メインメニューを開く

地理編集

大阪市西区の北部に位置。北は江戸堀、南は靱本町、西は新なにわ筋を挟んで江之子島、東は阪神高速1号環状線を挟んで中央区道修町及び平野町にそれぞれ接する。

地内に駅はなく、西側は阿波座駅、東側は肥後橋駅が最寄りである。

河川編集

歴史編集

地名の由来編集

大坂冬の陣の後、人口が少なくなっていた大坂に再び人を集めるための政策が取られた際、伏見城下の京町から移り住んだ商人の地であることが地名の由来とされる。

1931年(昭和6年)まで、西端部に雑喉場魚市場があった。

町名の変遷編集

江戸時代の町名は、福井町・籠屋町・家根屋町・茶染屋町・新淡路町・坂本町・小右衛門町(こうえもんちょう)・兵庫町・石津町・京町堀1 - 5丁目の京町堀川以北・両国町・雑喉場町(ざこばちょう)となっていた。

1871年(明治4年)に京町堀1 - 5丁目の京町堀川以北を北京町堀1 - 3丁目に改編。翌1872年(明治5年)に京町堀上通1 - 5丁目・京町堀通1 - 5丁目に改編。1961年(昭和36年)に京町堀1 - 5丁目に改編。1977年(昭和52年)に京町堀1 - 3丁目の現行行政地名を実施。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
京町堀一丁目 701世帯 1,010人
京町堀二丁目 1,068世帯 1,649人
京町堀三丁目 650世帯 1,007人
2,419世帯 3,666人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 1,639人 [5]
2000年(平成12年) 1,540人 [6]
2005年(平成17年) 2,229人 [7]
2010年(平成22年) 3,255人 [8]
2015年(平成27年) 3,440人 [9]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 845世帯 [5]
2000年(平成12年) 796世帯 [6]
2005年(平成17年) 1,525世帯 [7]
2010年(平成22年) 2,213世帯 [8]
2015年(平成27年) 2,152世帯 [9]

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]。なお、小学校・中学校入学時に学校選択制度を導入しており、通学区域もしくは隣接する校区の小学校・中学校から選択することも可能。

丁目 小学校 中学校
京町堀一丁目 2番4号(一部)
2番5~7号
2番8号(一部)
3番4号(一部)
3番5~13号
8番3号(一部)
8番4~16号
8番17号(一部)
大阪市立明治小学校 大阪市立花乃井中学校
その他 大阪市立西船場小学校
京町堀二丁目 全域
京町堀三丁目 全域

施設編集

公園編集

  • 花乃井公園
  • 江戸堀公園
  • 西船場公園
  • 靭公園

企業編集

交通編集

出身者編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

  1. ^ 大阪府大阪市西区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 京町堀の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 通学区域一覧 (PDF)”. 大阪市 (2019年5月1日). 2019年10月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  11. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク編集