メインメニューを開く

仙台市交通局東仙台営業所

仙台市交通局東仙台営業所(せんだいしこうつうきょく ひがしせんだいえいぎょうしょ)は、宮城県仙台市宮城野区燕沢にある仙台市交通局自動車部(仙台市営バス)の営業所。

当記事では、バス停である市営バス東仙台営業所バス停についても記す。

概要編集

構内は営業所庁舎と東仙台整備工場、給油施設、洗浄施設、車庫、バス停留所(後述)を設置する。営業所イラストマークはうさぎ

1959年昭和34年)、仙台市の発展とともに市東北部からの通勤・通学利用者の増加により、岩切線しかなかったバス路線は、運行本数の増加と路線新設が求められていた。同時に、中心部の市街地化進行により車庫を郊外に移設する必要もあったため、新設の営業所として設置された。その後1968年(昭和43年)には、市による宅地開発事業として鶴ヶ谷団地の造成が開始され、1971年(昭和46年)にはバス路線も開設して乗客が増加する時期にあった。1980年(昭和55年)には、交通局の中で最も車両数の多い営業所となっている。1987年(昭和62年)、地下鉄開業により路線再編を行い、地下鉄駅への乗り入れを開始した。

仙台市東部の宮城野区(鶴ヶ谷・東仙台方面)、泉区南光台・旭ヶ丘方面)を事業範囲としている。営業所周辺が住宅地であるため、小鶴新田駅・鶴ヶ谷団地・安養寺からの出入庫系統の他、基本路線(通勤・生活路線)として東仙台営業所線(中江経由)が1時間に2 - 4本設定されている。

岩切線(出入庫扱いの[X210]を除く)と東仙台営業所線(新田二丁目東系統に限る)は、以前は県庁市役所前発着であったが、2005年平成17年)3月28日のダイヤ改正から交通局大学病院前発着に変更されている(上り便は県庁市役所前経由、下り便は定禅寺通経由である)。尚、東仙台営業所線(新田二丁目東系統)は、2015年12月6日から全て川内営業所に移管された。配置車両は主にUDトラックス(旧:日産ディーゼル)日野。在籍両数は大型車両が65両、中型が8両、小型が1両。[1]天然ガススタンドが近く、最近の導入車の大半がCNG車である。

かつては、塩竈市に塩釜出張所を設置して管理下に置いていたが、1992年(平成4年)に廃止している。1994年(平成6年)に営業所から降格した七北田出張所2011年(平成23年)6月まで当所の管理下であった。2010年(平成22年)4月に新設された新寺出張所も管理下においていた。

当営業所は、2010年(平成22年)4月から5年契約で宮城交通に運転・車両管理業務委託の契約を行い、この段階では全部を委託せずに、そのうちの一部を新寺出張所として分割した上で契約開始当初から委託し、営業所本所がその2年後となる2012年(平成24年)4月からの委託予定とする契約となっていたが、10ヶ月前倒しした2011年(平成23年)6月に受託事業所の振替が行われ、営業所本所が委託、新寺出張所が直轄化されることになった。これに伴い新寺出張所が長町営業所の管轄下に変更されたほか、2009年(平成21年)4月よりJRバス東北に委託中の七北田出張所が実沢営業所の管轄下に変更された。

事業所編集

  • 東仙台営業所
    • 宮城県仙台市宮城野区燕沢一丁目27-10
      • 2011年(平成23年)6月に受委託実施事業所の変更が行われ、宮城交通に車両管理・運転業務を委託。
      • 契約期間は新寺出張所委託開始から起算し5年間のため、2015年(平成27年)3月までの予定。

過去に管轄下にあった出張所編集

  • 新寺出張所
    • 仙台市若林区新寺一丁目1-30
      • 2010年(平成22年)4月に東仙台営業所受委託実施の前段として、新寺駐車場を出張所に昇格、宮城交通に車両管理・運転業務を委託。
      • 2011年(平成23年)6月より東仙台営業所本所が受委託されたため、新寺出張所は直轄化のうえ長町営業所管轄に変更。
      • 2012年(平成24年)4月より業務停止中の岡田出張所との機能統合に伴い、当出張所が再度宮城交通へ受託する形となったため、長町営業所管轄から霞の目営業所管轄に変更。

沿革編集

  • 1959年昭和34年)11月1日 - 東仙台営業所開設。
  • 1969年(昭和44年)11月7日 - 塩釜車庫を移転、東仙台営業所の出張所とする。
  • 1992年平成4年)7月14日 - 塩釜出張所閉所。塩釜線、七ヶ浜線を宮城交通へ移管。
  • 1994年(平成6年)3月28日 - 七北田営業所を出張所に降格、東仙台営業所の管轄に変更(七北田営業所の管轄だった泉パークタウン出張所実沢営業所の管轄に変更)。
  • 1998年(平成10年)3月 - 仙台市交通局として初めてワンステップバスを導入し、当営業所にも新造配置される。
  • 2000年(平成12年)3月 - 仙台市交通局として初めてCNGバスを導入し、当営業所に新造配置される。
  • 2007年(平成19年)3月 - 当営業所で初めてノンステップバスを新造配置される。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 新寺出張所を開設、東仙台営業所管内の車両運行業務の一部を同出張所へ分割し、同出張所扱いとなった車両運転業務を5年契約(東仙台営業所本所を2年後に委託するものを含む)で宮城交通に委託。
  • 2011年(平成23年)6月1日 - 受委託事業所の振替を実施(当初、2012年4月からの予定であったのを前倒しで行った)し、当営業所の車両運転業務を宮城交通に委託。これに伴い当営業所の管轄下であった新寺出張所が直轄化の上で長町営業所の管轄下に、同じく七北田出張所は委託継続のまま実沢営業所の管轄下に変更された。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 東仙台整備工場の業務を宮城交通に委託[2]

所管路線編集

東仙台営業所線編集

岩切線編集

  • 210/K210系統
    • 交通局東北大学病院前 - 定禅寺通市役所前(復路:県庁市役所前) - 電力ビル前 - 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - ガス局前 - 案内公園前 - 市営バス東仙台営業所前 - 燕沢東 - 岩切一丁目 - 今市橋 - 岩切駅
  • 211/K211系統
    • 交通局東北大学病院前 - 定禅寺通市役所前(復路:県庁市役所前) - 電力ビル前 - 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - ガス局前 - 案内公園前 - 市営バス東仙台営業所前 - 燕沢東 - 岩切一丁目 - 今市橋 - 岩切駅 - 岩切分台二丁目
    • 平日1.5往復のみ運転。

※210系統は、東仙台営業所-岩切駅の区間運転も設定されている。

鶴ヶ谷・南光台線編集

120/S120/A120/X120系統、D51/A51/H55系統を除き、七北田出張所と共管

  • 120/S120系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 中江公園前 - 幸町二丁目 - 幸町五丁目 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目
  • A120/S120系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 中江公園前 - 幸町二丁目 - 幸町五丁目 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目 - オープン病院・教育センター前 - 南光台小学校前 - 旭ケ丘駅
  • X120/S120系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 中江公園前 - 幸町二丁目 - 幸町五丁目 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷七丁目南 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前
  • 220/S220系統
    • 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目
  • A220/S220系統
    • 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目 - オープン病院・教育センター前 - 南光台小学校前 - 旭ケ丘駅
  • X220/S220系統
    • 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - ガス局前 - 保健環境センター青年会館前 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷五丁目 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷七丁目南 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前
  • 240/S240系統
    • 仙台駅前 - 宮町二丁目 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 東北医科薬科大東北高校前 - 南光台入口 - 南光台二丁目 - 旭ケ丘駅
  • 50(X50)/A50系統
    • 旭ケ丘駅 - 南光台小学校前 - オープン病院・教育センター前 - 鶴ヶ谷七丁目( - 鶴ヶ谷八丁目 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前)
  • D50/A50系統
    • 旭ケ丘駅 - 南光台小学校前 - オープン病院・教育センター前 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷保育所入口 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷四丁目 - 自由ヶ丘 - 南光台保育園入口 - 南光台入口 - 台原駅
  • D51/A51系統
    • 旭ケ丘駅 - 南光台小学校前 - オープン病院・教育センター前 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷八丁目 - 安養寺配水所前 - 与兵衛沼公園前 - 南光台入口 - 台原駅
  • X53/A53系統
    • 旭ケ丘駅 - 南光台小学校前 - オープン病院・教育センター前 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷七丁目南 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前
  • D53/A53系統
    • 旭ケ丘駅 - 南光台小学校前 - オープン病院・教育センター前 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷七丁目南 - 安養寺配水所前 - 与兵衛沼公園前 - 南光台入口 - 台原駅
  • 55系統
    • 台原駅 - 南光台入口 - 南光台保育園入口 - 自由ヶ丘 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷保育所入口 - 鶴ヶ谷七丁目
  • X55/D55系統
    • 台原駅 - 南光台入口 - 南光台保育園入口 - 自由ヶ丘 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷保育所入口 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷七丁目南 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前
  • H55/D55系統
    • 台原駅 - 南光台入口 - 南光台保育園入口 - 自由ヶ丘 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 鶴ヶ谷保育所入口 - 鶴ヶ谷七丁目 - 鶴ヶ谷団地入口 - ガス局前 - 原ノ町駅・宮城野区役所前 

東黒松線編集

  • 41系統(七北田出張所と共管
    • 台原駅 - 旭ヶ丘二丁目 - 旭ヶ丘駅

高松・安養寺線編集

  • D130/S130系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 高松三丁目 - 二の森 - 安養寺二丁目 - 与兵衛沼公園前 - 南光台入口 - 台原駅
  • 130(X130)/S130系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 高松三丁目 - 二の森 - 安養寺二丁目( - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前)
  • D135/S135系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 附属小学校前 - 宮町五丁目・東照宮駅入口 - 幸町一丁目 - 二の森 - 安養寺二丁目 - 与兵衛沼公園前 - 南光台入口 - 台原駅
  • 60系統
    • 原ノ町駅・宮城野区役所前 - ガス局前 - 幸町二丁目 - 二の森 - 安養寺二丁目 - 与兵衛沼公園前 - 南光台入口 - 台原駅
  • 65系統
    • 台原駅 - 南光台入口 - 与兵衛沼公園前 - 安養寺配水所前 - 保健環境センター青年会館前 - 東仙台小学校前 - 市営バス東仙台営業所前

高砂線編集

78系統を除き、霞の目営業所と共管(2015年12月6日改正より)。

  • 78系統
    • 小鶴新田駅 - 仙台市民球場前 - 田子西市営住宅前 - 田子西 - 福室三丁目 - 高砂市民センター前 - 高砂二丁目 - 陸前高砂駅
      • 2015年4月1日運行開始。
  • 85系統
    • 陸前高砂駅 - 高砂二丁目 - 高砂市民センター前 - 福室三丁目 - 高砂市営住宅東 - 高橋 - 高砂市営住宅西
  • 205/J205系統
    • 交通局東北大学病院前 - 定禅寺通市役所前 - 電力ビル前(復路:広瀬通駅) - 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - 苦竹駅前 - 日の出町一丁目 - 扇町二丁目小鶴老人福祉センター入口 - 扇町六丁目 - 福田町 - 陸前高砂駅 - 誓渡寺前 - 高橋 - 高砂市営住宅西

余目線編集

  • 88/X88系統
    • 陸前高砂駅 - 高砂二丁目 - 高砂市民センター前 - 田子小学校前 - 田子公会堂前 - 田子西 - 余目( - 燕沢東 - 市営バス東仙台営業所前)

卸町線編集

X230/X233系統を除き、霞の目営業所と共管

  • 230(X230)/J230系統
    • 交通局東北大学病院前 - 定禅寺通市役所前 - 電力ビル前 - 仙台駅前 - 国立病院前 - 銀杏町 - トラックターミナル中税務署入口 - 日の出町一丁目 - 小鶴新田駅( - 新田東一丁目 - 仙台市民球場前 - 燕沢東 - 市営バス東仙台営業所前)
  • 233(X233)/J233系統
    • 交通局東北大学病院前 - 定禅寺通市役所前 - 電力ビル前 - 仙台駅前 - 国立病院前 - 銀杏町 - 卸町会館前 - 中央卸売市場 - 日の出町一丁目 - 小鶴新田駅( - 新田東一丁目 - 仙台市民球場前 - 燕沢東 - 市営バス東仙台営業所前)

東部工場団地線編集

  • 57/A57系統
    • 旭ヶ丘駅 - 南光台小学校前 - 鶴ヶ谷四丁目中 - 鶴ヶ谷四丁目 - 鶴ヶ谷三丁目三高前 - 保健環境センター青年会館前 - ガス局前 - 宮城野区役所前 - 銀杏町 - 卸町会館前 - 中央卸売市場正門前 - 東部工場団地 - 狐塚 - 賀茂皇神社 - 荒井駅
  • 75系統
    • 市営バス東仙台営業所前 - 燕沢東 - 仙台市民球場前 - 新田東一丁目 - 小鶴新田駅 - 日の出町一丁目 - 扇町二丁目小鶴老人福祉センター入口 - 狐塚 - 東部工場団地 - 若林体育館前 - 荒井駅
  • 2015年12月6日に運行開始。

移管路線編集

  • 215/K215系統(交通局大学病院前発着の系統のみ川内営業所と共管
    • 交通局大学病院前 - 定禅寺通市役所前(復路:県庁市役所前) - 電力ビル前 - 仙台駅前 - 原町二丁目 - 宮城野区役所前 - 平成二丁目 - 新田二丁目東

※川内営業所と共管であったが、2015年12月6日に川内営業所へ全て移管。なお、2018年4月から再び川内営業所、ならびに霞の目営業所と共管。[3]

廃止系統編集

  • 新田二丁目東 - 案内公園前 - 市営バス東仙台営業所前

※ 215/K215系統の出入庫扱いであったが、2015年12月6日に川内営業所へ全て移管された為、廃止。

市営バス東仙台営業所バス停編集

市営バス東仙台営業所バス停は仙台市営バスの停留所である。

車庫を兼ねた営業所だが、仙台市東部のバスターミナルとしての役割もかねている。乗り場は3か所あり、構内に2か所、道路上に1か所ある設置されており、構内乗り場には待合室が設置されている。バスカード定期券は営業所庁舎で発売する。行先表示は「東仙台営業所」となっている。

なお1998年平成10年)まで、宮城交通と路線が並行していたため、ほぼ同じ場所に宮城交通のバス停留所があったが、停留所名は「燕沢」だった。

特例運賃編集

  • 仙台駅 - 県庁市役所 - 東仙台営業所間の運賃計算は、岩切線(210系統・X210系統)の走行距離に準拠しており、110系統(東仙台営業所線)・鶴ヶ谷南光台線出入庫(X120系統)・高松安養寺線出入庫(X130系統)では路線距離当たりの運賃が他系統よりも安く設定されている。この為、X120系統・X130系統では、鶴ヶ谷団地内及び安養寺団地内までの運賃(290円 - )より終点までの運賃(250円)の方が安くなる。なお、同じ出入庫系統であっても、2000年代以降に設定された路線(小鶴系統など)はこの特例が設定されない。

脚注編集