メインメニューを開く

今年の新語(ことしのしんご)は、三省堂の主催によって選定される各年を代表する新語を決定し公表するキャンペーン。正式名称は「三省堂 辞書を編む人が選ぶ 今年の新語(西暦年)」。

概要編集

  • 2014年に三省堂の辞書編集者を務める飯間浩明が個人ウェブサイトとTwitterにて一般募集し選定・発表した「今年からの新語」企画をもとに、同企画の反響を受け翌2015年から三省堂主催で始まったもので[1][2]、一般からの応募をもとに三省堂で辞書の編纂にあたる編集者らの選考委員が選考する。
  • 選考に際しては、その年に誕生したかに限定せずその年に広まった言葉であることや、その年限りではなく今後定着し、辞書に載せてもおかしくない言葉であることが考慮されている[3][4][5][6]。また、本キャンペーンと同様に新語も扱う「ユーキャン新語・流行語大賞」と近似しないよう独自性を持った選考を心がけている[2]
  • 毎回上位10語と選外を選定し、上位10語に選定された新語は選定委員会に参加している三省堂が発行する国語辞典(キャンペーン化当初より「新明解国語辞典」・「三省堂国語辞典」・「三省堂現代新国語辞典」、2018年より「大辞林」が追加)の各スタイルに合わせた語釈文(大賞は参加辞書全て、2位 - 10位はいずれか一辞書の語釈)を添えて発表され、選外には大きな話題を集めたものの選考の結果辞書に載せるにふさわしくないと判断された新語が取り上げられ、選評ページにて不採用理由が掲載される。

各年の「今年の新語」編集

2014年「今年からの新語」編集

飯間浩明の個人ウェブサイト企画として実施。

2015年編集

[7]

2016年編集

[6]

2017年編集

[8]

2018年編集

[9]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集