予期せぬ出来事

イギリスの映画作品

予期せぬ出来事』(よきせぬできごと、The V.I.P.s)は、1963年イギリスドラマ映画。監督はアンソニー・アスキス、出演はエリザベス・テイラーリチャード・バートンなど。時間・場所・登場人物等が限られた空間で物語が展開する。空港という関係のない人々が交差し合う場所で様々な人間関係が組み合わされ物語が展開していくグランドホテル方式の映画として知られている。 なお、舞台となる空港はロンドン・ヒースロー空港である。

予期せぬ出来事
The V.I.P.s
監督 アンソニー・アスキス
脚本 テレンス・ラティガン
製作 アナトール・デ・グランワルド英語版
出演者 エリザベス・テイラー
リチャード・バートン
ルイ・ジュールダン
マーガレット・ラザフォード
マギー・スミス
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ジャック・ヒルデヤード英語版
編集 フランク・クラーク
製作会社 MGM
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1963年9月19日
日本の旗 1963年9月1日
上映時間 119分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $15,000,000[1]
テンプレートを表示

脚本のテレンス・ラティガンは、生涯の友人だったヴィヴィアン・リーに実際に起きた出来事を題材にして原作戯曲を書いた。 その出来事とは、ヴィヴィアンが夫のローレンス・オリヴィエを置いて愛人のピーター・フィンチと駆け落ちしようとした時、霧で飛行機の離陸が遅れたためにオリヴィエの元に戻ったというものである。[要出典]

また第36回アカデミー賞において、ブライトン公爵夫人を演じたマーガレット・ラザフォード助演女優賞を受賞している。

ストーリー編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
東京12ch TBS
フランシス・アンドロス
(ポールの妻)
エリザベス・テイラー 北浜晴子 小沢沙季子
ポール・アンドロス
(実業界の大物)
リチャード・バートン 納谷悟朗 鈴木瑞穂
マーク・シャンセル
(ギャンブラー、フランシスの愛人)
ルイ・ジュールダン 青野武 柴田侊彦
グロリア・グリッティ
(女優、ブーダ監督の恋人)
エルザ・マルティネッリ 渡辺典子
ブライトン公爵夫人 マーガレット・ラザフォード
ミス・ミード
(マングラムの秘書)
マギー・スミス 野口ふみえ 清水良英
レス・マングラム
(買収の危機にある企業の社長)
ロッド・テイラー 山内雅人 森川公也
マックス・ブーダ
(有名映画監督)
オーソン・ウェルズ 富田耕生 加藤忠
ミリアム・マーシャル
(マングラムの恋人)
リンダ・クリスチャン英語版 塚田恵美子
ミルバンク中佐
(ポールの部下、元軍人)
デニス・プライス英語版 藤本譲
サンダース
(空港の接客係)
リチャード・ワッティス英語版 和田啓
ジョン・コバーン
(ギャンブル好きの金持ち)
ロバート・クート英語版 上田敏也
ジョスリン
(空港の男性職員)
ロナルド・フレーザー英語版 若本紀夫
ミス・ポッター
(空港の女性職員)
ジョアン・ベンハム英語版 坂井志満
シュワッツバッカー
(ブーダ監督の経理担当)
マーティン・ミラー英語版
空港監督官 マイケル・ホーダーン
その他声の出演:矢田稔松岡武司
演出:斯波重治、翻訳:榎あきら、制作:オムニバスプロモーション

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、5件の評論のうち高評価はなく、平均点は10点満点中3.4点となっている[2]Metacriticによれば、6件の評論のうち、高評価は3件、賛否混在は2件、低評価は1件で、平均点は100点満点中51点となっている[3]

出典編集

  1. ^ The V.I.P.s (1963) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年2月27日閲覧。
  2. ^ The V.I.P.s (1963)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年2月27日閲覧。
  3. ^ The V.I.P.s Reviews” (英語). Metacritic. 2021年2月27日閲覧。

外部リンク編集