メインメニューを開く

概要編集

 
加茂湖周辺の空中写真。
佐渡市の中央部・国仲平野の東部市街地(旧両津市)は、加茂湖と日本海の間の砂州上に形成されている(写真参照)。
この画像は上方が北北西方角である。1976年撮影の16枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

面積は4.85km2[2]で、両津港に近く、佐渡市の両津地区と新穂地区にまたがる。カキの養殖が盛んである。

1904年明治37年)、水害予防と船溜まりのために湖口を開き、両津湾とつながったため汽水湖となった。環境庁が定めた日本の閉鎖性海域の一つである[3]

地理編集

  • 湖岸長: 17km
  • 面積: 4.85km2
  • 湾口幅: 0.03km
  • 湾内最大水深:8.7m
  • 湾口最大水深:5.5m
  • 閉鎖度指標:117.31

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『地図帳 日本の島100』山と渓谷社、2006年、34頁
  2. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月22日閲覧。
  3. ^ 閉鎖性海域ネット:加茂湖” (日本語). www.env.go.jp. 環境省. 2018年8月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集