メインメニューを開く

今村 良樹(いまむら よしき、1957年9月19日 - )は、日本俳優放送作家紙芝居プロデューサー。元ずうとるびのベース。

いまむら よしき
今村 良樹
本名 同じ
生年月日 (1957-09-19) 1957年9月19日(61歳)
出生地 日本の旗 東京都目黒区上目黒
国籍 日本の旗
血液型 A型
職業 放送作家
脚本家
ジャンル テレビ(バラエティ)
活動期間 1970年 - 現在
活動内容 作家
歌手
心理回想士
配偶者

目次

来歴編集

東京都目黒区上目黒出身。当時、漫画家を目指しており、中学1年生の時、友人の誘いで、「谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座」のオーディションを受け合格[1]。1972年、劇団ひまわり入団。映画「卒業旅行」では、マーク・レスターと共演。

1973年、『笑点』(日本テレビ)の1コーナーであった「ちびっ子大喜利」に出演。のちに結成されるずうとるびのメンバー4人が揃う。座布団10枚獲得記念賞品がレコードデビューであり、山田隆夫が達成したことがきっかけとなり出演者でグループを結成。翌1974年から“ずうとるび”のメンバーとして活動を始める。

マンガやイラストが得意で、実際に「DUO」に読み切りのギャグマンガ「くるくるパーニック」を掲載したことがある。また、アイドル雑誌「明星」に刑事を兄に持つ男子高校生を主人公にした前後編の学園ミステリーを発表、シリアスな内容で完成度も高く周囲を驚かせた。アメリカ合衆国へ留学のために芸能活動休止、これがきっかけで、ずうとるびも解散。

帰国後、1982年から石森史郎に師事し、放送作家に転身。主にバラエティ番組の構成を担当するとともに、自身も何度かゲスト出演していた。1991年4月からスタートした、『ノン子とのび太のアニメスクランブル』を筆頭に、文化放送A&Gゾーンの創成期に様々な番組を手がけてた。 週11本を担当していた構成作家業[2]から一線を退き、2009年から、渋谷画劇団が主催する、紙芝居プロデューサーのオーディションを受け、プロ紙芝居師兼プロデューサーとしてデビュー[3]

2012年には心理回想士の資格を取得し、回想士としての活動も開始。また、2015年7月から元メッツの柏木孝夫、砂野誠一とユニット「花吹雪歌激団」を立ち上げた。

著作編集

  • 『アニラジ・ステーションより愛をこめて 君にSAY・YOU』角川書店、1996年4月30日。ISBN 4-04-883444-4

出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

構成担当編集

脚注・出典編集

関連リンク編集