メインメニューを開く

友利 勝良(ともり かつよし、1954年10月25日 - )は、沖縄県出身のプロゴルファーサニクリーン所属。宮古水産高等学校卒業。日本人のプロゴルファーとして、初めてヨーロッパ・ゴルフツアーに4年間フル参戦した選手である。日本ゴルフツアー通算7勝。身長174cm、体重73kg。

No image.svg 友利 勝良 Golf pictogram.svg
Katsuyoshi Tomori
基本情報
名前 友利 勝良
生年月日 (1954-10-25) 1954年10月25日(64歳)
出身地 沖縄県
経歴
成績
優勝回数 日本ツアー:7回
日本シニアツアー:2回
賞金ランク最高位 日本男子:5位(1995年)
テンプレートを表示

来歴編集

ゴルファーとしてのスタートはかなり遅く、21歳からゴルフを始め、1983年12月に29歳でプロ入りした。1987年の「九州オープン」でツアー初優勝を果たす。1995年日本プロゴルフマッチプレー選手権で初優勝を飾り、決勝戦で当時26歳の丸山茂樹を破った。この優勝により、友利は日本ゴルフツアーの5年シード権を獲得した。

1996年末のヨーロッパ・ゴルフツアーの「クオリファイイング・スクール」(通称 Q-School, シード権獲得への出場資格試験のこと)に合格し、日本人のプロゴルファーとして初めてヨーロッパ・ツアーのシード権を獲得した。この当時、友利はすでに42歳を迎えていた。1997年から2000年までの4年間にわたり、ヨーロッパ・ツアーのメンバーとしてプレーする。その間の最高成績は、1999年10月に行われた「サラゼン・ワールド・オープン」(スペインカタルーニャ)の2位入賞である。この時はトーマス・ビヨンデンマーク)に2打差で敗れ、優勝を逃した。この期間中に戦ったメジャー大会では、1998年全英オープン(ロイヤル・バークデール・ゴルフクラブ、パー70)で最終ラウンドをタイガー・ウッズと一緒に回り、その日1日で79(9オーバー)をたたいて42位に終わったことがある。

2001年に日本へ帰国後、2003年の「JCBクラシック仙台」で8年ぶりの日本ツアー優勝を達成。この時は宮里優作宮里藍の次兄)を2打差で振り切り、20 アンダーパー(-20, 264ストローク)で優勝した。50歳を過ぎてもなお、旺盛な挑戦意欲を失わないベテラン選手と言えるだろう。

日本ツアー優勝 (7)編集

その他優勝 (1)編集

  • 1993 九州オープン

関連項目編集

外部リンク編集