本来の表記は「髙橋真梨子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙橋 真梨子
出生名 森岡 まり子
別名 高橋 まり
生誕 (1949-03-06) 1949年3月6日(68歳)
出身地 日本の旗 日本広島県廿日市市
ジャンル J-POP
職業 歌手作詞家
活動期間 1973年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
共同作業者 ペドロ&カプリシャス

髙橋 真梨子(たかはし まりこ、1949年3月6日 - )は、日本歌手作詞家。旧芸名、高橋 まり。本名、広瀬 まり子(ひろせ まりこ)旧姓、髙橋

広島県廿日市町(現:廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち[1][2][3]うお座駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンヘンリー広瀬。スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。所属事務所はザ・ミュージックス[4]

目次

略歴編集

幼少期編集

父・森岡月夫は広島鉄道局、母・髙橋千鶴子は広島市内の銀行に、それぞれ勤務時の1945年8月6日米軍の原子爆弾投下により被爆[2][5][6]。戦後、国鉄を辞めてプロのジャズクラリネット奏者を目指した父は、朝鮮戦争下で米軍基地が多くジャズが盛んであった福岡に移り、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。[2][5][7][8]。5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る[2][5]。小学校3年10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「髙橋」姓となる[2]。真梨子はこの時不倫をした母が許せず長い間に渡って恨み続けた。中高生時代には母が自分に触れることすら許せなかったという。父は広島に戻り、広島市内のクラブでジャズプレイヤーとして働いたが[2][8]入市被爆が原因で長らく後遺症に苦しんだのち37歳で亡くなった[1][2][5][7]。この時も母は真梨子に泣きながら抱きついたらしいがそれをも振り切ったという。そして福岡市立高宮中学校を卒業。

音楽を目指した父の影響を受け芸能界に憧れ、自らもジャズボーカルの勉強を始める[2]。16歳になるとプロ歌手を目指して九州女子高等学校(現・福岡大学附属若葉高等学校)より駒沢学園女子高等学校へ転入のため上京[8]渡辺プロのもとで本格的なレッスンを受けた後、1966年に「スクールメイツ」の一員として芸能界デビュー[2]。しかし自身の求めているアーティスト路線でなかったこともあり、高校を卒業すると渡辺プロを脱退し、博多に戻りディスコやクラブでの活動を始めた[2][8]

歌手活動歴編集

ペドロ&カプリシャス・二代目ボーカルでデビュー編集

1972年に「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされる。同年に「別れの朝」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・前野曜子に次ぐ、二代目ボーカルとして参加[2]

1973年には「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」などがロングヒット。翌1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」では「ジョニィへの伝言」で初出場を果たした。

ソロ歌手としてデビュー編集

1978年に「ペドロ&カプリシャス」を脱退、「髙橋真梨子」としてソロ歌手として活動を始める。同年11月、「あなたの空を翔びたい」でデビュー

1982年シングル発売の「for you…」は「第11回東京音楽祭」にて金賞を獲得、のち多数のアーティストカバーされる名曲となった。以降も1984年の「桃色吐息」、1992年の「はがゆい唇」、1994年の「遙かな人へ」など数々のヒット曲を披露、また高橋自ら作詞を手掛けたりするなど、「実力派女性歌手」としての地位を確立した。

1993年8月5日「ペドロ&カプリシャス」時代のメンバーであったヘンリー広瀬と結婚。年1回のペースでアルバムを制作・発表し、それに伴うコンサートツアーを行っている。コンサート活動は50回を越え、米カーネギー・ホールや英ロイヤル・アルバート・ホールなど海外での舞台実績もあり、現地在留邦人の支持も高い。

中高年(特に同年代の女性)層で人気の高い、1996年にシングル発売の「ごめんね…」は日本テレビ系列『火曜サスペンス劇場』の主題歌として、同番組のターゲットである主婦層から多数の支持を得る。なお同番組の主題歌としては、1982年の「聖母たちのララバイ岩崎宏美)」に次ぐ売上を記録し、カラオケ・チャートでも40-50代女性の中で1位とした。また清酒「白鶴」のCMソングに起用され、本人も同商品のCMに出演。さらに、中高年向け高級化粧品「グレイスソフィーナ」のイメージキャラクターにも選出された。

NHK「紅白歌合戦」・「SONG」など各テレビ出演編集

かつて高橋が「ペドロ&カプリシャス」からの独立当初は、コンサートレコーディングなどの音楽活動を重視しており、テレビ等のメディア出演は自制していた。年末恒例の『NHK紅白歌合戦』の出演依頼に対しても「大晦日にスケジュールを拘束されたくない」という理由で辞退したこともあったが、「桃色吐息」がヒットした1984年の『第35回NHK紅白歌合戦』にはソロ歌手として初出場を果たした(なお「ペドロ&カプリシャス」時代も含めると、高橋自身紅白出場は10年ぶり2回目である)。風邪をおしてのソロ初出場だったがリハーサルの合間に激しく咳込んでいたことを北島三郎にプロ意識が足りない、と批判されたことが、次回出場までの30年ものブランクの一因とされる。

2013年末の『第64回NHK紅白歌合戦』は、ソロ歌手として29年ぶり2回目の出場を果たす。自身初めての紅組トリを務め、圧巻のステージをみせた[2]。それから2年後、2015年末の『第66回NHK紅白歌合戦』はソロ歌手で2年ぶり3回目の出場、紅組トリ前で「五番街のマリーへ」を歌唱。

さらに翌2016年末の『第67回NHK紅白歌合戦』もソロで2年連続4回目の出場となり、自身最大のヒット曲である「ごめんね…」を披露。尚、当時高橋の年齢は67歳9か月だったが、これはNHK紅白歌合戦において紅組の出場歌手としては最年長記録となった(其れ迄の記録は、2004年末の『第55回NHK紅白歌合戦』で島倉千代子が、当時66歳9か月の年齢で出場)。

NHK深夜放映の音楽番組SONGS』には、2017年現在高橋が最多出場回数を誇っている。通算11回目の同番組出演となった2015年4月25日の放送では「高橋真梨子 オールタイムリクエスト」と銘打ち、視聴者からのリクエストを募って、リクエストの多かった上位4曲(実際は5曲。4位「桃色吐息」、3位「五番街のマリーへ」。ペドロ&カプリシャス時代の曲で「ジョニィへの伝言」とメドレー形式で披露、2位「ごめんね…」、1位「for you…」[9])。

他近年では、バラエティ番組トーク番組などにも度々登場。その際高橋の少女時代に実父の早過ぎた他界や実母との確執、ペドロ&カプリシャス・二代目ボーカル時代、ソロ歌手デビュー当時の話等を自ら語っている。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. あなたの空を翔びたい/訪れ(1978年11月25日西武流通グループ イメージソング)
  2. 夢ゆらり/誕生日(バースデイ)(1979年5月日本テレビテレビドラマ『愛と死の絶唱』 主題歌)
  3. ハート&ハード〜時には強く時には優しく〜/YOU'RE SO FAR AWAY(1979年6月11日いすゞ・ジェミニ CMソング)
  4. サンライズ・サンセット/もしかしたら(1979年12月20日
  5. アフロディーテ/ランブル(1980年8月21日・グリコチョコレート アフロス イメージソング)
  6. 愛はルフラン/The time to say goodbye(1981年3月21日TBSテレビドラマ拳骨にくちづけ』 主題歌)
  7. 夜明けのララバイ/NO MORE LOVE(1981年11月21日
  8. for you…/ワインのようなkiss(1982年3月5日
  9. COME BACK TO ME 〜フラワーホテルの女客/DJがいつもかけるうた(1982年9月5日フジテレビテレビドラマ 『花祭』 主題歌)
  10. 桃色吐息/もいちどロマンス 〜街角物語〜(1984年5月21日三貴カメリアダイヤモンド CMソング)- オリコン最高位4位
  11. ジュン/The time to say good-bye(1985年5月1日
  12. 蜃気楼/迷い鳥のように(1986年1月21日・フジテレビ系テレビドラマ『夏樹静子サスペンス』 主題歌)
  13. 愛し方を間違えて/二度目の恋人(1987年7月21日
  14. 恋する瞳/捨てられない(1988年7月21日
  15. 十六夜/ジェラシー(1989年6月21日・映画『シティーハンター 愛と宿命のマグナム』 エンディングテーマ)
  16. ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら/Danceはひとり(1990年3月21日
  17. 遠いprophecy/for you…(1991年1月1日テレビ朝日系全国ネット『素敵にドキュメント』 エンディングテーマ)
  18. はがゆい唇/LOVERS BELL 〜心のささやき(1992年5月16日TBS系テレビドラマ『眠れない夜をかぞえて』 主題歌)- オリコン最高位5位
  19. とまどい小夜曲(セレナーデ)/それでもあなたがいるだけで(1992年9月9日
  20. 貴方が生きたLove Song(With 玉置浩二)/夕暮れにルージュ(1992年11月21日
  21. Sincerely/待ちきれない(1993年6月23日ユニマット イメージソング)
  22. 遥かな人へ/素足のボレロ(1994年2月2日NHK リレハンメルオリンピック テーマソング) - オリコン最高位6位
  23. そっと…Lovin'you/不思議な鳥(1994年7月21日・ユニマットグループ イメージソング/テレビ朝日系関西空港ドラマスペシャル(制作:ABC朝日放送)『向かい風の朝 愛と追憶のエアポート』主題歌)- オリコン最高位19位
  24. 涙の街角/crazy for you -愛しすぎて-(1995年2月8日・TBS系 『おかみ三代女の戦い』 主題歌)- オリコン最高位14位
  25. So in love/車窓(1995年7月21日・ユニマットグループ イメージソング)
  26. ごめんね…/Good-by Love(1996年6月21日日本テレビ系『火曜サスペンス劇場』 テーマソング)- オリコン最高位18位(高橋自身最大のヒット曲)
  27. 海色の風~君住む場所へ~/君の海に(1997年10月30日・テレビ朝日系『驚きももの木20世紀』 エンディングテーマ/NHK総合 金曜時代劇天晴れ夜十郎』エンディングテーマ)
  28. 君の海に/軌道(1998年4月22日・「白鶴」 イメージソング)
  29. フレンズ/Come Prima〜出逢った頃のように〜(1998年10月21日テレビ朝日系『はみだし刑事情熱系』 主題歌)- オリコン最高位21位
  30. 恋ことば/向日葵(1999年5月5日・「白鶴」 イメージソング)
  31. 幸せのかたち/Silent Love(2000年3月23日・日本テレビ系 『火曜サスペンス劇場』 テーマソング)
  32. say my name/say my name 〜心をニュートラル〜/スフィア(2001年7月4日・「白鶴」 イメージソング)- 本人も「白鶴」のCMに出演。
  33. 枯れない花/Traffic 〜混雑(2002年4月24日・テレビ朝日系 木曜ミステリー京都鴨川東署迷宮課おみやさん』主題歌、「グレイスソフィーナ」 CMソング)- 本人も「グレイスソフィーナ」のCMに出演。
  34. 真昼の別れ2003年5月21日・「白鶴」 イメージソング)
  35. 心閉ざさないで/色のたより(2004年4月21日・フジテレビ系 『ウチくる!?』 テーマソング)
  36. 淡き恋人/時間のそよ風(2005年9月16日・TBS系列『正しい恋愛のススメ』主題歌、「グレイスソフィーナ」TV・CMソング)
  37. 僕の嘘/engage(2006年5月14日・フジテレビフラワーセンターCMイメージソング、「グレイスソフィーナ」TV・CMイメージソング)
  38. オレンヂ(SINGLE VERSION)/コバルトの海(2007年12月19日・フジテレビ系全国ネット『金曜プレステージ』オープニングテーマ)
  39. 目を見て語れ 恋人たちよ/not so bad(2008年7月23日・日本テレビ開局55周年記念特別番組『ヒットメーカー 阿久悠物語』テーマソング)

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

  1. ひとりあるき』 (1979年3月25日
  2. Sunny Afternoon』 (1980年2月21日
  3. Monologue』 (1980年8月21日
  4. Tenderness』 (1981年3月5日
  5. LOVENDOW』 (1981年10月21日
  6. Dear』 (1982年4月21日
  7. AFTER HOURS』 (1982年11月21日
  8. 我蘭憧 〜 GARLAND』 (1983年10月21日
  9. Triad』 (1984年9月21日
  10. MELLOW LIPS』 (1985年9月21日
  11. FOREST』 (1986年9月21日
  12. BLUESette』 (1987年9月21日
  13. Eternally』 (1988年10月5日
  14. Pretend』 (1989年9月21日
  15. FANTASIA』 (1990年9月21日
  16. Sweet Journey』 (1991年9月4日
  17. Lady Coast』 (1992年8月26日
  18. VERSE』(1993年9月1日
  19. Couplet』 (1994年9月7日
  20. PURE CONNECTION』 (1995年4月21日
  21. RIPPLE』 (1996年5月2日
  22. tip top』 (1997年9月26日
  23. two for nine』 (1999年5月21日
  24. musée』 (2000年5月24日
  25. time of love』 (2002年5月22日
  26. method』 (2003年6月4日
  27. cinema』 (2004年5月12日
  28. fiesta』 (2006年6月2日
  29. Swing Heart』 (2008年5月14日
  30. soirée』 (2011年6月8日
  31. Adultica 〜バラードを、いつも隣に〜』 (2014年6月4日

ベストアルバム編集

  1. Voice』 (1994年3月2日)
  2. the best MARIKO TAKAHASHI』(2000年3月23日
  3. 高橋40年』 (2013年6月5日

カバーアルバム編集

  1. 『紗』 (1989年5月21日)
  2. 『紗 II』 (1990年5月21日)
    両アルバムにオリジナル・カラオケ(但しガイド・メロディ入り)が1990年9月21日に発売されている。
  3. 『紗 BOX』 (1996年12月18日)
  4. No Reason 〜オトコゴコロ〜』 (2009年5月20日)
  5. No Reason 2 〜もっとオトコゴコロ〜』 (2010年5月12日)
  6. No Reason 3 〜洋樂想ひ〜』 (2012年9月12日)
  7. ClaChic -クラシック-』 (2015年5月27日)

映像作品編集

DVD編集

  • 高橋真梨子 フレンズまつり at 武道館 (2000年12月6日
  • 高橋真梨子 海外コンプリートライヴDVDボックス (2002年9月4日
  • 高橋真梨子 Live for you… (2002年12月18日
  • 高橋真梨子 LIVE TOUR'95"PURE CONNECTION" (2002年12月18日)
  • 高橋真梨子 フレンズまつり at 武道館 (2002年12月18日)
  • LIVE method (2004年7月21日
  • 高橋真梨子 at CARNEGIE HALL N.Y(2005年2月23日
  • 高橋真梨子 at ROYAL ALBERT HALL in LONDON(2005年2月23日)
  • LIVE 高橋真梨子 “tip top”Hong Kong Special Version '97(2005年2月23日)
  • LIVE cinema(2005年4月21日
  • LIVE 戯れの季節を残して (2006年6月2日
  • LIVE fiesta(2007年5月23日
  • LIVE 優美彩唱(2008年5月14日
  • LIVE No Reason(2010年5月12日
  • LIVE Sing it !(2011年6月8日
  • LIVE soirée (2012年9月12日
  • LIVE Re:So fine(2013年6月5日
  • LIVE Premium40(2014年6月4日

DVD/Blu-ray編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1984年(昭和59年)/第35回 桃色吐息 12/20 沢田研二
2013年(平成25年)/第64回 2 for you… 25/25 SMAP トリ
29年ぶりの最長ブランクタイ出場
2015年(平成27年)/第66回 3 五番街のマリーへ2015 24/25 森進一 トリ前
「五番街のマリーへ」「桃色吐息」を順に披露。
2016年(平成28年)/第67回 4 ごめんね… 21/23 THE YELLOW MONKEY 紅組歌手の最年長出場記録

その他・番組出演歴編集

など

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 2013年12月28日放送「SONGSスペシャル 高橋真梨子」”. SONGSスペシャル 高橋真梨子 (2013年12月28日). 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 2014年6月1日放送「ワンダフルライフ」”. 公式サイト (2014年6月1日). 2014年6月2日閲覧。
  3. ^ 高橋真梨子 CDJournal アーティスト・プロフィール
  4. ^ 日本タレント名鑑』(2015年版) 発行:VIPタイムズ社
  5. ^ a b c d 川上貴光『高橋真梨子 とびらを開けて』 文藝春秋、2000年、P76 - 129
  6. ^ 中日新聞:9条を憶う (中)星の流れに:「われら」の憲法
  7. ^ a b “be_逆風満帆_歌手・高橋真梨子:中 父への恋慕、母との和解”. 朝日新聞. (2010年5月22日-be on Saturday-b4). http://aspara.asahi.com/column/ArticleList.do?siteId=ff8080811f93545f011fa13c89e60027 
  8. ^ a b c d 週刊現代』 2013年8月17日、24日 P84 - 86「私の地図 高橋真梨子」
  9. ^ 尚『SONG』内では、5位以下の合計上位10曲の順位も発表される。5位「グランパ」、6位「フレンズ」、7位「ジョニィへの伝言」、8位「遥かな人へ」、9位「無伴奏」、10位「はがゆい唇」がランク。又特別にリクエストが多かった矢沢永吉の「時間よ止まれ」をカバーで披露した。

外部リンク編集