メインメニューを開く

倭・倭人関連の中国文献(わ・わじんかんれんのちゅうごくぶんけん)は、倭人や倭国のことが書かれている中国の文献について解説する。

目次

概要編集

倭についてはじめて書かれた正史は、後漢の初頭時代に班固が書いた『漢書』地理志であり、史書以外では、王充が著した『論衡』(ろんこう)である。

『漢書』では、倭は朝鮮半島の南の海のかなたにあると書いており、『論衡』では、倭は中国の南の呉越地方揚子江の下流域の南付近)と関連あると推定しているようである。 『晋書』、『梁書』などが、倭人の出自に関しては「太伯之後」という文言を記している。の祖である太伯の子孫という意図であろう。

この当時、中国から倭へ至るのは主に北(朝鮮ルート)としても、南(呉のルート)があった可能性は否定できないのかも知れない。

論衡編集

本文編集

倭人について、

「周時天下太平 倭人來獻鬯草」(異虚篇第一八)
の時、天下太平にして、倭人来たりて暢草を献ず

「成王時 越裳獻雉 倭人貢鬯」(恢国篇第五八)
成王の時、越裳は雉を献じ、倭人は暢草を貢ず

「周時天下太平 越裳獻白雉 倭人貢鬯草 食白雉服鬯草 不能除凶」(儒増篇第二六)
周の時は天下太平、越裳は白雉を献じ、倭人は鬯草を貢す。白雉を食し鬯草を服用するも、凶を除くあたわず。

とみえる。

書や記事について編集

中国の歴史時代は、の後期に始まり、春秋戦国、前漢、、後漢、三国(魏・呉・蜀)……と続いていく。

周代は、ほぼ日本縄文時代晩期から弥生時代前期にあたり、この当時から中国では日本列島などの住人を倭人と認識していたとも考えられる。白雉は食用に、暢草(ちょうそう)は服用に、それぞれ供されたされたようで、暢草は酒に浸す薬草と思われていた。この草は、江南から南に生えるものである[要出典]と並べて書かれていることからみて、王充は、倭人を呉越地方と関係あると認識していたとも思われる[要出典]

撰者について編集

王充(おうじゅう 27年 - 97年)の書。王充は、会稽(かいけい)郡上虞(じょうぐ)県で生まれる。もとからの江南人ではない。華北からの移住者であった。王充は次項『漢書』の著者・班固より5歳年長の先輩で、知人であった。彼は、自由な合理的・実証的な精神によって時弊を痛論し、ことに、当時盛行していた讖緯(しんい)思想陰陽五行思想に対して強く批判し、迷信や不合理を斥け、一方、儒家道家法家などの言説も批判して、宿命論的・唯物的傾向が強いが、根本的には儒家思想の持ち主であった。「食白雉服鬯草 不能除凶」というのも、 迷信や不合理を批判した一例であろう。いずれにせよ、王充は、倭人が、古く周代に朝貢したと考えた事が分かる。

  • 抄訳は平凡社東洋文庫、中国古典新書:明徳出版社、新書漢文大系:明治書院がある。
  • 全訳は(原文・読み下し)山田勝美訳注で新釈漢文大系:明治書院に上中下巻である。

『山海経』編集

「蓋國在鉅燕南 倭北 倭屬燕」(山海經 第十二 海内北經)
蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり。 倭は燕に属す。

山海経の編纂された時代には、倭はに朝貢していたと考えられていた事がわかる。 しかし、同書は伝説集または神話集の体裁をとっていて「架空の国」や「架空の産物」が多く、史実を忠実に反映したものとみなすことについては疑問視されている。 『山海経』第九 海外東經では、東方の海中に「黒歯国」があり、その北に「扶桑」が生える太陽が昇る国があるとされていた。

三国志』魏書東夷伝倭人条(魏志倭人伝)
「去女王四千餘里又有裸國黒齒國復在其東南船行一年可」
女王(卑弥呼)の国から4000余里に裸国と黒歯国がある。東南に船で一年で着く。
(よって『山海経』の影響を受けていると言えるが、邪馬台国と黒歯国は異なる国という認識である)

梁書』卷五十四 列傳第四十八 諸夷傳 東夷条 倭
「其南有侏儒國 人長三四尺 又南黑齒國 裸國 去倭四千餘里 船行可一年至 」
南に身長三四尺の民の国があって、その南に黒歯国がある。倭から4000余里。船で1年で着く。
(よって『山海経』の影響を受けていると言えるが、倭国と黒歯国は異なる国という認識である)

[注釈 2]

漢書編集

本文編集

『漢書』(前漢書ともいう)の地理志の地の条に、

「然東夷天性柔順、異於三方之外、故孔子悼道不行、設浮於海、欲居九夷、有以也夫。樂浪海中有倭人 分爲百餘國 以歳時來獻見云」
然して東夷の天性柔順、三方の外に異なる。故に孔子、道の行われざるを悼み、設(も)し海に浮かばば、九夷に居らんと欲す。以(ゆゑ)有るかな。楽浪海中に倭人あり、 分ちて百余国と為し、 歳時をもつて来たりて献見すと云ふ。

とあり、地の条に

「會稽海外有東鯷人 分爲二十餘國 以歳時來獻見云」
会稽海外に東鯷人あり、分ちて二十余国と為し、歳時をもつて来たりて献見すと云ふ。

とある。「鯷(テイ)」は大きなナマズの意味である。

書や記事について編集

楽浪郡は、前漢紀元前202年-8年)の武帝紀元前108年衛氏朝鮮の故地に設置した漢四郡の一つである。その役所は、今日の北朝鮮平壌付近にあった。漢四郡とは、真番郡玄菟郡・楽浪郡・臨屯郡をいう。中国の史書で倭人の国のことをはじめて書いたのがこの『漢書』地理志である。楽浪の海を越えた所に百余国に分かれた倭人の国があった。中国人の目には、「国」として映っていた。弥生中期の後半(紀元前1世紀頃)に当たっている。会稽郡の将軍王翦紀元前222年両国の故地に設置した郡で、役所は今日の浙江省紹興市付近にあった。東鯷人と倭人の関係は不明であるが、谷川健一は「わが列島の中に「東鯷人」の国を求めるとすれば、阿蘇山の周辺をおいてほかにないと私は考える」と記している[2]

撰者について編集

班固と妹の班昭が後漢の初め頃に編纂した。

後漢書編集

本文編集

『後漢書』「東夷傳」

「建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬」
建武中元二年(57年)、倭奴国、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武賜うに印綬を以てす

「安帝永初元年 倭國王帥升等獻生口百六十人 願請見」
安帝永初元年(107年)倭国王帥升等、生口160人を献じ、請見を願う

倭奴国の王は、出先機関の楽浪郡にではなく、後漢の都の洛陽にまで使者をはるばる派遣し、朝貢していた。 授けられた金印倭奴国王印)は、江戸時代に博多湾志賀島で掘り出されたものとされ、現存する。「漢委奴國王」と刻印されている。三宅米吉はこれを漢(かん)の委(わ)の奴(な)の国王と読んでいる。また、委奴を「いと・ゐど」(伊都国)と読み、漢の委奴(いと・ゐど)の国王と読む説もある。

しかしながら、そのような日本の読み方の如何に関係なく、かの漢字文化の本家では、どのように解釈していたか、と言えば

安帝時、又遣朝貢、謂之倭奴國。
安帝の時(106-125年)、また遣使が朝貢した、これを倭奴国という
安帝時、又遣使朝貢、謂之倭奴國
安帝の時(106-125年)また遣使が朝貢、これを「倭奴国」という
倭國者、古倭奴國也。
(倭国とは、古の「倭奴国」なり)

と、「倭奴国」という国名の固有名詞として、後の「倭国」の呼称の意、としていた。 この後は倭国大乱卑弥呼の記事があり、『三国志』の『書』東夷伝の倭人の条(魏志倭人伝)に似ているが、大乱の時期を「桓霊間」(桓帝霊帝の時代)と具体的に記すなど相違点もある。 東夷伝にはこの他、『漢書』地理志から引用したと見られる「東鯷人」の記事、『三国志』の『書』孫権伝から引用したと見られる夷洲と亶洲(「澶洲」と誤記)の記事もある。

中国の史書に倭国が現れたのは、『後漢書』の安帝紀の永初元年(107年)の記事が初めてである。

「冬十月,倭國遣使奉獻。辛酉,新城山泉水大出」

檀石槐伝編集

『後漢書』卷九十 烏桓鮮卑列傳第八十の檀石槐伝に以下の記述がある。

「光和元年冬 又寇酒泉 縁邊莫不被毒 種衆日多 田畜射獵不足給食 檀石槐乃自徇行 見烏侯秦水廣從數百里 水停不流 其中有魚 不能得之 聞倭人善網捕 於是東擊倭人國 得千餘家 徙置秦水上 令捕魚以助糧食」[注釈 3]

書や記事について編集

『三国志』より古い時代を書いているが、成立は三国志より遅い。五世紀に書かれた。范曄は『漢書』は当然、『三国志』『魏略』なども読むことができたと思われる。また「倭の五王」の「上表文」も知っていた。

撰者について編集

范曄(はんよう 398-445)の撰。後述の魏志より遥か2世紀近くも後に編纂されたことに注意。

『魏志』倭人伝編集

本文編集

倭人在帶方東南大海之中 依山島爲國邑 舊百餘國 漢時有朝見者 今使譯所通三十國」(『三国志』魏書巻三〇「烏丸鮮卑東夷伝 倭人の条」)

この記事は、倭人伝の導入部である。その意味は、

倭人は帯方郡[注釈 4]の東南の大海の中におり、山の多い島のうえに国や邑(むら)をつくっている。もとは百あまりの国があり、その中には漢の時代に朝見に来たものもあった。いまは使者や通訳が往来するのは三十国

である。

書や記事について編集

東夷伝には、夫余高句麗東沃沮挹婁馬韓辰韓弁辰・倭人の九条が含まれている。東夷伝の九条とも大体三部から構成されている。倭人伝も、第一部はその周辺との関係位置や内部の行政区画の記事、第二部はその経済生活や日常習俗の記事、第三部はその政治外交上の大事件の記事、と分けることができる。また、倭国の政治体制に関する記事を一部と考えると四部構成にできる。

東夷伝の韓伝冒頭には、

「韓在帶方之南 東西以海爲限 南與倭接 方可四千里」(『魏志』韓伝)
韓は帯方の南に在り。東西は海をもって限りとなし、南は倭と接する。方4千里ばかり。

とある。 これも倭人伝を考えるに際しての貴重な情報であろう。

倭人伝について編集

倭人伝にえがかれた時代は、後漢の終わり頃から三国鼎立の時代であった。同時代の王沈の書『魏書』に東夷伝がなく、また『三国志』は、中国王朝の歴史を書く史書であったが、陳寿の『魏志』倭人伝は、約二千字を使って倭人のことを書いている。そこに、特別な事情があったと見る事がある。また「倭人は鉄の鏃を使う」との記述がある。

三国志』について編集

『三国志』は『魏書』三十巻、『呉書』二十巻、『蜀書』十五巻からなる。通称は『魏志』『呉志』『蜀志』である。魏の文帝の黄初元年から晋の武帝の太康元年にいたる間(220年 - 280年)の魏・蜀・呉の三国鼎立時代、60年間の歴史を書いたもので、正史二十四史の第四番目に位置する。が天下を統一したころ、太康年間(280-289)に全六十五巻を陳寿が撰述した。名著の誉れ高く、陳寿の死後、『史記』『漢書』『後漢書』の「前三史」に加えて、「前四史」と称されるようになった。

三国とその周辺について編集

華北にがあって、古来中国そのものとされていた中原を支配し、華中・華南に、長江(揚子江)の上流四川を中心にがある。南北に対立した魏と呉の領域は、のちの南北朝時代にもそれぞれ北朝と南朝の領域となり、地域的対立する。中国では中央に居住する華夏族(漢民族)に対して、その周辺に居住するものを、東は夷、南は蛮、西は戎(じゅう)、北は狄(てき)の「文化」を有しない蛮夷と見なした。つまり、魏は、秦、漢に続いて中国の大勢を支配したとも言える。

晋書編集

本文編集

武帝紀の太康10年(289年)の条には、

「東夷絶遠三十餘國 西南二十餘國來獻」

とあり、絶遠の東夷に倭人が含まれていると見る事がある。

書や記事について編集

  • 倭人については東夷伝と武帝紀、倭国については安帝紀に書かれている。
  • 邪馬台国についての直接の記述は無いが、魏の時代の倭人や卑弥呼については書かれている。また266年の「倭人」の朝貢は日本書紀神功皇后紀に『晋起居注』(現存しない)から引用された「倭の女王」の記事と年次が一致するので、この女王は台与と考えられている。
  • 266年に倭人が来て、円丘・方丘を南北郊に併せ、二至の祀りを二郊に合わせたと述べられ、前方後円墳のおこりを記したと解釈した一説が提示されている。
  • 『晉書』四夷傳(東夷条)
  • 『晉書』帝紀(抜粋)

宋書編集

本文編集

「自昔祖禰 躬擐甲冑 跋渉山川 不遑寧處 東征毛人五十國 西服衆夷六十六國 渡平海北九十五國」(『宋書』倭国伝)

昔から祖彌(そでい)躬(みずか)ら甲冑(かっちゅう)を環(つらぬ)き、山川(さんせん)を跋渉(ばっしょう)し、寧処(ねいしょ)に遑(いとま)あらず。東は毛人を征すること、五十五国。西は衆夷を服すること六十六国。渡りて海北を平らぐること、九十五国。

「詔除武使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王」
時の順帝は、上表に応え、詔を以て武を、使持節、都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍にして倭王に叙爵し、倭国が宋へ朝貢をし、宋が倭王(武)に対して、百済を除く朝鮮半島及び倭の六国支配を認めており、当時の南朝宋の東夷諸国観が見て取れる。

書や記事について編集

の文帝の命によって、439年(元嘉16)から編纂が始まり、何承天・山謙之・裴松之(はいしょうし)・徐爰(じょかん)らの当代有数の文人たちによって継続されていた。487年(永明5)に南斉の武帝の命を受けた沈約(しんやく)が翌年(元嘉17)に本紀10巻・列伝60巻を完成させ、30巻は502年(天監元)にできあがった。『宋書』は全体として事実を簡にな記述しており、宋王朝の官府に集積されていた史料を実録的に記述している。

倭の五王の中の珍に関係する記述が列伝の倭国条だけでなく本紀の文帝紀にもある。

撰者について編集

沈約は、の著作郎(歴史編纂の長官)であった。

南斉書編集

本文編集

書や記事について編集

倭国関係は東南夷伝に書かれている。冒頭は前正史の記述を大きく抄録したもので、また中国から見た倭国の位置や女王の存在などを記す。

479年の倭国の遣使を記し、倭王武を使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍から、称号などが書かれている。

『梁職貢図』編集

職貢図(しょくこうず)は、古代中国王朝皇帝に対する周辺国や少数民族の進貢の様子を表した絵図。「職貢」は「中央政府への貢もの」の意味[3]貢職図とも呼ばれる。時代の梁職貢図が有名。

『梁職貢図』は、梁の武帝(蕭衍)の第7子、後に元帝(孝元皇帝)として即位する蕭繹が、荊州刺史を務めていた時代に作成されたと伝えられる。

原本は紛失しているが、の画家閻立本による模本(台湾国立故宮博物院蔵)、南唐の画家顧徳謙による模本(台湾・国立故宮博物院蔵)、北宋の模本(中国国家博物館蔵)の三種類の模本が現存しているが、いずれも完本ではなく、記事に欠落も多い。「歴史地理風俗的題記」が記された北宋模本でも、絵は12国、題記は13国にとどまっていた。

近年、歴史学者趙燦鵬によって発見された清朝時代の画家張庚による『諸番職貢圖巻』[4]では、18国の題記を含んでいる。

倭国についての記述編集

倭国は南斉の建元(479年〜482年)に、上表した。

斯羅国(新羅)についての記述編集

「斯羅國,本東夷辰韓之小國也。魏時曰新羅,宋時曰斯羅,其實一也。或屬韓或屬倭,國王不能自通使聘。普通二年,其王名募秦,始使隨百濟奉表献方物。其國有城,號曰健年。其俗與高麗相類。無文字,刻木為範,言語待百濟而後通焉」[5][6]
斯羅國は元は東夷の辰韓諸国の中の一小国であった。の時代では新羅といい、劉宋の時代には斯羅というが同一の国である。或るとき韓に服属し、あるときはに服属していたため、国王は使者を派遣できなかったとしている。普通二年(521年)に、募秦王(法興王)が、初めて、百済に随伴し朝貢する使節を派遣した。斯羅国には健年城という城があり、習俗は高麗(高句麗)と類似し文字はなく木を刻んで範とした(木簡)。百済の通訳で梁と会話を行った。

韓国の歴史家ユン・ヨングは張庚模本と南京博物院旧蔵模本と比較したうえで「新羅と高句麗を含んだ7カ国の題起は完全に新しく出現した資料」とした[7]。また、張庚模本の新羅題記の中の「或屬韓或屬倭」(「或るときは韓に服属し、或るときは倭国王に服属した」)という記述について、任那日本府(369年-562年)問題や414年に建立された広開土王碑碑文における

百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以耒卯年來渡海破百殘加羅新羅以為臣民

百済と新羅は高句麗属民で朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百済・加羅・新羅を破り、臣民となした

という記述解釈などの諸問題に関連して議論が起こるだろうとした[8]

梁書編集

本文編集

書や記事について編集

の著作郎であった姚思廉(ようしれん)が太宗の命を受けて編纂した。636年(貞観10)に完成した。史料的価値は『宋書』より低いと見られる。

梁書巻五四の諸夷伝にに関する記述がある。先行する倭に関係する記述を適宜に採録したものである。倭の五王名や続柄が『宋書』と異なっている。

撰者について編集

姚思廉(ようしれん)、唐の著作郎。

北史編集

『北史』倭国伝編集

漢光武時、遣使入朝、自稱大夫。
後漢の光武帝の時(25-57年)、遣使が入朝、大夫を自称する。
安帝時、又遣朝貢、謂之倭奴國。
安帝の時(106-125年)、また遣使が朝貢した、これを倭奴国という

南史編集

隋書編集

本文編集

卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」に、

男女多黥臂點面文身 没水捕魚
男女多く臂(うで・ひじ)に黥(げい)し顔に点し身に文し、水に没して魚を捕る

とある。『魏志倭人伝』記事の焼き直しでなく、608年の隋使裴清裴世清)の一行の見聞や観察を基礎にしたものであれば、7世紀初頭の倭人社会についての貴重な資料である。また、

新羅 百濟皆以俀爲大國 多珎物 並敬仰之 恒通使往來
新羅百濟は、みな俀を以て大国にして珍(寳)物多しとなし。並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す

とあり、新羅と百済が、共に、大国にして宝物の多い俀を尊敬し、常に使いを通わせていたとの記述と思われる。

大業三年 其王多利思北孤遣使朝貢 使者曰 聞海西菩薩天子重興佛法 故遣朝拜 兼沙門數十人來學佛法
大業三年(607年)其の王多利思北孤,使いを遣わして朝貢す。使者曰く『海西の菩薩天子重ねて仏法を興すと聞く。故に遣わして朝拝せしめ,兼ねて沙門数十人来りて仏法を学ぶ。』と。

俀の王からの使者が来て、隋を訪問した目的を述べたことが記述されている。ここでは「海西の天子は、重ねて(熱心に)仏法を起こしていると聞いた。そのため沙門(僧侶)を送って仏法を学ぶために来たのだ」と述べている。

海西の菩薩天子とは、海の西の方の天子、すなわち、開皇11年(591年)菩薩戒により総持菩薩となった煬帝を指している。そして、この一節の直後に有名な「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」の記述が続いている。

『隋書』東夷傳編集

「九夷所居、與中夏懸隔、然天性柔順」
九夷(中国の東に住む諸民族)が居る所は、中華から遠くにあり、(九夷の)天性は柔順である。

書や記事について編集

魏徴(ぎちょう)の7世紀後半撰。二十四史の一つ。

旧唐書編集

本文編集

日本について『倭国』と『日本国』の条がある。「日本」の名称に関して次の記述がある。

倭國者古倭奴國也 去京師一萬四千里 在新羅東南大海中 依山島而居 東西五月行 南北三月行 世與中國 ~
日本國者倭國之別種也 以其國在日邊 故以日本爲名 或曰 倭國自惡其名不雅 改爲日本 或云 日本舊小國 併倭國之地 — 『舊唐書』 東夷伝 倭國[9][10]

日本国は倭国の別種なり。 その国日辺にあるを以て、故に日本を以て名とす。 或いはいう、倭国自らその名の雅ならざるを悪み、改めて日本となすと。 或いはいう、日本は旧小国、倭国の地を併せたり、と。

倭国は「その名の雅(みやび)ならざるを悪(にく)み」名を改めたと自称した読める。また、北宋時代に再編纂された『新唐書』においては、古の倭奴が、高句麗滅亡後、倭の悪名を嫌って日本と改名したとの理解に対して、「日本という小国を倭があわし(合併し)その号(日本の名)を冒(名のる)」し、日本と改めたと説明したが、疑いを持たれた、という記述がある。

書や記事について編集

読みは「くとうじょ」。五代十国時代(10世紀)に劉昫(りゅうく)らによって編纂された歴史書。二十四史の一つ。

新唐書編集

通典編集

その他の文献編集

以下は、「倭・倭人関連の中国文献」に関係ある文献および人名である。

  • 魏書』は王沈(おうしん、? - 266年)の編著。陳寿は参考にしている。東夷伝なし。
  • 魏略』は魚豢(ぎょけん)撰の編著。佚文(いつぶん 逸文のこと)は、『漢書』(顔師古付注のみ)、『翰苑』、『北戸録』(唐 段公路撰 博物誌、類書)、『魏志』(主として裴松之付注)、『法苑珠林』(唐 道世著 仏教典籍、類書)に引用された断片である。清代に張鵬一(ちょうほういつ)が諸書の魏略引用逸文を集めて『魏略輯本』を編集している。
  • 裴松之(はいしょうし、371年 - 451年)は、宋の文帝の命を受けて426年(元嘉6年)に三国志全巻に対して「注」を付している。これを裴松之注(註とも)、あるいは裴注という。裴注は、陳寿編纂記事が補足、注釈を要すると見た箇所に、同時代資料を引用追加し付注したものである。概ね、典拠を示して「.にいう」と開始したのち、付注部の評価を記載している。時に「臣裴松之が考えるに」として直接注釈している例もある。他に、本文中に端的に付注した例も見られる。
  • 翰苑』(かんえん)はの張楚金(ちょうそきん)が編纂した類書[注釈 5]で、蕃夷(ばんい)部のみが太宰府天満宮に美麗な断簡(写本の断片)として現存しているが、残る大半部分は失われている。日本に唯一伝存している『翰苑』は9世紀に書写されて以来、千年を越える星霜に耐えた貴重な文化財であるが、文献資料としてみると誤解、誤写、誤字、脱漏が大変多いのに加えて、錯簡があり、しばしば誤読されているので注意が必要である。『魏略』の引用が多い[11]
  • 史通』(しつう)は唐の劉知幾(りゅうちき)撰。
  • 太平御覧』(たいへいぎょらん)は、北宋太宗の勅を受けて李昉(りほう)等が編纂した類書である。この書が類書の中では最も良書として名高いが、史料引用には、やはり原文を簡略にした箇所や改編した箇所が多くみられる。また、編纂の際の原典からの引用、抜き書き、校閲に、史官があまり関与していないと思われるので、史料としての利用には注意が必要である。
  • 後代編纂の史書『晋書』、『梁書』などが、倭人の出自に関しては一致して「太伯之後」という文言を記している。ただ「旧語を聞くに、自ら太伯(たいはく)の後という」の文言は両書にあって、倭人伝にはない。

主な訳注書編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ (朱子には『漢書』の地理志の内容と同じような見解の「朱子曰く、東方の夷に九種有り。之に居らんと欲するは、亦、桴に乗りて海に浮かばんの意なり。」の一節がある。
  2. ^
    論語』子罕第九に「欲居九夷」
    「孔子、(その天性が柔順な)[1]九夷に居すを欲す。」とあること。
    『論語』公治長第五に
    「子曰く、道行われず。海に浮かぶべし(子曰、道不行、乗桴浮于海)」(孔子が言った。中国では道徳が受け入れられないから、東の海にある九夷にいきたい)[注釈 1]とあること。
    『漢書地理志』に「然東夷天性柔順、異於三方之外、故孔子悼道不行、設浮於海、欲居九夷、有以也夫。楽浪海中有倭人、分為百余国、以歳時来献見云。」
    「然して東夷の天性柔順、三方の外に異なる。故に孔子、道の行はれざるを悼み、設(も)し海に浮かばば、九夷に居らんと欲す。以(ゆゑ)有るかな。楽浪海中、倭人有り。分かれて百余国を為す。歳時を以て来たり献見すと云ふ。」 とあること。
    隋書』東夷傳の倭の条に「・・・九夷所居、與中夏懸隔、然天性柔順・・・」
    「倭は・・・九夷の居るところ。・・・その天性は柔順」とあること。
  3. ^ 『三国志』「魏書」「烏桓鮮卑東夷伝」鮮卑に「後檀石槐乃案行烏侯秦水 廣袤數百里 停不流 中有魚而不能得 聞汙人善捕魚 於是檀石槐東撃汗國 得千餘家 徙置烏侯秦水上 使捕魚以助糧 至于今 烏侯秦水上有汙人數百戸」とあり裴松之の注釈で汙人を倭人とする
  4. ^ 後漢の末に遼東太守であった公孫氏が勢力を伸ばし、204年(後漢建安9年)楽浪郡の南に建てたのが帯方郡である。
  5. ^ 類書とは、各種の書物の内容を編者の考える事項別に分類収録したもの。

出典編集

  1. ^ 「周時天下太平 倭人來獻鬯草」(異虚篇第一八)
  2. ^ 『続・日本の地名』岩波新書 1998年 ISBN 4004305594 31頁
  3. ^ 職貢図【しょくこうず】 百科事典マイペディア
  4. ^ 趙燦鵬「南朝梁元帝《職貢圖》題記佚文的新發現」 『文史』2011年第1輯所収、中華書局、北京。南朝梁元帝《職貢圖》題記佚文的新發現
  5. ^ '양직공도'서 신라ㆍ고구려 제기 발견돼 聯合ニュース(2011年8月23日)2011年9月25日閲覧。2011年8月23日、韓国の仁川都市開発公社ユン・ヨング博士により、新しく見つかった『梁職貢図』の新羅に対する題記に、新羅が倭の属国であるという一節が見つかっている。
  6. ^ 續修四庫全書 子部 芸術類藝 NAVER(2011年8月23日)2011年9月25日閲覧。8行目から「斯羅國本東夷辰韓之小國也魏時曰新羅宋時日斯羅其實一也或属韓或属倭國王不能自通使聘」とあり、倭國の属国と見なされていたことがわかる。
  7. ^ 「梁職貢図から新羅・高句麗題起が発見」 ソウル=聯合ニュース2011年8月23日、キム・テシク記者。[1]。2011年8月20日新羅史学会第107回学術発表会におけるユン・ヨング博士発表。ユン博士は仁川都市開発公社所属。張庚模本について青黛文集から発掘したと同記事にある。
  8. ^ ソウル、聯合ニュース2011年8月23日。
  9. ^ 舊唐書 東夷伝 倭國
  10. ^ 舊唐書 東夷伝 倭國
  11. ^ 外部リンク:『翰苑』蕃夷部(倭國条)

外部リンク編集