PGAシニアツアーとは、日本プロゴルフ協会 (PGA)が運営するシニアゴルフツアーの名称。PGA会員で満50歳以上のプロゴルファーが参加できる。

概要編集

日本のシニアゴルフツアーが始まったのは、1988年である。1988年には11試合、賞金総額1億9092万円で開催された。バブル景気による後押しもあり、1991年には年間25試合、賞金総額8億3300万円まで増えるが、バブル崩壊後はスポンサー撤退等により試合数は減少。1999年には僅か年間3試合にまで減少する。

2000年代に入ってからは、青木功中島常幸高橋勝成尾崎直道倉本昌弘飯合肇といった往年の名プレーヤー達がシニアツアーに参加し、徐々に人気を盛り返す。後援競技等も含めて年間15~20試合規模で開催され、賞金総額もかつての最盛期と同等にまで回復している。

シニアツアーの特徴は、男子レギュラーツアーと異なり、選手とギャラリーの距離が近いことが挙げられる。試合前や試合後だけでなく、観戦中にも積極的なファンサービスを行っている。また、選手間の雰囲気もレギュラーツアーとは違い、互いにリラックスした和やかなムードである。レギュラーツアーのトーナメントは、3日間または4日間で開催されるのが通常だが、シニアツアーは2日間で開催されるものも多く、予選カットが少ないという面もそうした空気を醸成している。また、60代の選手になってくると、エージシュート(自身の年齢以下のスコアでラウンドすること)の可能性があり、そうした部分もシニアツアーの魅力として挙げられる。

50代を迎えシニアツアーに参加する権利を得た選手でも、当面はレギュラーツアーと掛け持ちで参戦するケースが多い。一方で、尾崎将司のようにレギュラーツアーにこだわり、シニアツアーには一切参戦しない選手もいる。

2000年から2004年までは高橋勝成が4年連続賞金王を獲得し一時代を築いた。2006年から2015年の間は「シニアの鉄人」と呼ばれる室田淳が4度の賞金王に君臨。2016年から2018年まではプラヤド・マークセンが3年連続賞金王に輝くなど、激しい争いが繰り広げられている。

開催履歴編集

シニアツアー競技編集

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
  • オーベルストシニアオープンゴルフ・シリーズ
  • アデランスウェルネスオープン
  • ファンケルクラシック
  • アルデプロカップ 清里シニアオープンゴルフトーナメント
  • PGAフィランスロピーリボーネストシニアオープン
  • 第44回日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • 第15回日本シニアオープンゴルフ選手権競技
  • 鬼ノ城シニアオープン
2004年
  • 第8回キャッスルヒルオープン
  • アデランスウェルネスオープン
  • PGAフィランスロピーリボーネストシニアオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 第43回日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • 第14回日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2003年
  • キャッスルヒルオープン
  • アデランスウェルネスオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • PGAフィランスロピービックライザックシニアトーナメント
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2002年
  • キャッスルヒルオープン
  • アデランスウエルネスオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • PGAフィランスロピービックライザックシニアトーナメント
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2001年
  • キャッスルヒルオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 藤田観光オープンゴルフトーナメント
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会
  • コマツオープン 2001
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2000年
  • キャッスルヒルオープン
  • 藤田観光オープンゴルフトーナメント
  • コマツオープン 2000
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会
1999年

シニア後援競技編集

金秀シニア沖縄オープンゴルフトーナメントのようにシニア後援競技として開催されていたものが、レギュラーツアーに昇格する例もある[1]

  • 協和のアガリクス茸仙生露杯杉原輝雄シニアクラシック
  • 全日空石垣島シニアプロ・アマトーナメント
  • アサヒ緑健カップTVQシニアオープン
  • オールドマンパーシニアオープン
  • アサヒ緑健カップHTBシニアクラシックオープン
  • 東京タワーシニア
  • TPCシニア

グランド・ゴールド競技編集

60歳以上のグランドシニア、68歳以上のゴールドシニアを対象とした競技会。

  • 日本プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 関東プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 関西プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 日本プロゴルフグランドシニア選手権
  • 関東プロゴルフグランドシニア選手権
  • 関西プロゴルフグランドシニア選手権
  • 日本グランドゴールドユニデンシリーズ

シニアツアー競技予選会編集

毎年2月から3月にPGAシニアツアー1次予選会が数会場で開催され各会場戦績上位者がPGAシニアツアー最終予選に進む。

PGAシニアツアー最終予選会は4月上旬に開催される。

歴代賞金王編集

出典
年度 賞金王 獲得賞金 ()
2021年   篠崎紀夫 [2] 34,081,521
2020年   寺西明 [3] 19,019,464
2019年   タワン・ウィラチャン 47,388,525
2018年   プラヤド・マークセン 75,361,400
2017年   プラヤド・マークセン 70,004,791
2016年   プラヤド・マークセン 62,278,000
2015年   室田淳 59,726,999
2014年   倉本昌弘 39,292,451
2013年   室田淳 62,074,000
2012年   尾崎直道 34,859,750
2011年   金鍾徳(キム・ジョンドク) 36,970,000
2010年   倉本昌弘 48,530,599
2009年   尾崎健夫 33,055,000
2008年   飯合肇 46,275,833
2007年   室田淳 38,400,000
2006年   室田淳 42,700,000
2005年   三好隆 24,420,000
2004年   横島由一 22,743,000
2003年   高橋勝成 35,425,000
2002年   高橋勝成 19,321,500
2001年   高橋勝成 29,087,500
2000年   高橋勝成 16,866,666
1999年   グラハム・マーシュ 10,000,000
1998年   金井清一 13,383,000
1997年   中山徹[4] 15,162,500
1996年   金井清一 14,448,666
1995年   金井清一 18,586,500
1994年   金井清一 26,892,750
1993年   金井清一 39,813,750
1992年   天野勝 47,123,261
1991年   石井裕士 52,262,050
1990年   内田繁 31,364,994
1989年   内田繁 13,513,470
1988年   内田袈裟彦 10,872,500

出典・脚注編集

関連編集

外部リンク編集