メインメニューを開く

加平

東京都足立区の町名
日本 > 東京都 > 足立区 > 加平

加平(かへい)は、東京都足立区町名。現行行政地名は加平一丁目から三丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は121-0055[2]

加平
加平の位置(東京23区内)
加平
加平
加平の位置
北緯35度46分48.51秒 東経139度49分38.78秒 / 北緯35.7801417度 東経139.8274389度 / 35.7801417; 139.8274389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 6,237人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
121-0055[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

地理編集

隣接する地域は、北は北加平町、東は谷中、南は綾瀬、西は綾瀬川を挟んで六町西加平および青井。綾瀬川東岸の地域南部にあり、環七通りが地区中央を東西に横切っている。加平一丁目にはその外観が特徴的な第一加平出入口がとぐろを巻いており、周辺には多数の商業店舗やマンションが立ち並ぶ。環七通り北側の二・三丁目には、土地区画整理事業の際に整備された公園が多く点在する。総じて、加平地区には高層マンションや駐車場、流通関係企業が多くあることが地域の特徴である。

広義の加平編集

汎称地名としての「加平」は、加平一丁目から三丁目のみならず、隣接する「北加平町」と「西加平」を含む。これらの地域はかつて、嘉兵衛新田と呼ばれる一つの農村を形成していた。だが江戸時代綾瀬川が開削されて嘉兵衛新田は地理的に東西に分断され、1932年昭和7年)、足立区の成立に伴い綾瀬川の東側が東加平町、西側が西加平町となり、さらに後に東加平町は加平と北加平町とに分割された。本項においては加平一から三丁目を中心に、西加平および北加平町についても記載する。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、加平1-17-22の地点で29万2000円/m2となっている[4]

地名由来編集

上述のように、加平地域はかつて嘉兵衛新田という農村であった。嘉兵衛とはこの地を開拓した伊藤嘉兵衛の名にちなんだものである。その後の1932年(昭和7年)に足立区制が施行された際の町名変更で嘉兵衛は「加平」と改称し、綾瀬川以東を東加平町、以西を西加平町とした。

歴史編集

加平は江戸時代の嘉兵衛新田の東川端・菖蒲沼・井堀添の三つの字を基礎として成立した。嘉兵衛新田が開かれる以前のこの地域は「ヤムラ」と呼ばれていたという。ヤムラは谷村とも八村とも書かれていたが、開拓前のこの地域は低湿地帯であり、「谷」とはそこから付けられた名であることが多いようである。また周辺にハッ村落用水路がある

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
加平一丁目 1,406世帯 2,681人
加平二丁目 812世帯 1,416人
加平三丁目 1,111世帯 2,140人
3,329世帯 6,237人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
加平一丁目 全域 足立区立東加平小学校 足立区立東綾瀬中学校
加平二丁目 全域 足立区立谷中中学校
加平三丁目 全域

交通編集

鉄道編集

加平地域内に鉄道駅は存在しない。しかし近隣地区に東京メトロ首都圏新都市鉄道の駅があり、徒歩や路線バスで日常的に利用されている。

地下鉄千代田線北綾瀬駅
つくばエクスプレス線六町駅/青井駅

道路・橋梁編集

施設編集

教育
  • 足立区立東加平小学校
  • 足立区立加平小学校
公園
  • 加平第一公園
  • 加平第二公園
  • 川端第一公園
  • 川端第二公園
  • 上の公園
宗教
  • 慈恵院足立別院
  • 創価学会綾瀬文化会館
  • 東京ホザナ教会
  • S.D.A.足立教会
その他
  • ホテルシルフィード
  • スーパーベルクス足立加平店
  • コジマ×ビックカメラ足立加平店

史跡編集

  • いぼ地蔵
  • 圓泉寺
正式には「大光寺観音院圓泉寺」。京都府浄土宗知恩院が本山であり、本尊は阿弥陀如来
  • 本修寺
  • 天祖神社
嘉兵衛新田の鎮守「神明宮」として1610年慶長15年)に創建。天照大神が祭神
  • 稲荷社
蒼稲魂命が祭神
  • 三峯神社
日本武尊が祭神

脚注編集

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。

外部リンク編集