全日本シーエム放送連盟

一般社団法人全日本シーエム放送連盟(ぜんにっぽんシーエムほうそうれんめい、英文名称:All Japan Radio & Television Commercial Confederation、通称:ACC)は、コマーシャルに関わる企業により構成される業界団体である。日本アドバタイザーズ協会日本広告業協会、放送広告代理店中央連盟、日本アド・コンテンツ制作社連盟、日本民間放送連盟に参加している各社により構成されている。元総務省所管。

概要編集

放送広告の健全な発展と育成を目的に、1960年に「CM合同研究会(Allied CM Council; 略称ACC)」として発足。1963年に「全日本CM協議会(All Japan Radio&Television Commercial Council; 略称ACC)」に改組。1993年に社団法人化し、現在の全日本シーエム放送連盟となった。

主な活動として下記にて詳述する「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」の開催の他、コマーシャル作品の再利用に関する諸権利の処理を行う「CM情報センター」の運営などがある。

ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS編集

ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
受賞対象 優れたテレビ、ラジオCM
会場 ANAインターコンチネンタルホテル東京 など
  日本
授与者 (一社)全日本シーエム放送連盟(ACC)
初回 1961年
最新回 2018年
公式サイト http://www.acc-awards.com/

ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSは、ACCが主催する、テレビCM・ラジオCM等の優れた作品を表彰する賞。CMの質的向上を目的に、1961年に創設された「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、2017年から対象枠を拡げ、リニューアルした[1]

1年間に放送されたコマーシャル作品の中から優秀作品を選抜し、毎年10月頃発表を行う。フィルム部門・ラジオCM部門・マーケティング・エフェクティブネス部門(CM作品を含めたマーケティング企画に対する表彰)の3部門ごとに、最高賞となる総務大臣賞/ACCグランプリ他の賞が贈られる。フィルム部門は2014年までのテレビCM部門を再編したもので、「Aカテゴリー」(従来のテレビ向けCM)と「Bカテゴリー」(Web上で公開された映像広告)に分けられた。

作品選出基準としては、

  • 効果性: 理解や共感、生活への有用性
  • 独創性: 新鮮でユニークな表現
  • 倫理性: 社会倫理との整合性

などが挙げられている。

各部門編集

  • フィルム部門(Aカテゴリー)
  • フィルム部門(Bカテゴリー)
  • ラジオCM部門
  • マーケティング・エフェクティブネス部門
  • インタラクティブ部門
  • メディアクリエイティブ部門
  • クリエイティブイノベーション部門

受賞作品編集

テレビCM部門(2014年まで)及びフィルム部門Aカテゴリーの「総務大臣賞/ACCグランプリ」受賞作。

脚注編集

外部リンク編集