メインメニューを開く
亥鼻公園 > 千葉県文化会館

千葉県文化会館(ちばけんぶんかかいかん)は、千葉県千葉市中央区にある文化施設日本建築学会賞作品賞、BCS賞を受賞し、優良ホール100選に認定されている。

千葉県文化会館
Chiba Prefectural Cultural Hall
千葉県文化会館
地図
情報
正式名称 千葉県文化会館
完成 1967年2月
開館 1967年4月1日
客席数 大ホール:1,787席
小ホール:252席[1]
延床面積 12,453,44[1]
用途 コンサート演劇他各種催し
運営 公益財団法人千葉県文化振興財団[2]
所在地 260-8661
千葉県千葉市中央区市場町11番2号
位置 北緯35度36分11.7秒 東経140度7分37.3秒 / 北緯35.603250度 東経140.127028度 / 35.603250; 140.127028座標: 北緯35度36分11.7秒 東経140度7分37.3秒 / 北緯35.603250度 東経140.127028度 / 35.603250; 140.127028
アクセス 千葉都市モノレール県庁前駅より徒歩8分
外部リンク 公式サイト
特記事項 第9回BCS賞1968年[3]

概要編集

 
千葉県文化会館入口

千葉都市モノレール1号線県庁前駅の東400メートルに位置する亥鼻公園の丘陵地に建つ。本館と別館(聖賢堂)があり、本館には大ホール(1787席)、小ホール(252席)、練習室5室、レストラン(130席)、別館には会議室4室、公益財団法人千葉交響楽団の事務局がある。本館の玄関は東西に1つずつあり、ロビーをはさんで南側が大ホール、北側が小ホールとなっている。別館は本館の北東側に隣接。

この地にはもともと千葉大学教育学部(旧千葉師範学校)があったが、1962年西千葉キャンパスに移転し、跡地は千葉県に払い下げられた。建物は1965年10月21日に着工[4]大高正人が設計[5]戸田建設の施工により1967年2月に竣工[3]、同年3月18日に落成式[6]、同年4月1日に営業を開始[1]日本建築学会賞作品賞とBCS賞を受賞した[3]。大ホールの屋根のテントのような外観、リズミカルに張り出したバルコニー席などにデザイン上の特徴がある。管理運営は公益財団法人千葉県文化振興財団(聖賢堂3階)が行っている[2]2013年3月に、一般社団法人日本音響家協会の優良ホール100選に認定される。

実績編集

千葉県少年少女オーケストラがこのホールを本拠地として活動を行っている。また、毎年千葉県吹奏楽コンクールA・B部門の予選及び本選の会場にもなっている。

2012年度より、隔年で日本学校合奏コンクールグランドコンテスト(全国大会)の会場となっており、その予選にあたる千葉県大会が毎年この会場で開催されている。

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 京成バス
    • 千03:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土博物館・千葉県文化会館 - 中央博物館 - 千葉大学病院(平日のみ)
    • 千03-1:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土博物館・千葉県文化会館 - 中央博物館 - 千葉大学病院 - 市立青葉病院 - 南矢作
    • 千04:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土博物館・千葉県文化会館 - 中央博物館 - (千葉大学病院非経由) - 市立青葉病院 - 南矢作(早朝・夜間 - 深夜のみ)
  • ちばシティバス
    • 千21:千葉駅 - 広小路 - 郷土博物館・千葉県文化会館 - 中央博物館 - 千葉大学病院 - 市立青葉病院 - 南矢作 - 川戸都苑
    • 稲102:稲毛駅 - 千葉駅 - 広小路 - 郷土博物館・千葉県文化会館 - 中央博物館 - 千葉大学病院 - 市立青葉病院 - 南矢作 - 川戸都苑

自動車編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c 施設概要”. 千葉県文化会館. 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ a b 公益財団法人スタート (PDF) 」 『財団NEWS』第15号、千葉県文化振興財団、2012年4月26日、 1頁、2016年11月3日閲覧。
  3. ^ a b c 千葉県文化会館”. BCS賞受賞作品. 日本建設業連合会. 2016年11月3日閲覧。
  4. ^ “文化会館建設に着手、42年春完成へ、起工式、副知事がクワ入れ”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 1. (1965年10月22日) 
  5. ^ “県文化会館など設計 大高正人氏が死去”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 18. (2010年12月28日) 
  6. ^ “県文化会館 豪華に幕開け、落成式雅楽え祝う、きょうから一般に公開”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 1. (1967年3月19日) 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集