊版、近郊北部、18面、「99年統一地方選 近郊 勝因、敗因・・・県議選を振り返る 近郊北部の5選挙区を解説。」。
  4. ^ 第19回 自民党 藤川政人 参議院議員”. 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!! (2012年2月22日). 2018年12月19日閲覧。
  5. ^ 『中日新聞』1999年4月2日付朝刊、県内版、20面、「4・11県議選あいち 自民党が2氏支持」。
  6. ^ 鈴木雅博は1996年、作業用品卸売会社の鈴木與七商店代表に就任。2000年6月の第42回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補するも、保守新党から出た江崎鉄磨との間で票が分散し落選した。2013年10月27日に行われた大口町長選挙に立候補し初当選。現在2期目。豊田市選出の鈴木雅博県議は同姓同名の異人。
  7. ^ 『中日新聞』1999年4月9日付朝刊、近郊版、近郊北部、22面、「さまざまな要素絡み丹羽郡の情勢混とん 県議選 どうなる16年ぶり選挙」。
  8. ^ 『中日新聞』1999年4月13日付朝刊、県内版、16面、「県議選当選者7人 自民が追加公認へ」。
  9. ^ 『中日新聞』2009年12月25日付朝刊、24面、「『自民唯一の候補』と推薦依頼 浅野参院議員を注意 愛知県連」。
  10. ^ 『中日新聞』2010年1月20日付朝刊、1面、「参院自民愛知 藤川県議に一本化 あす決定 世代交代アピール」。
  11. ^ 『中日新聞』2010年1月21日付夕刊、1面、「浅野参院議員 次期出馬せず 自民・愛知県連で会見」。
  12. ^ 『中日新聞』2010年6月17日付朝刊、県内版、22面、「参院選出馬へ藤川県議辞職」。
  13. ^ 『中日新聞』2011年6月27日付夕刊、10面、「自民愛知県連 藤川氏が会長就任へ 寺西氏、立候補取り下げへ」。
  14. ^ a b 毎日新聞2010年参院選 アンケート
  15. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  16. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  17. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク編集