メインメニューを開く

久保祥次

久保 祥次(くぼ しょうじ、1941年11月27日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。右投右打で、ポジションは捕手

久保 祥次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1941-11-27) 1941年11月27日(76歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1962年
初出場 1963年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

広陵高校では遊撃手だが控え。チームは1959年に春夏の甲子園に連続出場、春の選抜では1回戦で芦屋高に敗退[1]夏の選手権でも2回戦(初戦)で宇都宮工に敗れた[2]。高校のチームメートでは枡岡憲三投手三浦和美外野手がプロ入り(いずれも広島カープ)している。卒業後は広島大学の職員を務め、1962年に広島カープのテストを受け入団。

1963年から一軍の控え捕手となる。1967年には、衰えがあった正捕手の田中尊を凌ぐ106試合に出場。しかしレギュラーには定着できず、その後も田中との定位置争いが続く。1971年には水沼四郎が台頭するが、翌年にはレギュラーを奪還した。 1973年、金銭トレードで近鉄バファローズへ移籍。ここでは出場機会に恵まれず、1974年引退した。

エピソード編集

1965年5月11日巨人対広島戦(兼六園球場)で、巨人・瀧安治が放った打球が広島・安仁屋宗八投手の膝を直撃した。その跳ね返った打球を、捕手・久保がノーバウンドで捕球。瀧に投触捕直(投手が接触した後のキャッチャーライナー)が記録された。これは、2018年現在も唯一の記録である。

1968年9月14日の広島対大洋戦(旧広島市民球場)で広島・外木場義郎が史上10人目(当時)の完全試合を達成し、セ・リーグタイの1試合16奪三振を記録した試合で、捕手を務めていた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1963 広島 39 48 47 1 6 2 0 0 8 2 0 0 0 0 1 0 0 14 0 .128 .146 .170 .316
1964 53 55 48 5 8 1 0 1 12 2 0 0 0 0 6 0 1 8 1 .167 .273 .250 .523
1965 75 107 93 4 18 3 0 0 21 6 0 1 2 0 10 3 2 27 2 .194 .286 .226 .512
1966 76 102 91 3 19 1 1 2 28 6 0 1 3 0 7 0 1 11 3 .209 .273 .308 .580
1967 106 283 258 25 57 8 0 8 89 30 1 1 7 2 14 2 2 44 6 .221 .266 .345 .611
1968 50 115 109 9 19 2 0 2 27 7 0 0 0 0 5 1 1 20 2 .174 .217 .248 .465
1969 80 182 170 6 37 3 1 0 42 11 0 2 2 0 8 3 2 21 3 .218 .261 .247 .508
1970 82 166 151 3 31 4 0 2 41 9 1 2 7 0 6 3 2 29 1 .205 .245 .272 .517
1971 44 67 62 2 11 3 0 0 14 0 2 0 2 0 3 0 0 7 2 .177 .215 .226 .441
1972 78 225 205 18 45 6 0 4 63 13 0 0 2 1 17 4 0 27 8 .220 .279 .307 .587
1973 近鉄 26 40 32 7 6 0 0 3 15 8 0 0 1 0 5 1 2 9 1 .188 .333 .469 .802
通算:11年 709 1390 1266 83 257 33 2 22 360 94 4 7 26 3 82 17 13 217 29 .203 .259 .284 .543

背番号編集

  • 40 (1962年 - 1966年)
  • 24 (1967年 - 1972年)
  • 22 (1973年 - 1974年)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集