両津市

日本の新潟県にあった市

両津市(りょうつし)は、1954年から2004年まで、新潟県佐渡地方東部にあったである。

りょうつし
両津市
加茂湖と金北山
両津市旗 両津市章
両津市旗 両津市章
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
両津市 他佐渡郡全9町村 → 佐渡市
現在の自治体 佐渡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
市町村コード 15219-6
面積 233.44km2
総人口 17,228
(2003年3月31日)
隣接自治体 相川町金井町新穂村畑野町
市の木 マツ[1]
市の花 シャクナゲ[1]
市の魚 イカ[1]
両津市役所
所在地 952-8501
新潟県両津市大字湊198[1]
外部リンク 両津支所両津市 公式ウェブサイト(2003年11月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
座標 北緯38度04分50秒 東経138度26分06秒 / 北緯38.08047度 東経138.43494度 / 38.08047; 138.43494座標: 北緯38度04分50秒 東経138度26分06秒 / 北緯38.08047度 東経138.43494度 / 38.08047; 138.43494
両津市の位置
 表示 ウィキプロジェクト
佐渡島における平成の大合併の地図。

平成の大合併以前に存在した県下20市中最小の人口ながら、佐渡島ただ一つの市で、島内最大の人口を擁した。2004年3月1日に、合併して佐渡市の一部になった。なお、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公両津勘吉苗字は両津市が由来であるとされている[2]

地理編集

 
加茂湖周辺の空中写真(1976年撮影)。両津の市街地は、加茂湖と両津湾の間の砂州上に形成されている。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

市域は島の北東部海岸沿いにあり、細長くS字を描いた。北西部は大佐渡山地、中央部は国仲平野、南東部は小佐渡丘陵のそれぞれ東端にあった。

大佐渡山地は、佐渡弥彦米山国定公園の一部であった。西海岸は岩がちで地形の変化に富んだ。連なる山のうち、タダラ峰は、ドンデン山とも呼ばれるなだらかな高原である。

平野の海岸近くに、加茂湖がある。もとは淡水湖であったが、1903年 (明治36年) に海につなげて汽水湖とした。市街地は加茂湖と両津湾の間にある細い砂州の上にあった。

  • 大佐渡山地の山: 金剛山(962m)、 タダラ峰(940m)、平松戴山(652m)、歌見戴山(546m)、三度倉山(474m)、樅ノ木平山(381m)、
  • 小佐渡丘陵の山: 大隅山(610m)、米山(543m)、古峰山(528m)、木金山(505m)
  • 河川: 白瀬川、梅津川、久知川、河崎川
  • 湖沼・ダム: 加茂湖、ドンデン池、久知川ダム

隣接していた自治体編集

歴史編集

市名の由来編集

両津の名の由来は、江戸時代末期に北の夷(えびす)、南の湊(みなと)、二つの津(港)が合併してできたことによる[2]文政年間の文献に以下の記述がある[2]

夷町・湊町をこめて両津という

行政編集

歴代市長編集

特記なき場合『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』などによる[3]

氏名 就任 退任 備考
1 氏田良隆 1954年(昭和29年)12月15日 1962年(昭和37年)12月6日
2 橋本喜一 1962年(昭和37年)12月7日 1966年(昭和41年)12月6日
3 氏田良隆 1966年(昭和41年)12月7日 1974年(昭和49年)12月6日
4 市橋保雄 1974年(昭和49年)12月7日 1983年(昭和58年)12月6日 辞職
5 伊豆野一郎 1984年(昭和59年)1月8日 1996年(平成8年)1月7日
6 川口徳一 1996年(平成8年)1月8日 2004年(平成16年)2月29日 廃止

経済編集

産業編集

  • 農業就業者は年々減少したが、2004年まで米作を中心に農業も盛んであった。他に大豆を作り、肉牛も飼育された。
  • 両津港を筆頭に、いくつもの漁港を抱え、ブリアジイワシなどの網漁、イカ釣り漁を行なった。加茂湖ではカキを養殖した。
  • 工業としては食品加工業があった。
  • 産業人口(2000年
    第1次産業就業者数:2,021人
    第2次産業就業者数:2,069人
    第3次産業就業者数:5,454人

姉妹都市・提携都市編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

  • 内海府中学校
  • 北中学校
  • 南中学校 1960年創立 
  • 東中学校 1960年創立
  • 前浜中学校 1995年創立
  • (両津中学校 1960年に南中学校と東中学校に統合)
  • (加茂中学校 1960年に南中学校に統合)
  • (河崎中学校 1960年に東中学校に統合)
  • (水津中学校 1995年に前浜中学校に統合)
  • (岩首中学校 1995年に前浜中学校に統合)

小学校編集

交通編集

空港編集

道路編集

 
市内を走る国道350号

港湾編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
大野亀
 
椎崎諏訪神社能舞台

出典:[6]

娯楽編集

著名な出身者編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1969年の映画館(北陸・甲信越地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[7]

出典編集

  1. ^ a b c d 平成14年度市町村要覧:両津市(新潟県HP) - ウェイバックマシン(2004年2月2日アーカイブ分)
  2. ^ a b c 谷川 2015, p. 95.
  3. ^ 歴代知事編纂会 1983, 114-117頁.
  4. ^ “オートキャンプの人気上昇、新潟県内施設も相次ぎ新増設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1991年8月4日) 
  5. ^ “佐渡汽船、弾野にオートキャンプ場、来年6月オープン―観光菜園など併設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済面 新潟. (1992年7月8日) 
  6. ^ みどころエリアMAP - 両津市観光協会 - ウェイバックマシン(2004年4月6日アーカイブ分)
  7. ^ 『映画年鑑 1969年版 別冊 映画便覧 1969』時事通信社、1969年

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 谷川彰英 『47都道府県・地名由来百科』丸善出版、2015年。ISBN 978-4-621-08761-9 
  • 歴代知事編纂会 編集 『日本の歴代市長 : 市制施行百年の歩み』 第2、歴代知事編纂会、1983年。 

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光