全国高等学校野球選手権大会北九州大会

全国高等学校野球選手権大会北九州大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかいきたきゅうしゅうたいかい)は1925年の第11回大会から1947年の第29回大会まで開催されていた全国中等学校優勝野球大会→全国高等学校野球選手権大会の地方大会である。

概要編集

1915年の第1回開催時は福岡県長崎県の中等学校のみの参加だった九州大会も、1917年の宮崎県を皮切りに参加県が増大し、1922年に沖縄県が加わり8県参加となり狭き門となっていた。そこで1924年の第10回大会をもって九州大会を解体し、熊本県の阿蘇山より北の中等学校を対象とした大会として1925年の第11回大会から実施された。

当初は福岡県・佐賀県・長崎県・大分県の4県が対象であったが、1930年の第16回大会から大分県が離脱し3県の大会となる。そして全国高等学校野球選手権大会と名称変更された1948年の第30回大会からは福岡県が単独代表となったため、1947年の第29回大会を以て北九州大会は解体され、佐賀県・長崎県は西九州大会へ移動した。

大会結果編集

年度(大会) 優勝校(代表校) 決勝スコア 準優勝校
1925年(第11回大会 長崎商(長崎) 10 - 3 佐賀中(佐賀)
1926年(第12回大会 長崎商(長崎) 3 - 2 佐賀中(佐賀)
1927年(第13回大会 佐賀中(佐賀) 8 - 4 修猷館(福岡)
1928年(第14回大会 佐賀中(佐賀) 9 - 1 長崎商(長崎)
1929年(第15回大会 佐賀中(佐賀) 1 - 0 東筑中(福岡)
1930年(第16回大会 小倉工(福岡) 2 - 0 修猷館(福岡)
1931年(第17回大会 小倉工(福岡) 5 - 4 佐賀中(佐賀)
1932年(第18回大会 小倉工(福岡) 7 - 3 佐賀中(佐賀)
1933年(第19回大会 佐賀師範(佐賀) 3 - 1 飯塚商(福岡)
1934年(第20回大会 小倉工(福岡) 10 - 0 佐賀商(佐賀)
1935年(第21回大会 佐賀商(佐賀) 16 - 2 唐津中(佐賀)
1936年(第22回大会 小倉工(福岡) 2 - 1 福岡工(福岡)
1937年(第23回大会 福岡工(福岡) 16 - 3 鎮西学院(長崎)
1938年(第24回大会 福岡工(福岡) 4 - 0 小倉工(福岡)
1939年(第25回大会 福岡工(福岡) 7 - 0 小倉工(福岡)
1940年(第26回大会 福岡工(福岡) 6 - 2 小倉工(福岡)
1946年(第28回大会 小倉中(福岡) 11 - 3 筑紫中(福岡)
1947年(第29回大会 小倉中(福岡) 5 - 3 龍谷中(佐賀)

関連項目編集