友利 勝良(ともり かつよし、1954年10月25日 - )は、沖縄県出身のプロゴルファーサニクリーン所属。日本人プロゴルファーとして、初めてヨーロッパ・ゴルフツアーに4年間フル参戦した選手である。日本ゴルフツアー通算7勝。

No image.svg 友利 勝良 Golf pictogram.svg
Katsuyoshi Tomori
基本情報
名前 友利 勝良
生年月日 (1954-10-25) 1954年10月25日(65歳)
身長 174 cm (5 ft 9 in)
体重 73 kg (161 lb)
出身地 沖縄県
経歴
成績
優勝回数 日本ツアー:7回
日本シニアツアー:2回
賞金ランク最高位 日本男子:5位(1995年)
テンプレートを表示

来歴編集

宮古水産高校卒業後、就職することが出来ないまま、故郷の宮古島から本島に渡る。親戚の手伝いなどアルバイトで暮らしていたが、20歳の時にゴルフ練習場でボール拾いのアルバイトを始める。ゴルファーとしてのスタートはかなり遅く、21歳からゴルフを始め、24歳の時に初めてマイクラブを手に入れて練習量が増える。26歳で福岡県の麻生飯塚ゴルフ倶楽部に入り、所属プロであった藤井義将の弟子となる。同じ所属プロで藤井の弟子であった秋富由利夫藤池昇龍とのラウンドで腕を磨き、1983年12月に29歳でプロテストに合格。1986年の水戸グリーンオープンでチャレンジトーナメント初優勝、1987年九州オープンでツアー初優勝を果たす。1989年には日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞。1995年全英オープンセント・アンドルーズ)では2日目の強風の中を68で優勝したジョン・デーリーとトップタイで、結果的には24位であったが、世界にその名を轟かせる。帰国後に日本プロマッチプレー選手権プロミス杯で初優勝を飾り、決勝戦で当時26歳の丸山茂樹を破った。この優勝により日本ゴルフツアーの5年シード権を獲得すると、全英オープンで手応えを掴んだこともあり、1996年末のヨーロッパ・ゴルフツアーのクオリファイイング・スクール[1]に挑戦して見事突破。日本人プロゴルファーとして初めてヨーロッパ・ツアーのシード権を獲得したが、この当時、友利はすでに42歳を迎えていた。1997年から2000年までの4年間にわたり、ヨーロッパ・ツアーのメンバーとしてプレーする。1999年10月に行われた「サラゼン・ワールド・オープン」(スペインカタルーニャ)でトーマス・ビヨンデンマーク)に2打差で敗れて優勝は逃したが、2位という成績を残す。この期間中に戦ったメジャー大会では、1998年の全英オープン(ロイヤル・バークデール、パー70)で最終ラウンドをタイガー・ウッズと一緒に回り、その日1日で79(9オーバー)をたたいて42位に終わったことがある。2001年に帰国後、2003年の「JCBクラシック仙台」で8年ぶりの日本ツアー優勝を達成。この時は宮里優作宮里藍の次兄)を2打差で振り切り、20 アンダーパー(-20, 264ストローク)で優勝。2004年からは日本欧州のシニアツアーに参戦し、2006年にはスカンジナビアシニアオープンで優勝。

主な優勝編集

レギュラー編集

シニア編集

その他編集

  • 1993 九州オープン

脚注編集

  1. ^ 通称 Q-School, シード権獲得への出場資格試験のこと<

関連項目編集

外部リンク編集