三垣
太微垣 紫微垣 天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿 亢宿 氐宿 房宿
心宿 尾宿 箕宿  
北方玄武
斗宿 牛宿 女宿 虚宿
危宿 室宿 壁宿  
西方白虎
奎宿 婁宿 胃宿 昴宿
畢宿 觜宿 参宿  
南方朱雀
井宿 鬼宿 柳宿 星宿
張宿 翼宿 軫宿  
近南極星区
元禄中所名星座

亢宿(音読:こうしゅく(こうしゅう)[1]、訓読:あみぼし[2]二十八宿の一つで東方青龍七宿の第二宿。距星おとめ座κ星。

星官編集

星官(星座)としての亢は、おとめ座κιφλの4つの星で構成される。

天区内の星官編集

亢宿には7つの星官が存在する。

星官 星官英文名 意味 星座 星数
Neck 青龍の頸 おとめ座 4
大角* Great Horn 青龍の角。玉座を象徴 うしかい座 1
左摂提 Left Conductor 季節を定める官 うしかい座 6
右摂提 Right Conductor 季節を定める官 うしかい座 6
頓頑 Trials 審問官 おおかみ座 2
陽門 Gate of Yang 辺境要塞の城門 ケンタウルス座 2
折威 Executions 死刑執行官 てんびん座/うみへび座 7
  • 大角(アークトゥルス)はもともと角宿の星官であった。この星が春の星で最も明るかったため角宿が二十八宿の起宿とされたとの説がある。後に亢宿に2.5度ほど入りこんだため、亢宿に編入された。

暦注編集

種蒔・婚礼は吉だが、家造は凶といわれる。

脚注編集

  1. ^ 読み方については二十八宿の注1を参照。
  2. ^ アミボシ:『雑事類編』(天明本)による(ただし現代仮名遣いに改めてある)『和爾雅』では「アミホシ」。野尻抱影は、「アミ」は「網」のことではないかと推定している。『宿曜経和解』では「ヤミボシ」。野尻は、「ヤミ」は「アミ」の誤写ではないかと推定している。

参考文献編集

  • 野尻抱影「二十八宿の訳名 - 高松塚の星天井」『星の文学誌』、筑摩書房、1989年、 353頁。
  • 和爾雅』貝原好古 編、小川多左衛門、京都、1694年。2018年10月14日閲覧。