代替番組(だいたいばんぐみ)は、本来予定していた番組が何らかの理由により放送できない場合に、代わりに放送される番組のことである[1]Bプロ[1]差し替えつなぎ番組とも呼ばれる[誰によって?]。なおスポーツ中継が中止のために放送される番組については「雨傘番組」と呼ばれる[2]

代替番組が放送されるケース編集

基本的に雨傘番組国会中継ができない場合・報道特別番組を除いて、何らかの事情により予定していた日時での放送が困難となった場合は、別の放送回に予定していた企画に差し替えたり、総集編などで補う場合がほとんどの為、番組そのものを差し替える事例は稀である。

  • 事件・事故・災害の発生による、被災者・遺族への配慮
    • ドラマアニメといったフィクション番組で見られる。例えば大規模な地震発生直後は本編中に地震のシーンを含む回は放送延期ないし中止となることが多い(事件・事故・災害の発生地で当該番組がネットされていない場合も含む)。
  • 出演者やスポンサーの降板不祥事
    • レギュラー出演者や一社提供のスポンサー企業の事情による事例。出演者が原因の場合、代替番組ではなく当該出演者が映っていない部分のみが抜粋されて放送されることが多いが、島田紳助の芸能界引退はカット部分が多くなってしまう影響から、番組そのものが休止する事態になった。
    • 大河ドラマでは作品放送前に数話分の放送ストックが準備されていたのにもかかわらず、物語の根幹に関わる主要人物を演じる女優が諸事情から降板となり、出演シーンの放送やカットによる対応が不可能と判断されたため、代役女優により撮り直しが行われたが初回放送や以降の放送までに編集が間に合わず、急遽、放送する大河ドラマの主人公が歴代の大河ドラマではどのように描かれ、演じられてきたかを振り返る特別番組に差し替えられた例がある。
  • 番組自体に重大な問題が見つかった場合(やらせ捏造ポケモンショックなど)
    • 放送後に問題が発覚した場合、その放送回の翌日~翌週より実施される場合が多い。なお、問題が発覚した番組の打ち切りが決まった場合、代替放送されている番組はつなぎ番組扱いになる。
  • 影響力の大きい著名な人が亡くなった
  • NHKの国会中継において野党の審議拒否などで会議が流会、休憩に入った場合。
    • 番組表には雨傘番組と同様に「【中継できないとき】」と表示される。
  • 海外向けテレビ番組配信・在外邦人向けテレビ国際放送のNHKワールド・プレミアムで定時に放送されている番組でも放送権上の制約によりその回が放送できない場合(放送権の都合で放送できない映像が多いとき)。
  • 地域の事情による差し替え
    • 番組自体に特定の地域で放送できない事情を抱えている場合、その地域だけ番組を差し替える例がある。NHKのJリーグ中継や、プロ野球中継民放[注 1]NHK問わず)などのスポーツ中継でも、全国ネットで放送されているカードを地元チームのカードに差し替えて放送するケースも多くみられる。
  • 遅れネットの地域での調整
    • 制作局が何らかの理由で放送を休止したために、本来遅れネットで放送を行っている地域で先行した場合、調整のために穴埋め番組を放送する場合がある。
  • 番組撮影の中断・中止に伴う差し替え
    • ドラマなどで見られる。何らかの理由により当初予定していた撮影スケジュールの遂行が不可能となり、放送予定日までに完パケを準備できない場合、当初予定されていた放送時間を穴埋めするために番組の差し替えが行われる。例として世界的な新型コロナウイルス感染症の大流行パンデミック)では撮影関係者に感染が確認された人物が現れるなどし、さらなる感染拡大を予防する目的で撮影スタジオの一時的な閉鎖や屋外ロケであっても撮影行為そのものを中断・延期する判断が取られている。ドラマ以外でも多数の出演者が長時間スタジオに拘束される状況で進行するバラエティー番組などで、同様にさらなる感染拡大の予防を目的として撮影中止を判断し、差し替えが行われる。

主な事例編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ゴールデンタイムのネットワークセールス枠に編成する場合、差し替えカードでも全国ネットのカードと同じスポンサーで提供されている。
  2. ^ 特にTBS系列局の多くは『まんが日本昔ばなし』の再放送だった。

出典編集

  1. ^ a b テレビ営業用語集”. 日テレ 広告ガイド. 日本テレビ放送網. 2016年4月17日閲覧。
  2. ^ 雨傘番組がきっかけや - 朝日新聞デジタル,2012年3月15日

関連項目編集