北上町

日本の宮城県桃生郡にあった町

北上町(きたかみまち)は、宮城県北東部にあった、太平洋に面するである。2005年4月1日合併し、石巻市となった。

きたかみまち
北上町
釣石神社
Flag of Kitakami Miyagi.svg
Emblem of Kitakami, Miyagi.svg
北上町旗
1971年10月2日制定
北上町章(2代目)
1982年12月20日[1]
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
北上町河北町雄勝町河南町桃生町牡鹿郡牡鹿町石巻市
現在の自治体 石巻市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
桃生郡
市町村コード 04567-5
面積 60.98km2
総人口 4,173
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 宮城県桃生郡河北町
本吉郡津山町志津川町
町の木 ヒメコマツ
町の花 ハマギク
町の鳥 イヌワシ
北上町役場
所在地 986-0201
宮城県桃生郡北上町十三浜月浜290
座標 北緯38度34分26秒 東経141度26分55秒 / 北緯38.57389度 東経141.44864度 / 38.57389; 141.44864座標: 北緯38度34分26秒 東経141度26分55秒 / 北緯38.57389度 東経141.44864度 / 38.57389; 141.44864
Kitakami-Miyagi.png
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

宮城県北東部、太平洋に面する町である。北上川の河口に位置する。町の面積の70%以上を山林が占める。海岸部は南三陸金華山国定公園に指定されている。

歴史編集

縄文時代の貝塚の遺跡である泉沢貝塚から縄文土器の破片や遮光器土偶が出土しており、出土した貝類はすべて海水産であったことから、追波湾の豊富な海産物を獲っていたことが窺える[2]

天平宝字年間より、桃生城を中心に中部関東からの移民や帰順した蝦夷による開墾がすすめられ、北上町にまで進んだとされている[2]
鎌倉時代になり、奥州合戦が勃発すると奥州藤原氏3代目藤原秀衡の四男である藤原高衡が本吉(良)冠者と名乗り、この地域を支配していた[2]。その後、奥州合戦で戦功をあげた相模豪族である山内首藤経俊地頭として支配するようになり、山内首藤氏は11代にわたって桃生郡北方を治めるが、葛西宗清によって滅ぼされ、以来葛西氏がこの地域を治めるようになる[2]
しかし、葛西家16代葛西晴信豊臣秀吉による小田原征伐に参陣しなかったため、奥州仕置によりその領地を没収され木村吉清が新たな領主になるが、また木村氏葛西大崎一揆によって改易され、この一揆を鎮圧した伊達政宗がこの領土を治めるようになる[2]

江戸時代には仙台藩の支配下となり、当域は本吉郡十三浜・桃生郡橋浦・桃生郡長尾・桃生郡女川の4ヶ村から成り立っており、十三浜には二人の肝煎が、その他の地域には一人ずつ肝煎がおかれた[2]

沿革編集

経済編集

産業編集

  • 産業別就業人口
    • 第一次産業: 319人(14.9%)
    • 第二次産業:1,000人(46.8%)
    • 第三次産業: 816人(38.3%)

地域編集

  • 2004年7月31日時点での世帯数は1,125世帯であった。

教育編集

高等学校
宮城県飯野川高等学校十三浜校
中学校
北上町立相川中学校
北上町立北上中学校
小学校
北上町立相川小学校
北上町立吉浜小学校
北上町立橋浦小学校

交通編集

鉄道編集

町内に鉄道路線はない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、東日本旅客鉄道気仙沼線陸前戸倉駅

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

レジャー編集

祭り・イベント編集

出身有名人編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 石巻地域合併協議会 慣行の取扱い
  2. ^ a b c d e f 角川日本地名大辞典 4宮城県』平成3年9月1日角川書店発行 849-851頁

参考文献編集

  • コンサイス日本地名事典 <第3刷> 編:三省堂編修所、出版:株式会社三省堂、1989年12月15日第3刷発行。

関連項目編集

外部リンク編集