メインメニューを開く

兵庫若駒賞(ひょうごわかこましょう)は、地方競馬兵庫県競馬組合園田競馬場ダート1400メートルで施行する重賞競走である。正式名称は「大阪スポーツ杯 兵庫若駒賞[2]で、大阪スポーツを発行する東京スポーツ関西支社が優勝杯を提供している。

兵庫若駒賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 兵庫県競馬組合
競馬場 園田競馬場
第1回施行日 2008年10月23日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け 重賞I
賞金 1着賞金600万円
出走条件 サラブレッド系2歳、兵庫所属
負担重量 定量
出典 [1]
テンプレートを表示

概要編集

2008年創設。以前は、兵庫県競馬でデビューした2歳馬に限られるリミテッド競走であった。第1回から地方競馬の2歳重賞シリーズである未来優駿に選定されている。優勝馬には兵庫ジュニアグランプリへの優先出走権が与えられる[2]。また2012年からはJRA2歳認定競走の基準変更にともなって優勝馬が認定馬となる。

条件・賞金(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系2歳、兵庫所属
負担重量
定量
賞金額
1着600万円、2着168万円、3着84万円、4着60万円、5着48万円[1]

歴史編集

本競走は2008年に特別競走(競馬ライターの斎藤修によれば「プリンスリートロフィー」[3])を格上げする形で創設された[4]

プリンスリートロフィーは兵庫県競馬がサラブレッド系競走を開始した1999年に創設され、2002年以前は姫路競馬場で行われていた。本競走と同じく1着馬に兵庫ジュニアグランプリへの優先出走権が与えられるトライアル競走であった。優先出走権を得た馬の兵庫ジュニアグランプリにおける最高着順は2004年レッドペガサスと2005年ジョイーレの2着となっている。

歴代優勝馬編集

プリンスリートロフィー(参考)編集

施行日 優勝馬 所属 馬場 タイム 優勝騎手 管理調教師 1着賞金
1999年10月28日 バクシンクリーク 西脇 不良 1:32.1 田中学 田中道夫 350万円
2000年10月25日 ロードバクシン 園田 不良 1:30.2 小牧太 曾和直榮 300万円
2001年10月31日 セトノウルトラ 園田 稍重 1:33.7 赤木高太郎 薮田孝男 300万円
2002年10月30日 ハッコーグランジャ 園田 1:32.6 岩田康誠 利國雪城 300万円
2003年10月29日 ジャガーローズ 西脇 1:30.5 田中学 田中道夫 270万円
2004年10月27日 レッドペガサス 園田 不良 1:28.2 田中学 利國彦一 250万円
2005年10月26日 ジョイーレ 園田 1:31.8 岩田康誠 曾和直榮 250万円
2006年10月25日 タッカーテンビー 園田 1:29.8 川原正一 曾和直榮 250万円
2007年10月24日 アルアルアル 兵庫 1:30.1 谷川真生 田中範雄 250万円

兵庫若駒賞編集

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2008年10月23日 カラテチョップ 牡2 西脇 1:30.8 下原理 寺嶋正勝 組)ジェントルマンホースクラブ
第2回 2009年10月29日 タガノバロット 牡2 園田 1:30.6 下原理 國澤利照 八木良司
第3回 2010年10月28日 オオエライジン 牡2 園田 1:31.8 木村健 橋本忠男 川根幸晴
第4回 2011年10月20日 メイレディ 牝2 園田 1:30.9 下原理 保利良次 戸部弘
第5回 2012年10月24日 エーシンクリアー 牡2 園田 1:29.3 田中学 橋本忠男 平井豊光
第6回 2013年10月24日 トーコーポセイドン 牡2 園田 1:29.8 木村健 吉行龍穂 森田藤治
第7回 2014年10月30日 トーコーヴィーナス 牝2 園田 1:31.2 木村健 吉行龍穂 森田藤治
第8回 2015年10月29日 マイタイザン 牡2 園田 1:30.7 杉浦健太 新井隆太 平野正行
第9回 2016年10月27日 ナチュラリー 牡2 園田 1:32.6 下原理 新子雅司 堀井直樹
第10回 2017年10月26日 トゥリパ 牝2 西脇 1:32.6 吉村智洋 平松徳彦 橋本忠男
第11回 2018年10月18日 テンマダイウェーヴ 牡2 園田 1:31.5 渡瀬和幸 新井隆太 山本晋也
第12回 2019年10月17日 エキサイター 牡2 西脇 1:30.3 吉村智洋 長南和宏 大嶋晃一

脚注・出典編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 11R 兵庫若駒賞(中央認定) 重賞1|2019年10月17日(木)16回園田5日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ a b 瀬藤治人 (2011年10月). “重賞レースレポート 第4回 兵庫若駒賞” (日本語). 兵庫県競馬組合. 2012年9月16日閲覧。
  3. ^ 斎藤修 (2008年). “2008年 未来優駿 総括 血統のつながりと、勢いを感じた若駒の祭典” (日本語). web Furlong 2008. 地方競馬全国協会. 2012年9月16日閲覧。
  4. ^ 秋の地方競馬はSJT・LJS+新シリーズ キャッチフレーズは『DRAMATIC3』” (日本語). 地方競馬全国協会 (2008年8月26日). 2012年9月16日閲覧。

各回競走結果の出典編集