千葉県立中央図書館

千葉県立中央図書館 (ちばけんりつちゅうおうとしょかん)は、千葉県千葉市中央区にある県立公共図書館である。主な所蔵資料は図書雑誌新聞マイクロフイルムである。千葉県立図書館3館の調整機能を持つセンター館であり、西部図書館が自然科学・技術系資料、東部図書館が文学・歴史分野の資料をそれぞれ充実させているのに対し、千葉県関係資料・児童サービスを充実させている[1]。建物は大高正人の設計で、日本を代表する現存の近代建築の一つとしてDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

Japanese Map symbol (Library) w.svg 千葉県立中央図書館
Chiba Prefectural Central Library
Chiba Prefectural Central Library ac (3).jpg
千葉県立中央図書館
施設情報
前身 千葉県教育会附属書籍館
千葉県教育会附属図書館
御成婚記念千葉県図書館
専門分野 総合(千葉県関係資料充実)
事業主体 千葉県
建物設計 大高正人
延床面積 6,171.03 m2
開館 1924年(大正13年)3月8日[1]
所在地 260-8660
千葉県千葉市中央区市場町11-1
位置 北緯35度36分11.8秒 東経140度7分32.7秒 / 北緯35.603278度 東経140.125750度 / 35.603278; 140.125750座標: 北緯35度36分11.8秒 東経140度7分32.7秒 / 北緯35.603278度 東経140.125750度 / 35.603278; 140.125750
ISIL JP-1000752
統計・組織情報
蔵書数 856,781冊(2015年3月31日[1]時点)
貸出数 62,659冊(2015年3月31日[1]
来館者数 104,306人(2015年3月31日[1]
年運営費 180,139千円(2015年度[2]
条例 教育機関設置条例(昭和32年4月1日条例第4号)
職員数 43[1]
公式サイト http://www.library.pref.chiba.lg.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

歴史編集

 
図書館入口
  • 1892年(明治25年)5月 - 千葉県教育会附属書籍館(しょじゃくかん)として千葉市本町立真社楼上に開館。千葉県内では最初の図書館。
  • 1896年(明治29年)9月 - 千葉県教育会附属図書館と改称、亥鼻台に移転。
  • 1924年(大正13年)3月 - 千葉県に移管、御成婚記念千葉県図書館と改称。
  • 1933年(昭和8年)10月 - 千葉県知事から図書館令に基づく県中央図書館の指定を受ける。
  • 1951年(昭和26年)1月 - 図書館法制定にともなう千葉県図書館設置条例の公布・施行により千葉県立中央図書館と改称。
  • 1968年(昭和43年)
    • 6月 - 新館舎(現在の館舎)が落成。
    • 9月13日 - 新館舎(現在の館舎)が開館[3]
  • 2001年(平成13年)4月 - 千葉県立図書館ウェブサイト開設。
  • 2010年(平成22年)7月 - 千葉大学附属図書館との相互協力協定を締結[4]

サービス編集

開館時間
  • 平日:9時 - 19時(児童資料室は17時まで)
  • 土・日・祝日・休日:9時 - 17時
休館日
  • 月曜日(その日が祝・休日にあたる場合はその翌日)
  • 館内整理日(毎月第3金曜日、その日が祝・休日にあたる場合はその前日)
  • 年末年始(12月28日 - 1月4日)
  • 特別整理期間(1年を通じ10日以内)
貸出制限
千葉県内に在住・在勤・在学の者に限る。1人5冊まで貸出可能。貸出期間は2週間まで(返却期限内であれば、1度だけ期限延長が可能)。返却は県立3館のどこでも可能。

立地編集

亥鼻公園の一角にあり、隣接して千葉県文化会館、千葉市立郷土資料館(千葉城)がある。また周辺には千葉大学亥鼻キャンパス、千葉県庁千葉県警察本部、千葉県文書館千葉地方裁判所家庭裁判所千葉地方検察庁などがある。

関連図書館編集

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集