佐藤長 (スーパーマーケット)

スーパーマーケット

株式会社佐藤長(さとうちょう、SATOUCHO CO.,LTD.)は、青森県弘前市を地盤に、スーパーマーケットを営む小売企業である。本社は同市桔梗野に置く。通称『スーパー佐藤長』『さとちょう』。弘前を中心とした津軽地方南津軽郡下北地方むつ市へ展開する地域密着型スーパーである。
キャッチコピーは『地域密着・地域貢献が合言葉。みんなのスーパーさとちょうです。』としている。[1]
また、東北地方のモール等への専門店や、大手コンビニエンスストア『セブン-イレブン』も同時展開している。

株式会社 佐藤長
SATOUCHO CO.,LTD
Satoucho soumastore.jpg
さとちょう 相馬店(外観)
(旧:ウエルマート 相馬店)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 さとちょう
本社所在地 日本の旗 日本
036-8227
青森県弘前市大字桔梗野4丁目9-2
本店所在地 036-8184
青森県弘前市大字松森町93
設立 1984年昭和59年) 2月
(株式会社スーパー佐藤長)
業種 小売業
法人番号 2420001009145 ウィキデータを編集
事業内容 食品スーパーマーケット事業
代表者 代表取締役社長 佐藤 浩三
資本金 2,000万円
関係する人物 佐藤 譲(取締役副社長)
外部リンク 株式会社佐藤長
テンプレートを表示

概要編集

  • 1897年明治30年)9月、佐藤商店として松森町にて創業
(現、さとちょう松森町店)
  • 1978年昭和53年)4月、食品スーパーマーケット事業に転換。「スーパー佐藤長松森町店」開店。
  • 1984年(昭和59年)2月、株式法人化。当時の商号は株式会社スーパー佐藤長
  • 同年12月、弘前市桔梗野に「さとちょう桔梗野店」を開店、黒石市寿町(ヱスヱス商事本社)に「さとちょう寿町店」を開店した。
いずれの店舗も運営は有限会社ヱスヱス商事である。
  • 2009年(平成21年)、破産したマルエス主婦の店の店舗建物を同年1月に2店舗取得し、平川市に「さとちょう平賀店」を2月、「さとちょう尾上店」を3月に開店した。[2]
  • 2011年12月(平成23年)、津軽以外にも進出下北地方のむつ市へマックスバリュ2店舗を継承して、同月9日に「さとちょうむつ新町店」を開店、16日に「さとちょうむつ中央店」を開店した。[3]
  • 2016年(平成28年)、破産したスーパー三正の店舗建物を2015年4月に2店舗取得し、弘前の岩木地区に「さとちょう岩木店」を3月、北津軽郡板柳町に「さとちょう板柳店」を4月に開店した。[4]
  • 2017年(平成29年)1月、桔梗野店を移転し、「さとちょう樹木店」を開店した。[5]
  • 同年4月、本社を創業地である松森町から、同市桔梗野(旧:佐藤長桔梗野店(ヱスヱス商事))に移転し、業務を開始した。[6]
  • 同年11月、弘前市大字新町に所在するスーパーマーケットみのせ下町店(美濃清食品株式会社)をグループ店舗とし、「さとちょう下町店」を開店した。[8]
  • 2020年2月(令和2年)、お惣菜を小分け販売にするなど、少人数世帯に合わせた高齢者配慮型の新店舗「さとちょう大鰐店」を開店した。[10]
  • 同年4月、イオンモール下田に出店している「魚の魚三イオンモール下田店」畜産売り場を増設「魚の魚三/Ro3イオンモール下田店」として拡張リニューアルオープンした。[11]
  • 2015年には上北地方の七戸町に店舗を開店したものの、2018年5月をもって閉店し、食品スーパー事業は上北地方から撤退した。

スーパーマーケット店舗編集

※()内は、開店年月、所在地または開店前の店舗など備考。×印は臨時・一時休業中。

津軽地方編集

弘前市
  • さとちょう 松森町店
(本店、1978年4月開店。)
  • さとちょう 小比内店
小比内。旧スーパーはこだて屋、1987年6月開店。)
  • さとちょう 大原店
大原。旧弘前市民生協大原店、1995年7月開店。)
  • さとちょう 相馬店
湯口。旧中津軽郡相馬村時代に開店。旧ウエルマート相馬店、1998年1月開店。)
  • さとちょう 高杉店
五反田。旧ウエルマート高杉店、1998年3月開店。)
  • さとちょう 浜の町店
浜の町西。旧泉谷会館跡地、2008年1月開店。)
  • さとちょう 城東店
城東中央。旧亀屋 → K・バリュー城東店 → マックスバリュ弘前城東店 → マックスバリュ弘前城東店・ツルハドラッグ城東中央店・つるや弘前城東店・セリア生活良品弘前城東店 → スーパースポーツゼビオ弘前城東店、2008年11月開店。)
  • さとちょう 岩木店
賀田。旧スーパー三正岩木店、2016年3月開店。)
駅前町。旧ルミエールヒロロ店、2018年8月開店。)
  • さとちょう 下町店
新町。旧K・バリュー弘前下町店 → マックスバリュ弘前下町店 → スーパーマーケットみのせ弘前下町店 → 生鮮活祭さとちょうグループ・スーパーマーケットみのせ下町店、2018年11月開店。)
  • スーパーさとちょう 樹木店
樹木。新店舗、桔梗野店から移転、弘前市立第四中学校裏、2017年1月開店。ハルル樹木内)
(運営:有限会社ヱスヱス商事)
青森市
  • さとちょう 浪岡店
淋城。旧南津軽郡浪岡町時代に開店。旧ウエルマート浪岡店、1998年10月開店。)
  • さとちょう 青森富田店(生鮮活祭さとちょうグループ・フレッシュフードマーケットルミエール青森富田店)
青森富田。旧K・バリュー青森富田店 → ルミエール青森富田店(パワフルかわぜん青森富田店)、2018年10月開店。)
つがる市
  • さとちょう 森田店
山田新田。旧西津軽郡森田村時代に開店。旧ウエルマート森田店 → タップスSAVOY森田店、2003年12月開店。)
  • さとちょう 木造店(生鮮活祭さとちょうグループ・フレッシュフードマーケットルミエールきづくり店)×
若緑。旧ルミエール木造店(パワフルかわぜん木造店)、2018年10月開店。)
店舗改装後、「さとちょう木造店」として2021年7月中旬ごろに開店が予定されている。
五所川原市
  • さとちょう 新宮店
幾世森。旧タップスSAVOY新宮店、2000年12月開店。)
  • さとちょう 広田店
榊森。2003年5月開店。)
  • さとちょう 金木店
朝日山。旧白兼ストア金木本店、2014年7月開店。)
黒石市
  • スーパーさとちょう 寿町店
寿町(旧スーパーサンコー黒石寿町本店、2005年12月)
(運営:有限会社ヱスヱス商事)
平川市
  • さとちょう 平賀店
東田。旧マルエス平賀店、2009年2月開店。)
  • さとちょう 尾上店
栄松。旧マルエス尾上店、2009年3月開店。)
北柳田。旧コープあおもり平賀店 → ルミエール平賀店、2018年10月開店。)
北津軽郡板柳町
  • さとちょう 板柳店
実田。旧スーパー三正板柳本店、2016年4月開店。)
南津軽郡藤崎町
  • さとちょう 常盤店
亀田。旧同郡常盤村時代に開店。旧ウエルマート常盤店、1998年2月開店。)
南津軽郡大鰐町
湯野川原。旧:ママの店。2020年2月開店。)

下北地方編集

むつ市
  • さとちょう むつ新町店
新町。旧マックスバリュむつ新町店、2011年12月開店。)
  • さとちょう むつ中央店
中央。中央二丁目。旧ウエルマートむつ中央店 → K・バリューむつ中央店 → マックスバリュむつ中央店 → ザ・ビッグむつ中央店、2011年12月開店)
松木屋名物 そば・うどん中央店
(むつ松木屋店より移転。2021年4月24日開店。)
柳町一丁目。2016年11月3日にむつ松木屋の食品売場として入居。2016年11月開店。)[14]

[15]

テナント店舗編集

テナントとして出店しているのは魚三(水産部門)である。

青森県編集

  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル八戸
(2014年12月開店。)
(2016年10月開店。旧:魚の魚三 イオンモール下田店。2020年04月25日改装。)
  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル十和田
(2019年10月開店。)
  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアルおいらせ
(2021年5月開店。)

岩手県編集

  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル水沢上姉体
(2013年09月開店。)
(2013年09月開店。)
  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル北上
(2015年11月開店。)
  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル滝沢
(2020年01月開店。)
  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル花巻
(2020年11月開店。)

宮城県編集

  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル名取
(2016年10月開店。)
(2021年02月開店。)

山形県編集

(2020年11月開店。)

[16]

過去に存在した店舗編集

さとちょう編集

  • スーパーさとちょう 桔梗野店(ヱスヱス商事)
(2005年12月開店。旧:スーパーサンコー桔梗野店)
(2017年1月15日をもって閉店→樹木店に移転)
現、本社事務所
(2015年09月開店。上北地区初進出店舗)
(2018年5月6日をもって閉店)
現、マエダストア七戸店
  • さとちょう 堅田店(店舗建物解体済)[17]
青山。旧ウエルマート堅田店、1998年11月開店。)
(2019年9月15日に臨時休業後閉店。)
2019年に発生した後述の影響により閉店を余儀なくされた。

[18]

テナント出店店舗編集

  • 海鮮市場魚三 スーパーセンタートライアル 名取美田園店
(2013年08月開店。2017年8月27日をもって閉店(テナント元のトライアル閉鎖に伴い))
(2016年07月開店。2019年12月08日をもって閉店(テナント元のトライアル閉鎖・移転に伴い(→滝沢店)))

沿革編集

佐藤商店(現松森町店)創業
スーパー佐藤長に改称、松森町店開店
「小比内店」「大原店」「相馬店」「常盤店」「高杉店」「浪岡店」「堅田店」「新宮店」順次開店
「チルド共配センター」稼動
「セントラルキッチンセンター」稼動
  • 2003年5月
「広田店」開店
  • 2003年12月
「森田店」開店
「ドライ共配センター」稼動
  • 2005年12月
「桔梗野店(ヱスヱス商事)」開店
「寿町店(ヱスヱス商事)」開店
「浜の町店」開店
  • 2008年11月
「城東店」開店
「平賀店」開店
  • 2009年3月
「尾上店」開店
「新町店」「中央店」開店
「スーパーセンタートライアル 盛岡青山店」に魚三(水産部門)テナント入店
  • 2013年9月
「スーパーセンタートライアル 水沢姉体店」に魚三(水産部門)テナント入店
「スーパーセンタートライアル 盛岡西バイパス店」に魚三(水産部門)テナント入店
「金木店」開店
  • 2014年12月
「スーパーセンタートライアル 八戸店」に魚三(水産部門)テナント入店
「七戸店」開店
  • 2015年11月
「スーパーセンタートライアル 北上店」に魚三(水産部門)テナント入店
「岩木店」開店
  • 2016年4月
「板柳店」開店
  • 2016年7月
「スーパーセンタートライアル 名取美田園店」に魚三(水産部門)テナント入店
  • 2016年10月
「スーパーセンタートライアル名取店」に魚三(水産部門)テナント入店
  • 2016年10月
「イオンモール下田店」に魚の魚三(水産部門)テナント入店
  • 2016年11月
むつ松木屋店」開店
「桔梗野店」閉店
ショッピングセンターハルル樹木に「さとちょう樹木店」として開店
  • 2017年4月
「本社」移転
「佐藤長プロセスセンター」稼動
「七戸店」閉店[19][20]
  • 2018年8月
「ヒロロ店」開店[21][22][23]
  • 2018年10月
「木造店」開店
「平賀駅前店」開店
「青森富田店」開店
  • 2018年11月
「下町店」開店
株式会社魚三水産」設立
  • 2019年10月
「スーパーセンタートライアル 十和田店」に魚三(水産部門)テナント入店
「スーパーセンタートライアル 滝沢店」に魚三(水産部門)テナント入店
  • 2020年2月   
「大鰐店」開店
  • 2020年4月   
「イオンモール下田店」にRo3(畜産部門)テナント入店〔魚の魚三併設〕[24]
  • 2020年11月
「スーパーセンタートライアル 花巻店」に魚三(水産部門)テナント入店
「クスリのアオキ 天童中里店」に魚三(水産部門)テナント入店
「クスリのアオキ 古川駅東店」に魚三(水産部門)テナント入店
  • 2021年5月
「スーパーセンタートライアル おいらせ店」に魚三(水産部門)テナント入店

[25]

イメージソング編集

  • 「みんな笑顔で」 - さとちょう全店の店内で流れている。
佐藤長の公式サイトから視聴することができる。

「さとちょう堅田店」火災編集

同社の展開するスーパーマーケット「さとちょう」の「さとちょう堅田店」が、2019年9月14日(土)12時56分ごろに火災が発生した。

出火元は同店舗のテナントである、「―手造り―やきとり串焼くん」からである。

出火時には周辺の道路が約4時間通行止めになるなど、大規模な火災となった。

鎮火は17時00分ごろである。[26]

また、怪我人は出ておらず、人命には影響は出ていない。

約2年程手付かずのままだったが、2020年12月上旬ごろ佐藤長堅田店の店舗解体工事に着手し、2021年3月上旬ごろに新築工事を開始した。

その後、店舗跡地には「株式会社丸大サクラヰ薬局」の「ハッピー・ドラッグ弘前堅田店」が2021年6月17日(木)に開店している。[27][28]

関連会社編集

「スーパーさとちょう寿町店・樹木店」の運営を担当している。
本社:青森県弘前市大字桔梗野4丁目9-2
本社:青森県弘前市大字末広1丁目5-1
本社:青森県むつ市柳町1丁目8-8
  • 総鮮物産株式会社
「さとちょうむつ松木屋店」の運営を担当している。
本社:青森県むつ市柳町1丁目8-8
2018年10月業務提携。
本社:青森県つがる市木造若緑27-3(川善屋)
本社:青森県青森市富田3丁目6-8(ルミエール)
  • 美濃清食品株式会社
2018年11月食品スーパーマーケット部門を継承。
本社:青森県弘前市大字城西4丁目1番地15カルティエ城西1F
本社:青森県黒石市大字浅瀬石字扇田344

出典編集

  1. ^ 株式会社 佐藤長
  2. ^ 旧マルエス2店を佐藤長が取得
  3. ^ 佐藤長むつ出店「交渉ほぼ合意」(東奥日報)(2011年10月21日時点でのアーカイブ、2019年12月1日閲覧)
  4. ^ 佐藤長、旧スーパー三正店舗取得(東奥日報)(2015年4月3日時点でのアーカイブ、2020年3月14日閲覧)
  5. ^ スーパー佐藤長樹木店オープン/弘前(陸奥新報)
  6. ^ 佐藤長が本社事務所を桔梗野に移転(陸奥新報)
  7. ^ 「ルミエールきづくり店」の運営佐藤長に(東奥日報)(2019年9月25日時点でのアーカイブ、2021年2月1日閲覧)
  8. ^ スーパーみのせ下町店が佐藤長グループに(陸奥新報)
  9. ^ 会社概要(沿革)│株式会社 佐藤長
  10. ^ さとちょう大鰐店開店 高齢者世帯に配慮(陸奥新報)
  11. ^ イオンモール下田に鮮魚・精肉の専門店オープン/佐藤長(弘前)(デーリー東北・一部有料会員向け記事)
  12. ^ <流通スポット> クスリのアオキ(石川)、東北の水産パートナーを佐藤長に(日刊食品速報・有料会員向け記事)
  13. ^ 「松木屋名物 そば・うどん中央店」オープンのお知らせ|店舗からのお知らせ|株式会社 佐藤長
  14. ^ むつ松木屋店店舗改装工事に伴う一時休業のお知らせ|店舗からのお知らせ|株式会社 佐藤長
  15. ^ 店舗一覧│株式会社 佐藤長
  16. ^ 店舗一覧(テナント店舗情報)│株式会社 佐藤長
  17. ^ さとちょう堅田店臨時休業のお知らせ|店舗からのお知らせ|株式会社 佐藤長
  18. ^ 店舗一覧│株式会社 佐藤長
  19. ^ 店舗からのお知らせ│株式会社 佐藤長
  20. ^ 会社概要│株式会社 佐藤長
  21. ^ 「さとちょうヒロロ店」開店のお知らせ|店舗からのお知らせ|株式会社 佐藤長
  22. ^ ヒロロ地下に佐藤長出店へ(陸奥新報)
  23. ^ さとちょうヒロロ店オープン/弘前(陸奥新報)
  24. ^ イオンモール下田に鮮魚・精肉の専門店オープン/佐藤長(弘前)(デーリー東北)
  25. ^ 会社概要(沿革)|株式会社 佐藤長
  26. ^ 青山 スーパーで火災|アップルストリーム
  27. ^ 【弘前市】長らく使われていなかったあの場所にハッピードラックの新店舗が6月中旬にオープンします! | 号外NET 弘前市(中南)
  28. ^ 弘前堅田店がオープンいたしました。|ハッピー・ドラッグ:株式会社 丸大サクラヰ薬局

関連項目編集

外部リンク編集